Home > 2013年丹沢一回お休み > 春のきざしを求めて ひねもすのたり のたりかな

春のきざしを求めて ひねもすのたり のたりかな

 
 





      今日は お天気のご機嫌がよろしいので

      ぽかぽか感じながら“小さい春”を見つけに出かけたけど
 
      植物の世界は まだジミ渋だった  もう少しだね



      山路をたどってくると 初島と大島が おぼろにかすんで 春の海の のどかさー

      う~ん こんなところで 日がな一日 たそがれていたいなぁ





▼ 自然の中で、控えめな香りを漂わせて咲いているスイセン、いいね!




▼ カンアオイは葉・花ともに地味系。葉が葵に似ていて冬季でも枯れない常緑多年草であることから名づけられたそうだ




▼ ツチグリは成熟すると外皮が8~10個の裂片に裂けて星形に外側に開く。開く前のはまだ見たことがないけどね




▼ ホトケノザ。可愛いまばらな蕾でも、この時期のピンクは嬉しくて気持ちがはずむ




▼ ツルリンドウの幼苗があった。頑丈そうな葉っぱが自己主張しているみたいで頼もしい




▼ フユイチゴのくすんだ赤い実も、今の時期は立派に彩りの一つ




▼ シロダモは葉脈が葉のつけ根近くで3本に分かれて長く伸びることと、葉のつき方で見分けやすい




▼ でも、一番の特徴は葉の裏側が粉をふいたように白いことだ




▼ これはシロダモに似ているけれどヤブニッケイ。葉が少し小さく、枝に均等についている。違いが分かったのがうれしい




▼ 葉の裏側はシロダモのように白くない。ちぎるとシナモンのような匂いがするそうだけど試せなかったのが残念




▼ 冬に赤い実をつけるのはアオキの雌株。大倉寄りの西山林道で見たアオキには はっきりしたディアライン(※)が見られた


(※)ディアライン(deer line)とは、シカ が首を伸ばして樹木をたべられる高さのこと(鹿摂食高)。
この高さを境に上には葉があるが、下は丸坊主のことが多い。



これはクスノキだった(※)(AYさんご教示により判明)葉と枝が小さな房のようにまとまっている樹形が面白かった


(※)下記はAYさんからいただいたコメントです。ありがとうございました。

【常緑広葉樹で高木、枝分かれ多く、枝先の樹冠がこんもりした感じ、ってクスノキの特徴ですね。
画像拡大してみましたが、幹の特長はまさしくクスノキですね、
高確率でクスノキで間違いないと思います。
 
クスノキは公園や街路、学校や企業の敷地などに良く利用され、
普段見かけるのは剪定等手入れがされていたり日照を競う樹木が無かったりで、
もう少し横に拡がったり枝も少し太めのものを多く見かけます。

画像のは上に向かって枝がスクッと伸びていますので
多分剪定されてない自然のままのクスノキでしょうね、
こんな感じで伸びているのは湯河原の幕岩近くのクスノキ純正林で見かけました。】
 


▼ 梅が咲いていたのがうれしかった!一気に春だ~!! 清々しくて品のある香りは いつまでも飽きない




▼ そして何ともピンボケのメジロくん。逆光のを拡大してみたら、アンテナ付きの? こんな愛嬌のあるこだった♪










スポンサーサイト

Comments: 8

AY URL 2013-02-08 Fri 07:06:20

昨日は春一番のような風が吹きましたね。

今朝ワンコ散歩でナズナ、ホトケノザ、ノボロギクの開花見ました。
春は近いですね。

これは何の木だろう?はなんでしょう?
クスノキかカシ(イチイガシ?)のような感じがしますが、葉や幹の拡大画像があれば判るんですが。

はっぴー URL 2013-02-08 Fri 11:03:48

AYさん

なぜかウキウキしてきますね。
ナズナ、ノボロギクは未確認ですがオオイヌノフグリは
咲いているのを何度か見ました。

急いでいたので葉や幹の拡大画像を撮っていないのですが、
クスノキをヤフーの画像で検索してみましたところ、
感じが似ているのがありました。もしかして若木でしょうか。

幹が写っている縦の元サイズ写真をメールで送らせていただきますので
ご覧になってください。右側にある木も同じ種類かと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

AY URL 2013-02-08 Fri 22:15:33

メール画像拝見させていただきました。

高確率でクスノキでしょうね。

はっぴーさんの、2012年2月「早春の海と樹林へ」の中にもクスノキが何枚か写ってますね。

はっぴー URL 2013-02-08 Fri 22:57:47

AYさん

記事のキャプションを修正して、そのことをメールで書いていて
入れ違いになりました。

「早春の海と樹林へ」、確認しました。
あの照葉樹林の大木がそうだったんですね!?
あれは太かったです!
今度はしっかり覚えておきます。

kantarou URL 2013-02-08 Fri 23:40:38

はっぴー先輩
迫力の横長スクリーンの劇場映画チックな写真の数々、新バージョンですね。
昨夜、塩野七生さんが黒沢映画を高く評価している旨の随筆を読みつつ眠りに落ちたので、
横長写真統一を新鮮に感じました。

先週「ホトケノザ」を撮りました。特定できず「教えてください」とブログに記載したら、翌日教えてくれた友人がいて、昨夜書き換えたところです。先輩のブログでも「ホトケノザ」が登場していましたが、やはり平地は生育が早い。とは言え、季節は同時進行ですね。
ただ、先週思ったことは春の先駆けと思うのはこっちの勝手、冬だから咲いている花があるということなのかなと?

M-K URL 2013-02-09 Sat 13:05:08

はっぴーさん

「春の海ひねもすのたりのたりかな・・」、早春のけだるいような陽気の中、
西湘バイパスを走り、湯河原へのハイキング・・、まことに結構でございます。

のどかな光景と早春の花達、悪い子も多少なりとも心癒されるのです。
M-K農園の土手にも既に咲始まりました。悔しいのはフキノトウを野鳥が
ついばみ私が食べるべきものを泥棒してしまうのです。(カバーかけましたが)

樹木、花、鳥と大いにUPと解説をお願いいたします。
秘かにこれも自分の肥やしにしているのですから・・。(^^);

はっぴー URL 2013-02-09 Sat 22:08:50

kantarouさん

認めていただけて嬉しいのですが、
今までも写真サイズは640×360くらいでした。
時々迫力が欲しい場合は、650×にしたりしています。

ホトケノザ拝見しました。
生育が早いのと色が鮮やかなのでビックリしました。
きれいな色ですよね。

冬と春の狭間は、各年の気候の違いによって変化があるのではないでしょうか。
まさに季節は生きているのだと思います。

最近、強く感じることは今年の花粉が多いということ、
もう山では杉が真っ茶色になっています。
今年は危ないかとヒヤヒヤです。

・・・いいかげん「先輩」はやめて、「さん」でお願いします m(_ _)m

はっぴー URL 2013-02-09 Sat 22:40:01

M-Kさん

ドライブではなく公共機関利用でしたけど、
早春の海はいい雰囲気でした。

最近、「めがね」という映画を観て「たそがれる」という言葉を覚え、
さっそく使ってみたくなったのでした(笑)これはパクリというのですね! (^^);

樹木、花、鳥すべて中途半端の自己満足、ご覧いただくには恥ずかしいレベルですが、
AYさん始め、皆さまにご教示いただき私も肥やしにしていきたいです。

フキノトウを皮切りに、これから山菜が楽しみな季節ですね。
野鳥も食べちゃうとは知りませんでした(驚)。

本日、M-Kさんの見回りのコピーをしてきました。
湯船林道、思っていた以上にハラドキで楽しめました♪

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 2013年丹沢一回お休み > 春のきざしを求めて ひねもすのたり のたりかな

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top