Home > 2013年 夏の丹沢 > 夏の花コラボで 本谷沢から不動ノ峰の水場へ

夏の花コラボで 本谷沢から不動ノ峰の水場へ




AYさんがしきりにイイ景色だねぇ!と嬉しそうだった標高1360m地点。
ここから50mくらい登った所で右沢に入った。




夏の花を求めて、花好き3人で沢沿いを探索してきた。
6つの目で探すのだから、いつもより花と出あう確率が高い。

えーっ!!
こんな花がここに!? ってビックリしたり、

えーっ!!
春の花なのに今ごろ~!? って目を疑ったり、

楽しい驚きがいっぱいだったー♪




本谷沢花コラボ



2013年8月4日 曇り一時ガス
メ ン バー:shiroさん、AYさん、はっぴー
コ ー ス :魚止橋手前に駐車―伝道―雷平―早戸大滝
       ―本谷沢出合まで戻り本谷沢遡行―左俣
       ―右沢―水場―主脈登山道―大滝新道―
       早戸大滝―雷平―伝道―駐車地
                 (行動時間:9時間10分)

※ コースは上図参照(魚止橋~雷平間はカット)
  歩く場合、地形図が読めコンパスが使えることが最低条件。
  沢装備とヒル対策も。


  なお、記事の中でAYさん撮影の写真を4枚拝借した。




春の箱根以来なので、ひさびさの顔合わせ。
つもる話も多く、魚止橋までは あっという間だった。
先行車が一台、釣りの方だろうか。

各自、ヒル対策を入念にして伝道へと向かった。



途中から沢に降りて雷平をめざすのだけど、




花を見つけると こんなふうに誠実に?追いかける(笑)




せっかくなので早戸大滝に寄り道してから




少し戻って、いざ本谷沢へ!




左岸にある「下の魔法のロープ」通過。ここから先は初めてなのでワクワクするな~♪




1079mで左から入ってくる沢も、ちょっとイイ感じだね。




すぐ その先に滝が登場、これが今日 唯一の滝場。
最初は水流の中を、途中で左に逃げて上へ。




AYさんが上から撮影。ここはシャワーになったけど楽しめた。




右側にトラロープあるので、濡れるのが嫌いなshiroさんはこっち側を。




一応、落ち口をパチリ。




1190mの二俣を左へ入る。最初からナメだ、嬉しいな。




ねっ イイ感じじゃん!




shiroさん オニューの靴と相性がいいとのことで良かった。




水が消えてガレ場歩きになったけど、意外と歩きやすい。
落石に注意しながら高度をかせいでいく。




そしてトップの写真と同じ所へ。




中央の大木の右側に見えるAYさんが小さいなー




これが見上げていた木で、カエデ。




いよいよ最後の詰めになった時、沢型が左右に分かれていた。
さぁ、めでたく水場に辿り着くのはどっち?

3人で分かれて登ってみることにして、右をshiroさん、左を私、間の尾根をAYさんが登った。
すぐに両方見渡せる位置にいるAYさんから適切な情報が入り、右側に移動し、
shiroさんの記憶で、かつては水場だったという所に出た。
ただ、今は涸れていて、もう少し下に行かなければ水はない。



私は左の沢型を登ったけれど、違っていたようだ。




AYさんは両方を見渡せる間の尾根を登って司令塔に。




おかげで水場の位置が確認できたので、主脈登山道に続くトラバース道を上がった。




やれやれ、1時半過ぎにやっとランチにありつけた。
でも、水場に詰めるという目標を達成できたので、みんな気分爽快だった♪




下山はshiroさんご提案の3ルートのうち、全員一致で一番 手近な大滝新道に決定。
ここは2回 登ったことがあるけど、下りは初めてだし、この季節も初めてなので
何だか未知尾根のようだ。



丹沢にも、こんな広々としたササ原があるんだね。
でも、よく見るとササの背丈が低くて盆栽化しているのが分かる。




大滝新道も久しぶり~




おっと、こんな物が落ちていた~!!
今、お気に入りのカルピスの飴の袋(中身はカラよ・笑)を置いてパチリ。
この時期、他の動物のフンにも この実が入っている。何の実かな?




ああ、そしてこれ!!!木だって生きてるのに、
こんなにグルグル巻かれたら可哀そうだ。

この尾根には、分岐でもない尾根上に数メートル間隔で
赤テが つけられていて、ビックリビックリー
以前はこんなじゃなかった気がするんだけどな。

赤テはいったい誰のためにつけるんだろう・・・・
自分のため? 人のため?




大滝の落ち口に到着して、ほっとひと息。




当然、下から見ないともったいない。ここも久し振りだな~




ひぇ~!! AYさんは勇敢にも滝修行されている~ブルブル。




けっこう気に入っている露出補正して撮った一枚。




shiroさんが推察されたとおり、
夏の沢には思っていた以上に多くの花が咲いていた。
この沢に咲く春の花も見てみたい、そんな気にさせるところだった。

本谷沢は湧水が多く、その恩恵にあずかった。
また、水が涸れてから岩や大石が出てきて、その登りがまた楽しかった。

AYさん、shiroさん、良い沢でしたね。
ありがとうございました。



≪ 本日の出あい ≫ 今回は花名記載なしです




































































































































スポンサーサイト

Comments: 2

AY URL 2013-08-08 Thu 23:17:29

はっぴーさん

先陣きってのアップ、お疲れさまでした。

期待以上に色んな花がありましたね!
左俣も思った以上にいい雰囲気でした。

次回の黄花探しコラボも楽しみにしてます、4649。

はっぴー URL 2013-08-09 Fri 09:14:46

AYさん

お世話になり、ありがとうございました。
あんな奥に、ツユクサやコウゾリナがあってビックリでした。
そして、春の花のクワガタソウやツルシロカネソウと、
夏の花が共存しているのにもビックリ~!面白かったですね。

沢もイイ感じでした!

こちらこそ次回の花コラボも楽しみにしています m(_ _)m

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 2013年 夏の丹沢 > 夏の花コラボで 本谷沢から不動ノ峰の水場へ

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top