Home > 2014年丹沢一回お休み > 渋沢丘陵の滝と神社と鉱山跡と三角点めぐり、間にはヤブ歩きも♪

渋沢丘陵の滝と神社と鉱山跡と三角点めぐり、間にはヤブ歩きも♪

 
 

かりがねの松から峠集落に向かう道は開放的で気持ちが良かった(I氏撮影) 

                      

この季節の陽だまりハイクは、気持ちが穏やかになってほかほかする。
そんな“ゆったり まったり の~んびり~”の里山めぐりのお誘いをいただいた。
マジ、うれしいっす♪

しかも、今回は花立小僧さんとは初コラボ!(ニカニカでは一部ご一緒あったけど)
これもまた楽しみだった。



八国見山



2014年2月11日 曇り 時々ちょこっと晴れ
メ ン バー:イガイガさん、花立小僧さん、はっぴー

コ ー ス :○○隧道手前にP―上山田のクスノキ―神山(こうやま)―神山神社―神山滝―
       頭高山(ずっこうやま)―休憩所―かりがねの松―峠集落―渋沢鉱山跡
       ―八国見山(やくにみやま)―竹山(高尾山)―竹山南東尾根―柳七滝
       ―篠窪渓谷(しのくぼけいこく)―篠窪集落―三嶋神社―南松山(なんまつやま)
       ―富士見塚―P地(行動時間:9時間)

      ※ コースは上図参照
        歩く場合、地形図が読めコンパスが使えることが最低条件。
 




ここら辺のエリアは、昔よく行った秦野駅から震生湖を経由して渋沢駅に出るコースと、
つっちいさんと頭高山に一度行った程度で、ほとんど馴染みがない。
だから、どんなコースでも新鮮な気分で歩けそうだ。

地名も難しい字ではないのだけど、正しく読めずにお二人から訂正が入る(笑)
神山・・・ふつう「かみやま」だと思うけど「こうやま」、
同じく八国見山も「はちくにみさん」かと思ったら「やくにみやま」だし、
南松山は「みなみまつやま」ではなく「なんまつやま」なんだそう。

お二人は何回か歩かれているそうで、いろいろ詳しい。
イガイガさんからは事前に多数の資料をいただいたので、
一応 目を通したのだけど、やっぱり実際に行ってみないとピンとこないな~

ということで楽しみにしていた当日になった。

駐車地がなかなか見つからなかったけれど、ようやく○○隧道手前に止めて
まずは大クスノキの見学からスタート。
昔は全体に葉があったらしいが、今は片側だけになってしまった。
あちこち角度を変えて写真を撮って、これがまあまあ?


ちょっと痛々しい上山田のクスノキは畑の中に立っていた。



そのあと、イガイガさんが神山を通りたいというのでヤブに入って
地図を見ながら それらしき所を探した。

この辺りが神山ではないかとの結論になったけど、篠窪のように集落のことかも。


踏み跡があるようなないような所から下ってくると、梅の清らかな香りに迎えられた。



道からちょっと入った所にある神山神社と阿弥陀堂に寄って、
採石場があるためダンプカーの多い車道を川音川に沿って神山滝めざして歩いた。


左上:神山神社  左下:阿弥陀堂       右:富士急のバスが通っている。



道路の右、川を挟んだ向こう側に2匹のワンちゃん。柴犬だろうか?



神山滝はなかなか立派、15mくらいはあるかな。



滝の左側から道が上に続いているので辿って行くと頭高山の南西尾根の途中に出た。
ここから約100m登った所(標高220m地点)で南尾根になる。


クヌギの多い自然林を直登する。

根拠なく、ここにはシカはいないと思っていたらフンがあったのでビックリ!


頭高山に到着。広い山頂には誰もいなかった。3人で地図を見ながら三角点を探した。
今日は三角点探しも遊びに含まれている。


山頂の外れにあったのを花立小僧さんが発見!


かりがねの松から峠集落に向かう途中で大山と表尾根が眼前にデデーン。迫力があった。



トップ写真と近い所。この のんびり感がいいな~
5pageあ
峠集落のバス停。ここが始発で、渋沢駅南口経由千村台行バスはだいたい1時間に1本だ。


集落にあったミラーで記念撮影♪



南北に細長い峠の集落を抜けて渋沢鉱山跡に向かう。イガイガさんは再訪なのでスイスイ。
page5い
ジャーン!今日は二代目スパイク長靴だから雪も水もOKよ。
   大阪森林組合から購入した大同ライトオックスブーツ スパイク底タイプ。
   売りは【外側のナイロンオックス420デニールに良質なゴムを貼り、
   内部はウレタン加工にナイロンジャージを貼り合わせた4重構造設計です。
    特に柔らかさと軽量を重視した完全防水です。】


鉱山跡の穴をのぞいて、中をこわごわ撮影(I氏撮影)

中はこんな感じ。自分の山用カメラではこんなにハッキリ撮れない。
これはKさんに借りてきたカメラで撮った。



見学後、来た道を戻るのもなんなので、向かい側の尾根に取りついてヤブ中を登った。
取り付きは少し雪のある急登だったけど、ほどなく平らになった。
途中、シカとイノシシっぽい?フンがあった。


初めは踏み跡らしきものがあったのだけど・・・・

舗装路に出ると可愛い動物の足跡。何かな?とジッと見るイガイガさん。


ここから中央に見える八国見山そばの電波塔をめざして左からグルッと回って行くと、

上の写真で電波塔の真下に見えた小さな黒いものがハッキリした。


舗装路が途切れた少し先に この看板があった。



渋沢丘陵に大規模霊園ができると、以前、耳にしていたが
てっきり震生湖の方だとばかり思っていた。
今日の情報をネットで検索していたら、その場所が八国見山の南面だと知り、かなり驚いた。

総面積約20ヘクタール(約6万坪)と言われてもピンとこないけど、
東京ドームの4.5倍、1万5千区画と聞けば少しイメージできるかな。
なにより地図で見るとその広さが分かる。


看板の立つ所から登り始める。

最初はあった道型が途中からヤブっぽくなった。イバラが多いので注意して歩いた。


途中で峠からの登山道に出た。右に少し進んで階段を登ると山頂に到着。
木のベンチと霊園計画に反対する看板がいくつかあったが、
頭高山のようにポピュラーではないせいか静かで良かった。

ここでランチ。食後に花立小僧さんからコーヒーと六花亭のお菓子をいただいた。
大好きなマルセイバターサンドに大感激!ごちそうさまでした m(_ _)m


下総・上総・安房・武蔵・相槙・甲斐・伊豆・駿河、八つの国が見られる(見られた?)そうだ。



さっき西側の尾根から見えた電波塔は、そばで見るとかなり大きかった。

竹山(高尾山)にゆるく下る道もイイ感じだった(H氏撮影)


途中にも、山頂にあったのと同じ「タウンニュース」の記事があった。
page9い
畑に雪が積もるとクッキリした模様になって面白い。


この先で、道を外れて竹山に向かった。三角点はあっさり見つかった。

竹山から南西尾根を下った。この下り、マークがあったけど楽しかった。


尾根を下りきるとまた梅林に出た。
一度訪れているイガイガさんによると、
柳七滝の位置は大井の観光イラストマップと違っているという。


柳七滝をめざし我われが歩いた道は地図には載っていなかった(H氏撮影)



降りるとテーブルとベンチがあって、川沿いにロープが張られ下流に行くと展望地があった。

こちらは七滝の落ち口側。花立小僧さんが立っている少し先に一番めの滝がある。


展望地から見た七滝の一部。小さいのも含めて4滝が見える。



七滝から沢沿いに歩いてノデン塚から篠窪集落に入る予定だったけど変更し、
篠窪渓谷経由で集落に入ることになった。
ノデン塚はただ100m登って70m下りるだけなので、沢沿いの径路に大賛成!


来た方を振り返って撮影。ここから左上の道を登って行く。

径路はこの先で橋を渡り、あとはずっと左岸についていた。


ノデン塚(左)の東側の下を通っていることになる。どんどん進んで行くと、

とつぜん出現したワケのわからない巨大建造物に一瞬たじろいだ。


錆びているように見えたので放置物かと思ったのだけど、
集落から振り返って全容を眺めると反対側には作業員が見え、明らかに現在進行形だった。
地図で見ると、どうもグリーンで引いた箇所なのだけど・・・・


ずいぶんお金がかかりそうな工事だけど、地図見ると何のための工事かなと思う



集落から、西にある三嶋神社へ向かって行くと、
手前からでも大木と分かる椎の木が道路に張り出していた。
傾いている木の支えが車道をまたいでいたので驚いた。こんなの見たことない!


かながわ名木100選で、推定樹齢500年、樹高15メートルだそう。



ここは矢倉沢往還跡だそう。手が回らず詳細カット(笑)



神社一帯の森は大井町の天然記念物に指定されている。
社林にある椎は自然林で、樹齢800年以上のものもあるとの記述が境内の看板にあった。
また、神社を取り囲む椎林には大木が26本もあると神奈川県のホームページにあった。


階段を上がると、ご本殿の他に神楽殿もあった。全体が質実素朴な感じで好ましい。

神社の右側から奥に上がって行くと、椎林があった。


既に倒れている大木もあり、崩れて土に帰っていくのだろう。
そばの看板に、この森は伐採が禁じられていたので木が育ったと書かれていた。


途中まで道型があったのに、進むにつれてヤブになった。トップ交代で張り切って進む。楽しい♪

最後はこの高い竹やぶがルンルンだった(I氏撮影)


奥から出てきた。今回一番面白かった。ここから小ピークを一つ越えて10分で南松山。

山頂は木々に囲まれ展望がないが、途中から真鶴半島など見え気持ちが清々した


南松山の三角点もすぐに発見した。

富士見塚への途中で箱根方面の山々が見えた。富士山が右はじに麓だけチラッ。


ようやく富士見塚へ。正面の道からやってきた。



今日の富士山は頭がない(笑)でも、かえって大きく感じるな~



富士山は裾野だけしか見えなかったけど、他の内容が盛りだくさんで
十分満足のワンデリングだった。。。。(記事作成がた~いへんだった!)
イガイガさん、花立小僧さん、ありがとうございました。


≪ 本日の出あい ≫

ホトケノザ。良く見るとホントに面白い形だね。



ロウバイの透きとおるような黄と匂いが好き。



ヤブランの黒もいいけど・・・・



ジャノヒゲ(リュウノヒゲ)の実にはいつも感動する。この色すごい!



ヤブコウジ(十両)の実。万両、千両、百両、一両もあるとのこと。



ウバユリの実のドライフラワーを上から。



これはコウヤボウキのドライフラワー。



クヌギの帽子?は ごっついね。



ウスタビガの繭と花立小僧さんの指。












スポンサーサイト

Comments: 8

イガイガ URL 2014-02-17 Mon 20:57:42

三人の中でトップで更新にビックリ!
というか、不肖イガイガ一週間たっても更新できないのは初めてかも…
花立小僧さんには負けないつもりですが、スランプなかなか脱出できずです(;一_一)
長~い目で見てやってくださいm(_ _)m

三者三様の趣向こだわりあり、視点もそれぞれで面白いですね。
次なるゆる~い探検隊も企画中、またお楽しみに(^_-)-☆

はっぴー URL 2014-02-17 Mon 23:01:01

「三人の中でトップで更新にビックリ!」
あはは、!マークは3つ付けてくださいな。

の~んびり ゆるゆる隊、楽しかったです♪
ただ内容が盛りだくさんすぎて、写真もカメラ2台で撮ったので
つきあわせが大変で、途中ちょっとグレました(^^)

二者様方の趣向&こだわり、楽しみにしています。
(って、これもアウト?)
次回もよろしくお願いいたします m(_ _)m

花立小僧 URL 2014-02-18 Tue 00:30:30

スピード更新に脱帽です。地味と思われました山域?でしたが、三角点あり、滝あり、神社あり、表丹沢や箱根の風景あり、ヤブありと、いろいろ楽しめた山歩きでした。今後も、宜しくお願い致します。
更新の方も、イガイガさんのスランプが続けば、勝てるかもしれません....

はっぴー URL 2014-02-18 Tue 09:25:38

花立小僧さん

1週間たっていますからスピードありません(笑)
いろいろ題材がありすぎて手が回りませんでした。
専門分野もなく、あっさり作りましたのでフォローよろしくお願いします。
こちらこそ またご一緒させてください。

・・・・ウサギさんとカメさんのゴールは果たして? (^^)

t​s​u​b​a​k​i​ URL 2014-02-18 Tue 12:30:46

山名は難しいですね。
八国見山「やくにみやま」
鎌倉の山並みにも六国見山「ろっこくけんやま」があります(伊豆・相模・武蔵・安房・上総・下総)
渋沢丘陵の八国見山に負けました(^O^)
神(コウ)山滝・七滝~興味津々♪♪

鉱山跡の撮影~なんか腰引けてますよ~(笑)
ヤブラン・ジャノヒゲの実、綺麗に撮れてますね。
長靴も最高です。

はっぴー URL 2014-02-18 Tue 15:56:24

tsubakiさん

読み方、地元在住とかでないと読めないのがありますね。

六国見山は円覚寺後方の山で標高は147メートルとありました。
甲斐と駿河が見えないということですね。
標高差およそ175メートルの差でしょうか、それとも位置?
方向音痴の私には分かりません (^^;

神山滝は下まで行かれますが、七滝は降りるにはロープが必要です。
降りないと遠くから木の間ごしで全貌が見えません(;;)

確かに前向きに撮ってる感じではないですね~(笑)
今の時期、実とドライフラワーが目につきますが、花もボチボチですね。
はい、長靴 最強です!

den URL 2014-03-07 Fri 20:51:32

はっぴーさん、ずいぶんと豪華なメンバで里山歩きでしたね。
今回、いろいろと渋沢丘陵の名所をご教示頂きありがとうございました。

先日国府津から行きましたが、疲れてしまい、八国見山(私ははっこくけんざんとよんでました)から渋沢に降りたのですが、以前イガイガさんの記事で知ってたので鉱山跡や神山滝は行きたかったです、、、
八国見山の三角点は見つけれませんでしたし、カーブミラーで複数人(これはもうまねしました)、今回柳七滝もご紹介頂きありがとうございました。次の機会よく調べて行ってみたいと思います。#ロープ必要とありましたが、一人でも大丈夫そうですか?

よろしくお願いします。

はっぴー URL 2014-03-07 Fri 22:30:41

denさん

コメントありがとうございます。
たぶん3人の中で一番詳しい記事は花立小僧さんのだと思います。
(もうしばらくお待ちください)

記事拝見しました。2月1日に歩かれたのですね。
国府津から曽我丘陵経由で八国見山なんて、すごいロングコース!
八国見山の三角点は同じく見つけられませんでした。

鉱山跡も神山滝も、我われが歩いたルートなら大変ではありませんが、
鉱山跡からは同じルートを戻った方が良いかと思います。
柳七滝は、イガイガさんだけが途中までロープで降りられましたが、
できればやめた方が良いかと思います。

富士見塚は晴れたら富士山がバッチリ見えるそうです。

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 2014年丹沢一回お休み > 渋沢丘陵の滝と神社と鉱山跡と三角点めぐり、間にはヤブ歩きも♪

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top