Home > 2013年 春の丹沢 > 新緑の中 ひらひらと足慣らしの山遊びへ

新緑の中 ひらひらと足慣らしの山遊びへ

 
 

▲ 鳥屋待沢右岸尾根の上部には、鮮やかにミツバツツジのピンクが広がっていた



この13日に、高低差の大きいロングコースを歩く予定があるので
ちょっと足慣らしをしておこうと、4月10日 久しぶりに一人で出かけてみた。

歩いたのは下記のコース。
定番の所だけれど久しぶりだし、単独だと感じがまた違う。
少し緊張感をもちながら、新緑の景色を楽しんできた。

                
煤ヶ谷バス停―鳥屋待沢右岸尾根―七沢山―唐沢峠―梅ノ木尾根―日向薬師バス停
                                       (行動時間:6時間45分)




        ※ 地図上の上部の斜線はコースと関係ありません
宝尾根




平日のためか「清川リバーランド」は人気がなくひっそりしていた




目的の尾根に乗って驚いたのは、まだ新しい赤テがベタベタ付けられていたこと。この写真手前だけで3ヵ所!




620m付近には植生保護柵があり、柵内にはけっこう植物が繁茂している




650m付近の尾根の様子。尾根の下部は全体的に幅が広くて大木が多い。一か所獣の臭いが強かった




今日の主役はミツバツツジ、艶やかだね~!




この尾根は下部は癒し系だけど、上部はチョイ悪で面白い




痩せている所や岩場も出てくる




丹沢三峰の優美な山容が見えて嬉しかった




春の山はホントにきれいだ!




ヒノキの植林が整備されていた。切り株がまだ新しい




いつの間にか大山方向の雲行きが怪しくなってきていたので先を急ぐことに




新しい道標が立っていた




この明るい黄緑色のモミジに感動した!




≪ 本日の出あい ≫

セントウソウ



キランソウ



ツクバキンモンソウ



アブラチャン



エイザンスミレ



キブシ



テンナンショウ



サワラ







スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 2013年 春の丹沢 > 新緑の中 ひらひらと足慣らしの山遊びへ

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top