Home > 2013年 夏の丹沢 > 西沢本棚沢から畦ヶ丸へ 帰路は西沢径路で

西沢本棚沢から畦ヶ丸へ 帰路は西沢径路で

 
 

西沢本棚沢のF4には長~い倒木があった。
それは まるで落ちてきた滝を登ろうとしている“大蛇”のよう、直瀑に妙趣を添えていた。




イガイガさんによれば、昔の資料には本棚沢と下棚沢は西沢の二俣とされていたそうだ。
であれば、下棚沢を歩いたのに、本棚沢に行ってないというのも何だか落ち着かない。

さっそくガイドをお願いしたところ、帰路は「西沢径路」にしようとのこと、
これも一部分しか歩いていないので うれしかった。

また、おととし探索に同行させていただいた あの「モロクボ径路」が、
いったい本棚沢のどこを横切り下棚沢との界尾根に上がるのか?
この確認にも興味があったのだった。




本棚沢




2013年7月7日 曇り時々晴れ のちにガス
メ ン バー:イガイガさん、はっぴー

コ ー ス :西丹沢自然教室P―西沢本棚沢遡行―1015m付近から本棚沢・下棚沢界尾根へ
       ―1040mの置き土産地―1250m登山道―畦ヶ丸―大滝峠上の北P1160m
       ―鬼石沢900m地点―西沢径路―権現山登山道合流―西沢―西丹沢自然教室P  
                              (行動時間:9時間45分)  

      ※ コースは上図参照
        歩く場合、地形図が読めコンパスが使えることが最低条件。沢装備




目的地への移動中、西丹沢方面は すっぽりガスでおおわれていた。
畦ヶ丸上空でないことを祈ったけれど、西丹沢自然教室に近づくにつれ
予感的中だったと分かり、気持ちを晴れモードから修正した。

だいたい、昨日も晴れの所が多い中、この辺は曇りだったようで、
今日の予報もそうなっていた。
まぁ、滝の写真撮影には曇りの方がいいかな。




教室そばの吊橋を渡って数分行った所で、このドラマチックな空の光景に出あった。
はたして、この雲は吉か凶か?





男性と女性二人のパーティと男性二人のパーティを追い越して、下棚はパスし本棚に到着。
1月の氷瀑見物以来だ。涸棚には水がなく、残念!ここは断然 冬の方が迫力があって好きだ。





思う存分 写真を撮って巻きに入ろうと少し戻りかけた時、先ほどの男性二人とスレ違った。
二言三言、言葉を交わして右岸の尾根に取りついた。覚悟していたより悪くなかったのは、
イガイガさんの先導が良かったからだと思う。
落ち口に降り立つと、すぐ左手にF2、その上にF3も見えた。



本棚の落ち口。下から見た形状を思い出すと、覗き込むのが怖いので




せいぜい この立ち位置かな(笑)




振り向けば、F2と奥にF3が見える。
登れないので、一つずつ巻いては降りて行く。





巻きの途中からのF2とF3。




もうチョット近づいてのF3。




降りてみると上部が見えなくなるので、
遠目で見るより高さがない。
右はじの上からワイヤーがたれていた。

この上にはF4倒木の滝(トップ写真)があり、
倒木がかかった滝では、原小屋沢F4のバケモノ滝と
双璧をなすとか(イガイガさんの評価)、楽しみ~♪



近くで見るとF3はドッシリした滝だった。




右岸から巻いて降りてみると・・・・
う~~んスゴイや!この倒木に圧倒された。





近づくと更に迫力UP!!この滝は記憶に残るだろう。




ここも右岸を巻いて沢に戻るとナメの世界に。三脚を手にゆったり気分で歩くイガイガさん。




苔も美しい!癒されるね~




こんな所もあった。




左右の苔がアクセントになって美しいナメ滝。




うへ~、同じ場所だけど技術の差が歴然とー




太い倒木の段差で滝になっている“倒木滝”の奥に、
「逆くの字」のF5。





右岸を巻いて沢に降りて2,3分先に、この湧水が豊富なF6。




そしてF6の正面の流れを囲むように、左壁と右壁からも水が湧いていた。
飲んでみると柔らかくて美味しい水だった。ここは左岸から巻いた。





この先はもう滝場はなくガレ歩きになるそうで、
我われの興味はモロクボ径路に移る。
どこで横断しているのだろう?それらしい跡を探す。





「どうもこの辺が怪しい」とイガイガさんが言ったのが標高1015m付近だった。
右岸と左岸をウロウロ探索したあと、右岸の踏み跡っぽいのを辿ってみた。





これがピッタリ界尾根のここに到達できればバンザーイ!!だったのだけど、
残念ながら途中でやや右寄りに軌道修正して、ここに出た。

以前kazさんと3人で探索した時は、これより上方に出てしまった。
なかなかピッタリ出られない。
ここでランチタイム。



モロクボ径路は界尾根を1040mの置き土産展示場で横断する。




そのあと本棚沢に向かって続く踏み跡を辿って行くと・・・・




少し先でスッパリ切れ落ちていた。
この場所を見て、イガイガさんはkazさんとの楽しい?思い出がよみがえってきたらしい。





さて、ガスが出てきた界尾根を畦ヶ丸めざして登って行く。




この尾根は自然林なので好きな尾根だ。




登山道に出てもガスの中。この時期歩く人も少なくて静かだ。




久しぶりの畦ヶ丸山頂は誰もいなくてシンとしていた。
以前は虫が多く閉口したけれど今日はいなくてラッキー!





山頂から登山道を大滝峠上方面に向かう。
ここを歩くのも本当に久しぶり、前回いつ歩いたのは思い出せないくらいだ。

避難小屋前のベンチで若い男性がタバコを吸われていた。
荷物が見えなかったけど小屋に泊まるのだろうか。



こんな表示も今回初めて見た気がするので、かなりの間 来ていないんだね。




驚いたのはP1160mの北側の元気いっぱいのササヤブ。
登山道で保護柵もないのに姿が隠れるほど濃かった。なんでだろう?





1160mからササの中に入って南東尾根で25mほど下って行くと、
突然 仕事道が現れてビックリ。
置き木で写真右に行くよう誘導していた。
どこに行くのだろうと地形図で見てみるけど???
以前はなかったとイガイガさんが言っていた。



右に続く道は何のために?どこへ?




1160から鬼石沢に下るまでの地図読みが面白かった。しっかり現在地を確認しないと
鬼石沢の枝沢に引っ張られてしまう。ああ、権現山が遠い~!





途中から植林の細尾根になったけれど、無事に鬼石沢の900m地点に降り立った。
ここは3回は来ているので、しっかり見覚えがあった。
今日はここから西沢径路を歩く。ワクワク♪

西沢径路は、セギノ沢探索の時、大滝峠から東海自然歩道合流点までと、
マスキ嵐沢遡行の時に右岸尾根までのわずかな区間を歩いた。
今回の区間をクリアすると、残るのがP1064mの尾根を巻いている部分で、
ここが怖面白いのだとイガイガさんが言う。ふ~ん、そうなのかぁ。



正面右の踏み跡を進んで行く。




西沢径路の様子を5枚
① この崩れ防止の草はこの辺りで良く見かけるものだ(振り返って撮影)





② 木は腐るのであてにできない(振り返って撮影)




③ 派手な倒木に一瞬ビビるけど、よく見ると通れる。




④ あれ~、どこ通った!?(振り返って撮影)




⑤ 長ーい廊下だった。




ようやく登山道と合流。振り返って見ているので、右が登山道。左が西沢径路の入り口。




最近?手入れされ明るくなった植林内を、西沢へ向かって ひたすら下って行く。




はい、吊橋を渡って無事に終了~お疲れさま!





私にとっては“初”が多かったし、内容も盛りだくさんで充実していて面白かった。
本棚沢は、滝は巻きなので、歩くなら下棚沢の方が楽しいかな。
でもF4は良かった!あの滝見ができて満足だ。

この季節、径路のトラバース歩きの長さにチョットめげたけど、
一度は歩いてみたかったので嬉しかった。
イガイガさん、ありがとうございました。


≪ イガイガさんの記事 ≫
http://igaiga-50arashi.at.webry.info/201307/article_1.html



≪ 本日の出あい ≫


オオバギボウシが、もうこんなに大きくなっていた。




やっぱり沢にあったのでサワギクだった。




キノコ①




キノコ②




キノコ③




これは石。




苔?のアップ。なんか気持ち良くないね~




花が小さいのでうまく撮れなかったタニタデ。




イチヤクソウはまだ蕾。
花がボケてるけど葉が写っているので。





こっちは少しマシだけど葉が見えない。




ナツノタムラソウは色がやさしい。茎の方側だけに花が付く。




山で良く見るこの可愛い葉はジシバリだったんだね。




ミヤマシキミの実は まだ青い。




ブナの実のドライフラワー?可愛いね。









スポンサーサイト

Comments: 2

レガー URL 2013-07-11 Thu 20:36:50

西沢本谷、私はF4止まりなのです。
この湧水滝も拝見+味見をしたいのですよ(^^♪
涼しげな写真をありがとうございました。
西沢経路、私は鬼石沢左岸尾根~権現山分岐間だけですが、
好きなトラバースです。
どんどん崩れてしまっているようですね。

来週ようやく沢で遊ぶ事が出来そうです。

はっぴー URL 2013-07-12 Fri 00:59:57

レガーさん

西沢本谷の記事、以前 拝見していたのですが、
やはり自分が行っていないとピンときませんでした。
再訪問でジックリ熟読?し、本棚沢はよーく分かりましたが、
今度は涸棚の部分がピンときません。
ここを共感するには行ってからですね~(予定ナシですけど)
でも、大冒険だっていうことは分かりますよ。(^^)

それにしても、F4も3月後半だとまだ木々の葉が落ちた状態なので
ずいぶんスッキリ健康的な感じですね。

祝・沢遊び解禁、良かったですね♪
ブログのケーキ、とても美味しそうでした!

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 2013年 夏の丹沢 > 西沢本棚沢から畦ヶ丸へ 帰路は西沢径路で

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top