Home > 2014年 春の丹沢 > 中ノ丸を中心に 南北の未踏ルートを楽しむ

中ノ丸を中心に 南北の未踏ルートを楽しむ




今回のトップはこれ! イガイガさん作成の特製「相棒」。プルージック用細引き付き。  



今年2回目のイガイガワールドは、なんと4ヶ月ぶり~!!
間に花立小僧さんとの3人コラボが入っているけど、それにしても3ヶ月ぶりだ。

で、どこ行こうか?ということになって、
最近、イガイガさんが足しげく通われているこのエリアに決定。
私もこの辺、というか甲相国境尾根が好きなので異論はなかった。

ちょうど4月初めにshiroさん、レガーさんとネコノメ探索に行った西側にあたる区域の
「尾根を登って下りて、沢を登って尾根を下りる」っていうコースで、
すべて未踏なので楽しみにして出かけたのだった。



中ノ丸と桃ノ木沢


2014年5月3日 晴れ
メ ン バー:イガイガさん、はっぴー

コ ー ス :道の駅どうし―落合橋―中ノ丸沢出合―西沢林道横断―甲相国境尾根稜線―
       中ノ丸―白石長尾1067m標高点―ニボシ沢径路―白石沢―桃ノ木沢出合
       ―桃ノ木沢―城ヶ尾山―P1220m北東尾根下降―東沢林道―水晶橋―
       落合橋―道の駅どうし(行動時間:7時間30分)

       ※ コースは上図参照
        歩く場合、地形図が読めコンパスが使えることが最低条件。




なにしろ5月3日だからね、早出・早帰りするにこしたことはない。
集合時間をいつもより30分繰り上げて、「道の駅どうし」着が7時ちょっと過ぎだった。
沢の準備をして「道志の森キャンプ場」奥の中ノ丸沢出合へ向かう。

道の駅も時間の割に人が多かったけれど、
キャンプ場手前からの混雑は、目をそむけたくなるほどだった。
車とテントと人があふれていて、プライバシーも何もあったもんじゃあない。

イガイガさんと二人、個人的感想を述べながら、
中ノ丸沢出合で対岸に渡り、左岸尾根に取り付いた。


すぐそばにもテントが張ってあり、車が5,6台。
徒渉地点を探していると、朝食中?の男性が不審そうにこちらを見ていた。

あpage1
尾根を登って行くも、左手には巻き道がついていた。
100mの登りで この西沢林道に出、再び尾根に取り付いた。



カラマツの新緑が最高!ベストの時期だった。
2あpage
ミツバツツジのピンクもいいね。


この辺り、枝がたくさん落ちているので、
現地調達のストックを見繕いながら歩く。

で、トップ写真の“相棒”が完成。
イガイガさんが「マシラさんみたいに紐をつければいいよ」と教えてくれた。
とても持ちやすく、桃ノ木沢の途中まで愛用したので
お別れするのが残念だった。


なかなか気持ちの良い尾根だった。

甲相国境尾根稜線に出た。


P1260mからの景色にほっ~。ここから中ノ丸へ向かう。



ササにおおわれた こんな稜線歩きがいい。

中ノ丸は初めてなので嬉しいな。


稜線をおよそ10m下った所から南東の白石長尾に入った。初めはうすいヤブ。

鮮やかなミツバツツジが出現するとテンションが上がる。


ちょっとササの背丈が高くなってきた。ダニ注意!

使命を終えた巨木が印象的。


この尾根もイイ感じだった。お天気が良いと新緑が映えるなぁ

・1067mでしっかりコンパスを振って南東方向へ。この尾根の地図読みが面白かった。


空と木々のコラボレーションは みごとだ♪



はい、標高850mで無事ニボシ沢径路にのった。

そして、径路を辿って白石沢へ向かう。


830m地点で降り立ち、桃ノ木沢出合を目ざした。約30分で出合に到着し休憩。

ガレの沢をただ黙々と登って行く。つまんないなぁ


910m付近。

950m二俣を右へ。


右俣を少し入った所(振り返って撮影)

1000m地点、奥の二俣。相変わらず何もなさそうだ。


さっきからイガイガさんが「何か出てこないかな~」と期待しているけど、
ずーっとこんな調子で行きそうだなぁ。。。。

と諦めかけた矢先に、右沢を少し進んだ所で、
前方に たちはだかる岩を目ざとく見つけたイガイガさん、
急にテンションが上がった(笑)


やっぱり、ちょっとはこんな所も欲しいよね~。写真右は6m涸棚。



桃ノ木沢詰めの三段涸棚20mはここまで。この上、滑りそうなので右岸で巻いた。
しかし、この巻きも良くないので、念のためロープを出してもらった。




その後はヤブ尾根をそのまま150m登って稜線に出た。

1199.1mの城ヶ尾山も初登頂♪


下山はP1240mから北東尾根の予定だった。
稜線上だし、難しいことはないだろうと、ついチェックが甘くなった。
途中に隠れピークが二つあったのをとばして読みが狂ったのと・・・・


一つ手前のP1220mにこんな“人間道標”が立っていたので(笑)
二人とも完全にミスった。


この尾根もルンルンで下って行くが、


尾根が短くて、すぐに東沢林道に出てしまったのが もったいなかったな~



長い林道をてくてく歩いて、相変わらず混み混みの 道の駅どうしに戻った。



イガイガさん、久しぶりのコラボ、楽しかったです。
ありがとうございました。



≪ 本日の出あい ≫

ツルシロカネソウの花びらのようなガク片が綺麗だ。今年初めての出あい。



ツクバネソウは葉っぱだけ。



このフデリンドウは紫がぬけた、白に近いうす~いブルーだった。



この葉はツクバキンモンソウかな?



イヌブナの若葉が美しかった。



見たことがある葉だけど、何だろう?



これはあまり見かけないけど分かる。ハナネコノメの咲いたあと(2枚)





エイザンスミレにも会えて嬉しい。



ミツバコンロンソウも今年初めて。



ヨゴレネコノメは半分終わりかけていた。



東沢林道のあちこちでササの花が咲いていた。












スポンサーサイト

Comments: 2

Tsubaki URL 2014-05-09 Fri 16:28:18

甲相国境尾根をまたいで、南北に!!
縦横無尽の山巡り旅でしたね。
中ノ丸のヤブに突入!
ヤブがなくなるのは解っていても・・・。
いや~、好きでないと出来ません(笑)

今回も当然のごとく出会っていますね
笹の花? 多いですね、沢山見ました。
笹に黄金がぶら下がって咲くのも見たいものです。
ダニ付いてませんか??

はっぴー URL 2014-05-09 Fri 16:44:44

Tsubakiさん

単独の男性に会っただけの静かな山でした。
私的には、人の多いキャンプ場でのキャンプの方が
【いや~、好きでないと出来ません】です(笑)

今回、ダニはあまりいなかった気がしますが、
無意識に見ないようにしていたのかも~(^^;

ササが花をつけると、枯れてしまうと聞いたことがあります。
立派な花が、あちこちにぶら下がっていたので心配です。
黄金がぶら下がって咲くのですか!?
それは見たいですね!!

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 2014年 春の丹沢 > 中ノ丸を中心に 南北の未踏ルートを楽しむ

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top