Home > 2013年丹沢一回お休み > 大雄山最乗寺奥之院から明神ヶ岳へ

大雄山最乗寺奥之院から明神ヶ岳へ

 
 

やっと出た稜線からの展望。いかにも箱根らしい景色に癒される~♪



本当に久しぶりに大雄山線に乗って最乗寺へ。
昔は、この近くにある「あしがらふれあいの村」に、よく行っていたので
帰りに寄ったこともあったけれど、下の一部しか回れなかった。

そのあと、足柄万葉公園の帰りに寄ったり、
最乗寺から登山道で明神ヶ岳まで歩いたこともあったっけ。
その時も、奥之院は行っていない。

今日は、奥之院の後ろからスタートだ。
エアリアに表記されてる赤線登山道の西隣の尾根を登って、P1150mに出、
宮城野に下る楽チンコースでの花探し。

さて、どんな花にあえるかな。

 


最乗寺全景図だ。ずいぶんたくさん建物があるんでビックリ!
今日はメインストリートをずんずん進むので、はじの方は回れない。




これは図によると「書院」のようだ。



天狗の下駄って大きいなぁ。橋の奥に人がいるので比べられる。



本堂正面



素朴だけれど、手がこんでいる。



鐘楼。



多宝塔。



「御供橋」と「結界門」。門の手前の両側に天狗の像がある。



「結界門」を入ると御真殿。この階段は前座?だった。



こっちが真打で「奥の院」に行く長~い階段。
ここはイヤでも登らなきゃならない。




ふ~っ、なんとか辿り着いた~。右手から裏に回りこむとしっかりした道があった。



少し行くとチャンと道標も立っていた。



途中で林道が横切るが、これは塚原方面と明神林道を結んでいるものらしい(振り返って撮影)。



最初は植林だったけれど、ほとんど自然林。
緑は元気だけど見晴らしが全くないのでスカッとしない。




木肌が目立つヒメシャラが かたまっている所があった。



ここで稜線登山道に合流した。「健ハイ2100の会」が整備しているようだ。



金時山が遠いな~



登ってきたルートでは、下ってきたマラソンの男性お一人と会っただけだったけど、
明神ヶ岳山頂はランチしている人たちがいっぱいいた。




宮城野への分岐点。



下りてきたら二頭のヤギが休んでいた。
手前の大きな方がやさしい声でメェ~と鳴いたので、私もお返しに鳴いてみた(笑)





≪ 本日の出あい ≫


線香花火のようなコアジサイ。もっとブルーがかったのもある



スイカズラ



ハコネウツギ



カントウカンアオイかオトメアオイか分からない



ツクバネウツギ



ヒロメノトガリアミガサタケ。アミガサタケは以前、見たことがあるけど、
これはもっと大きくてビックリした




ツルシロカネソウ



ミヤマオダマキ



今年初なのでもう一枚ミヤマオダマキ



ヤマボウシは高い所に花があるので、なかなかこんなふうには撮れない



ヤマツツジが鮮やか



ヤシャブシの若実



ハナニガナはなかなか覚えられないのだ



サラサドウダンの花がクモの巣の上に散っていたのでパチリ



ノイバラ



ラショウモンカズラ



クルマムグラ



キンランも今年初!








スポンサーサイト

Comments: 4

maychoi URL 2013-06-21 Fri 10:39:54

ご無沙汰しています。
 前回のサンショウバラははっぴーさんが登られた道を
はっぴーさんが行かれた2日後に下りで利用。
(樹下の二人は毎年行きます。)

最乗寺は登られた道を下りで利用しました。
そんな些細なことだけど嬉しかったりします。
 初めて明神ヶ岳に登った時、こんなに見晴がいい
山が神奈川にあったのかと感動しました。
(それまで無展望の丹沢の山、鐘が嶽とかしか登って
 いなかったので。)明星ヶ岳や金時に続く道もいいですね。

 私は秋に行っていたのですが、初夏にはこんなに
たくさんのお花があるのですね。
 今回もいい写真見せて頂きました。ありがとうございました。

はっぴー URL 2013-06-21 Fri 20:54:34

maychoiさん

お久しぶりです。コメントとても嬉しいです m(_ _)m

2日後というと8日、近かったんですね!
AYさんが翌週15日歩かれていられたのもビックリですね。
来年は事前情報でさりげなくバッタリ~というのも楽しそうです♪

最乗寺のあの道も歩かれていられたとは、親近感です。
私は昔は箱根を“登山”という対象ではなく“観光地”として見ていましたが、
今は逆転、開放的で大らかな山容が大好きです。

花も丹沢に比べて豊富です。
秋も良いですが、花の季節にもぜひいらしてみてください。

レガー URL 2013-06-22 Sat 07:35:51

キンラン、(^^♪ですね。
明神周辺を歩いていた時は、ピークハンターでしたので
周りに目を向けながら、ゆっくりハイクの発想はありませんでした。
最乗寺はゆっくり歩きますけどね(^^)

奥の院に脱いである靴。
どうもハイパーVに見えるのですが、どうでしょう?
すみません、どうでもよい質問でした。

はっぴー URL 2013-06-22 Sat 12:42:56

レガーさん

キンラン、ギンランは さりげなくポッと咲いていますね~♪
私も以前は“宝さがし”より、歩け歩け派でしたので
どこで何を見たかなんて、全然残ってません。
「周りに目を向けながら、ゆっくりハイク」なら、
どんな所でも発見があって、そういう歩き方も一つの楽しみですね。

奥の院にある靴までハイパーVに見える・・・・
これはかなり「蘇化子」化してます(笑)
お大事に~(^^)

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 2013年丹沢一回お休み > 大雄山最乗寺奥之院から明神ヶ岳へ

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top