Home > 2014年丹沢一回お休み > エイザンスミレとタラの芽を求めて 春を歩く

エイザンスミレとタラの芽を求めて 春を歩く




山の木々たちは、いつの間にか新緑めざしてダッシュしていた!



4月11日 晴れ

だいぶ春めいてきた今日この頃、
去年、ぐうぜん見つけた“タラの芽街道”のことが気になって
どうも落ち着かない。
 
あの美味な天ぷらを、今年も食べられるなら
ちょっと遠距離でも、多少の早起きだってOKだよ。

ということで、人の多くない平日、こっそり様子を見に行った。

食い気だけでは恥ずかしいので(笑)
そこはそれ、スミレさんたちの探索も兼ねてだったけどね。



 
お気に入りの、静かな自然林の多いルートで山頂へ。
中央の右寄りが大室山とくれば、あとは左へ順に檜洞丸、蛭ヶ岳、丹沢山だ。




そして、今日は昨日は見えなかったという富士山が美しい~!



もちろん久しぶりの大好物も♪ 最高のロケーションで。




≪ 本日の出あい ≫
           ※ 4/13 AYさんのご教示により二ヵ所 訂正しました。
             AYさん、ありがとうございました。


まずはタチツボスミレ。花も葉もとびきり美しかった。



次は小さくて可愛いアオイスミレ。



ナガバノスミレサイシンは、場所によって感じが違って面白い。



これは華やか~存在感あるね



ここは、光の中、艶やかに輝いて魅力的だった。



そして、お目当てのエイザンスミレは3ヵ所で確認。ほんのりピンクが美しかった。



上の株よりうすいピンク。これも上と同様、上弁が大きく側弁が小さい。



一番 白っぽかった。これが見慣れた形のエイザンスミレかな。



ミヤマキケマンは初見。きれいな黄色だなぁ



モミジイチゴ。しずくのついた出あいが多いけど 今日は明るい。



モミジイチゴの実生かな?こういう姿を瀬川さんのように撮れたらいいなぁ
AYさんご教示によりコナラの実生に訂正。



色も形も美しいと、ただ そう思う。



私にとってキブシは春を告げる花。もう何度も出あっているのに、つい手が出ちゃう(笑)



いつの間にかミツバツツジも満開で、見ごろを外すところだった。




アブラチャンを横顔で。黄色より、こういう色がいい。
こちらもAYさんご教示によりクロモジに訂正。



そういえば、クロモジがあちこちで花を付けていた。
春に咲く黄色の木の花の順番は、
ダンコウバイ、アブラチャン、クロモジ、と読んだことがあったっけ。


これはアブラチャン。クロモジには葉が出ているけど こちらはまだ。
花柄も短い。花びらのスケスケ感がいいな。




ミミガタテンナンショウも こんな並び方をしてると、ついパチリ。



お目当てのタラの芽は、残念ながら まだ小さくて採れなかったし、
思いなしか、去年の記憶より木が少ない感じだった。

それでも、地図に載っていない林道を入って行くと、
大きく伸びたタラがけっこう あった。
エイザンスミレに似た あのスミレが咲くころに再訪してみようかな・・・・

なんて考えながら、サクラ真っ盛りの里山をバス停に急いだ。


タラの芽は、まだこんな状態だった。グスン



この辺はサクラの開花が少し遅いのか、今が見ごろでラッキー♪




枝を大きく広げたシダレザクラが、それはみごとに咲き誇っていた。














スポンサーサイト

Comments: 4

AY URL 2014-04-13 Sun 22:01:58

丹沢・富士山のロケーション、ナメコ汁の具の感じ、白い鉄柵。
ふふふ…、S茶屋さんですね(^-^)

はっぴー URL 2014-04-13 Sun 22:20:44

AYさん、ピンポーン!!
S茶屋さんの安くて美味しいナメコ汁、大好きです。
この日は爽やかお兄さんのお店番でした。

Tsubaki URL 2014-04-14 Mon 22:41:37

何故かキブシの写真を見て
タラの芽は駄目だったかな?
などと思ったのでした
新芽が綺麗です
この季節虫になりたい
そして柔らかい新芽を食べたい。

杉林のミミガタテンナンショウ
自分も杉と勘違いしてるような成長ぶり
私もそうありたい・・・遅いな(笑)

はっぴー URL 2014-04-14 Mon 23:06:03

Tsubakiさん

タラの芽。
私は途中の峠にある桜が、全然咲いていなかったので
「ああ、これはダメだわ」とあきらめたのでした。
去年は満開の時でしたから。

ミミガタテンナンショウ。
まるで杉に擬態しているようで可愛かったです。
親子に見えました。

春はいいですね。
新緑のおかげでうきうきします♪

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 2014年丹沢一回お休み > エイザンスミレとタラの芽を求めて 春を歩く

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top