Home > 2013年~2014年 冬の丹沢 > ずっとずっと思ってた♪雪が降ったらスノーシュー持って大野山にと

ずっとずっと思ってた♪雪が降ったらスノーシュー持って大野山にと




やっぱり このデレーッとした山頂には雪のアクセントがきいてるね。

 

思い込みかもしれないけれど、大野山をスノーシューで歩いたら
さぞかし気持ちが清々するだろうな~って、ずっと思っていた。

若いころ、高い山にときめいた。
反面、巻機山や苗場山、会津駒、平標なんかも好きだった。
大野山には池塘はないけれど、平らで広々した山頂に
そんな山々が思い出されて懐かしい。

で、やっぱり今日は大野山でしょー!!




2014年2月22日 曇り のち 晴れ
メンバー:はっぴー
コ ー ス:谷峨駅―頼朝桜―大野山―神明社―高杉(くだかけ生活舎)―市間橋―山北駅



JR御殿場線谷峨駅からスタート。ここには昔ながらの赤ポストと、公衆電話がある。

吊り橋に向かう手前の畑には雪が まだこんなに残っていた。


ハイキングコースの入り口にも雪がけっこうあった。今日は肩すかしをくうことはなさそうだ。

数か所で倒木、枝葉がビッシリ付いているので通過するのに苦労する。


真ん中が頼朝桜。町道は、さすがにシッカリ除雪されていた。

ついているトレースの歩幅が合わず疲れるので、トイレのすぐ手前でスノーシューを付けた。


左はじに見えるのがトイレ。町道の幅を広げる工事中。

深沢林道を横切って、真ん中の東屋の前を登って行く。無人販売所でみかんを買った。
100円。



今日の実験はスノーシューに長靴がOKかどうか。この辺は深さ60センチくらい。

自分の歩幅で歩けるので楽だけど、深い所でズボッと行くと足を取られてもがく。


誰の羽根?食痕にしては少なかった。左はそのままを、右はそれを杭の上に集めて撮影。

ジッとしていたので死んでいるのかと思った。触ると少し動いたので落葉に避難させた。
元気でね!



山頂を通るおよそ2キロの車道は除雪してあった。



ご褒美の展望いただいた、ラッキー♪ ちょっと見、丹沢とは思えない景色。



近くにいたヤングマンに記念撮影を頼んだら「はいチーズ!」だって。
ちょっと恥ずかしかった。




道路と違って、土の所はこのとおり。



富士山 見えず残念・・・・
山名標識方位盤のそばでランチにした。
右手の少し離れた所に男性二人がいるだけで、静かな山頂。

と思っていたら、ほどなく中高年グループが二組到着し、とたんに にぎやかになった。
もう十分満喫したので引き上げることにした。

帰路は、ほとんどの人たちが共和小学校、鍛冶屋敷(かじやしき)ルートだろうと思い、
静かな神明社、高杉経由で山北駅に出ようと決めていた。
ずいぶん前、春と初夏に歩いたことがある。


湯本平分岐を過ぎて少し行って山頂方向を振り返る。



共和小学校、鍛冶屋敷への分岐を右に見て、真っすぐ進んで行く。



やったね!神明社ルートはまだ誰も歩いていない♪東屋で再びスノーシューを付けた。

自分の歩いた跡だけって気持ちいいな(振り返って撮影)


ツボアシのトレースがないので歩きやすいのだけど、
時にボコッと深みに はまったり、
足を一歩出そうとしたら反対の足で板を踏んづけていたり(笑)
思わぬところで何回か転んだ。
痛くはないけど手足がバラバラ、起き上がるのにもがいた~

スノーシューは長靴だと後ろがスパッと真っすぐなので
かかとのバンドが外れやすかった。
何回も付け直したり、バンドを締め直したり めんどうくさい。
やっぱり予想どおり?長靴ではダメという結論。


スパイク長靴に付けられたらベリグーなのに・・・トレースないので慎重にキョロキョロ。



ああ、神明社 懐かしい。。。。素朴な感じが好ましい。



【山北町の重要文化財・無形】の箇所に「山北のお峯入り」が
基本的にはここで行われるとあった(下記参照)
http://www.town.yamakita.kanagawa.jp/contents_detail.php?frmId=574


2012年10月14日に行われたお峯入りを見学されたs-okさんが次のように記されている。

【 不定期に行われる「山北のお峯入り」。霊気溢れる山の中でも見ることができて良かった。
 神奈川県内でもっとも小さな集落が県内で最も規模の大きい民俗芸能を維持し続けている!
  山あいに点在する旧共和村の集落。集落と集落は道で結ばれていた。
 その道を介して人々の心を一つにまとめているのがこのお峯入りであったに違いない。
 (ムラの守り神が)「山頂から共和を見守っている」・・・象徴的な言葉だと思う。】

多くの写真でつづられた、その時の詳細な素晴らしい記事は下記でどうぞ。
http://homepage1.nifty.com/s-ok/eco/20121014omineiri/20121014omineiri.html


神明社から舗装路をわずかに下って行くと、いくつかの建物と畑が見えたので、
スノーシューを外し、ほっとひと息。
ここも覚えている。
前の時は てっきりふつうの住宅かと思っていたのだけど、
今回は市間橋の所に「くだかけ生活舎」の手製案内板があるのを見つけた。

帰宅後、調べたら“くだかけ”とはニワトリの古語だそう。
それにちなんで【親鶏がヒヨコに心を“くだ”く、心を“かけ”ることから】命名された
NPO法人で「農作業や養鶏などを中心とした山の中の共同生活の場」とあった。


視界が開けると「くだかけ生活舎」の建物が見えた。降雪後は大変だったろうなぁ。

この辺から見えるのは高松山周辺の山だろうか?


単調な長~い林道歩きを清々しい梅の香りが いやしてくれた。



カシラダカさんとツグミちゃん。
pageあ


この看板はいつも ここに置かれていて、ホントの大雨時は移動するのかな?

M氏の真似してパチリ。上を見上げると迫力にビビる。


電車の時間を調べていなかったけれど、駅の手前から停車しているのが見えた。
ミックスナッツさんによれば、山北駅始発があるとのこと。
急いで切符を買って、発車2分前に駆け込んだ。ラッキー!


車内から御殿場線山北駅舎を見る。ここはかつて「鉄道の町」として栄え、
急行や東京駅からの直通もあったそうだ。駅の西側の桜並木が立派だ。


松田駅のホームからは松田山の河津桜のピンクが目だってきた。そろそろかな~?
・・・・と思っていたら、M-Kさんが奥様と すでに行かれていたのだった。はや~♪









スポンサーサイト

Comments: 2

tsubaki URL 2014-02-27 Thu 19:42:38

スノーシュー出来て良かったですね♪
頂上の雪面は雪解けの東北の山を思わせます。除雪した大量の雪と西丹沢の雪山!ここ本当に丹沢??

啓蟄間近、昨日までの陽気に虫達も動き出しました。
テントウ虫を数匹見ました(^o^)

はっぴー URL 2014-02-27 Thu 22:31:19

tsubakiさん

タイトル:スノーシューハイキング

はい、楽しかったです。
「使ってあげなきゃ、もったいないです」がききました m(_ _)m

丹沢も雪が付くとイメージチェンジ、迫力満点で高山の雰囲気が出ますね。

もうテントウ虫いましたか!
そういえば、いつの間にか?あさっては3月ですね。
・・・週末はお天気が悪いようで残念です。

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 2013年~2014年 冬の丹沢 > ずっとずっと思ってた♪雪が降ったらスノーシュー持って大野山にと

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top