Home > 2012年~2013年 冬の丹沢 > 西丹沢で 氷の芸術を求めて三滝をめぐる

西丹沢で 氷の芸術を求めて三滝をめぐる







1月27日
西丹沢の滝の氷瀑を見に出かけた。
まずはモロクボ大滝に期待したが、ほとんど凍っていなかった。
沢の徒渉に苦労しながらきたのに残念だな~



▼ モロクボ大滝は両脇が少しずつ凍っていただけで、ガッカリして引き返した








次に下棚(しもんだな)へ向かう。
自然教室の方から「14日の大雪で、木が根元から倒れているので気をつけて。
倒木で下棚の下までは行かれないですよ」と注意を受けたが、
倒木はまとまっていたが、さほどの苦労なく間を縫って滝下まで到達できた。
やっぱり そばで見ると迫力が違う。



▼ 下棚は ベールをまとった女性のように、やさしげな曲線を描いて落ちていた。きれいだな








※ この写真を追加しました(2013.2.1)
















最後に本流まで引き返して本棚へ。
さすが本棚!一番の迫力で、ただただ圧倒される。
「すごいねー!!」の一語をオウムのように繰り返すだけ、
その感動と興奮に酔いしれた。































▼ 帰路、遠くに見えた山は板小屋沢ノ頭とか石棚山のあたりだろうか、高い所はまだまだ雪が深そうだね




▼ 吊橋から。ここは真ん中の中川川本流に右から東沢、左から西沢が出合う面白い場所だったのだ。知らなかったな





【 購入した道具について 】

一つ前の記事で書いた“一つの武器”というのは「自衛隊御用達のカンジキ」という
キャッチフレーズのスーパーカンジキ。
賛否両論あるようだけど、短所を承知の上で長所の方が多いと判断して買ってみた。

今回、ザックのポケットに入れて持って行ったけど、思っていたとおり
雪が固くなっていて出番がなかった。
せっかく買ったので、チャンスを待ってぜひ試してみたいと思っている。


下記の「北関東の山歩きBlog」さんの記事に、詳しい情報があったので
参考にさせていただいた。

http://yamatrek.blog83.fc2.com/blog-entry-874.html


















スポンサーサイト

Comments: 14

den URL 2013-01-29 Tue 00:09:18

はっぴーさん
秘密兵器は、スノーシューかな?って思いましたが、「自衛隊御用達のカンジキ」とは!
想像以上でした

リンクされてるサイトも拝見しましたが、長短あるみたいですね。

だいぶ前にチェーンスパイク&ロープを装備に加えましたが、なかなか使う場面がないですが、
結構持ち歩いています。
雪山はやらない派ですが、計量であれば、持ってると安心かね?

またのリポート、期待しております。

yamajinn URL 2013-01-29 Tue 06:34:23

ハッピーさん

秘密兵器、自衛隊御用達のかんじき、素敵だ。

見た感じ、鉄で出来ていそうで重そうに見えます。
しかし、この無骨なデザイン、味があって良いですね!

AY URL 2013-01-29 Tue 06:42:04

はっぴーさん

 一挙にアップですね!

 スノーシューより手軽な新しい武器「自衛隊御用達スーパーカンジキ」

 リンクサイト拝見しましたが、大足以外の人には良さそうですね!
 次回試用結果報告、宜しくお願いします。
 

はっぴー URL 2013-01-29 Tue 09:55:55

denさん

スノーシューは斜面もスイスイ登れる立派なのが
押し入れに眠っているんです(笑)
今回のは軽いので気軽に持っていけるのではないかと思って
買ってみましたが、一番の殺し文句はやっぱり“「自衛隊御用達”ですよね(笑)

私も雪山はやりませんが、丹沢の雪遊びでも使えるのではないかと楽しみです。
チェーンスパイク、急斜面の登りや下りに重宝です。

はっぴー URL 2013-01-29 Tue 10:06:34

yamajinnさん

「素敵だ。」のことばが素敵ですね。ハッとしました。

最初、わかんを考えて探していたら これに行き当たりました。
軽いし、形が細身なので歩くときガニマタにならないというのも
けっこう殺し文句でした(笑)

どこかのサイトに書いてありましたが、
北海道の自衛隊はこれのホワイト バージョンを使用しているとか・・・
ほんとかしら。

はっぴー URL 2013-01-29 Tue 10:14:26

AYさん

肩の荷が下りたというか、スッキリしすぎでつまりません(笑)

これ、どのくらいの威力があるのか未知数ですが、
ツボ足よりは ずっといいと思います。
試せる雪を探しに行かなくちゃ!

ミックスナッツ URL 2013-01-29 Tue 13:02:18

自然のオブジェいい感じですよ。
今回は残念でしたが、試し履きが叶うようにドサっと降るといいですね。

それにしても “アップ早っ!?” 

はっぴー URL 2013-01-29 Tue 18:52:57

ミックスナッツさん

天気予報ではこれから暖かくなるそうですよ。
タイミングが難しいですね。
三滝めぐりこそ、徒渉が多く長靴が正解だったのに
外しました(泣)

宿題、またすぐに溜まるとのご意見ありです (^^;

レガー URL 2013-01-29 Tue 19:18:00

秘密兵器、自衛隊ときました(^^)
しかも日本製。
色と角ばったデザインがイカツイですね。
でもカッコいいと思います。使い心地レポお待ちしておりますね。

西沢・東沢出合は、丹沢十字峡ですよぅ。
あともう一つ知っている十字峡は、
水無川の新茅とモミソの出合でしょうか。
こちらは規模がさらに小さいですけどね。

私が勝手に呼んでいる所です。

はっぴー URL 2013-01-29 Tue 21:06:39

レガーさん

ホントのところ、性能はどうなんでしょうね~
私には比べるポイントが、ツボ足と1回はいたスノーシューしかありません。
なので、立山のズボッと比べることにします。

丹沢十字峡、何度も橋を渡っているのに意識してませんでした!
そういえば、新茅とモミソの出合もつっちーさんと見たんですわ。
こっちもそういう目で見てませんでした。
教えていただき、感謝です。

kantarou URL 2013-01-29 Tue 22:28:49

待ってました。豪華3本立て、一挙公開ですね。昨日今日で大阪往復。新幹線から見る富士山がとてもきれいでした。多くの方が静かな歓声を上げて写真を撮るので、一時車内はカメラのシャッター音に満たされ、誰かの記者会見かと。
当方は暖房の効いた車内からの雪山鑑賞ですが、麓の沢のどこかでぱっびー先輩がこけつまろびつしつつの山行きかと・・・。

新幹線が名古屋駅に到着するちょっと前から、東京に向かって左側のはるか遠方に雪山が見えましたが、木曽駒ヶ岳でしょうか。車内でiPadのGoogleマップを開き、ナビ設定にするといま渡った川の名前もはるか遠くの山の名前もわかるので、出張の楽しみ3倍増です。

お気をつけてお楽しみください。

kantarou

はっぴー URL 2013-01-30 Wed 00:36:23

kantarouさん

これでやっとリアルタイムの記事になりました(笑)

相変わらずお忙しいようですが、お好きな列車には乗れますし、
行き帰りの車中は自由時間、ご出張は楽しいでしょうね。

コサメビタキはまだ見たことがないと思います、たぶん。
27日はウソをたくさん見ました。シロハラを見そこなって残念でした。

よ~かん URL 2013-02-01 Fri 09:21:44

はっぴーさん、おはようございます。
下棚と本棚の氷瀑、すごいですね!
私も以前に一度だけ両方の滝の氷姿を見に行った事がありましたが、特に本棚の
迫力に思わず声を出して感動したことを覚えてます。写真でこれだけの迫力なので、
生での感動はすごかったでしょうね。下棚は私が以前に行った時、滝壷が中心部
以外凍っていて中々の景色でしたけど、はっぴーさんが見られた時はどうでした?
モロクボの滝は凍ることがあるんでしょうかね。もしあるとしたら見てみたいなあ。

はっぴー URL 2013-02-01 Fri 14:29:42

よ~かんさん、こんにちは♪

本棚の記事、たどり着きました。
トップが素晴らしいですね、こんなふうに撮れるなんていいなぁ

下棚の優美さに感激して本棚に行くと、こっちは一直線のド迫力!!
駆け引きなしで“全部見せます!”の男気?と この潔い落ちっぷりに
グラグラッときました(笑)
この臨場感や迫力が、おっしゃるように写真と文では伝わらないのが残念ですね。

今回の下棚の滝壺、あまり凍っていないようです。
途中に写真1枚加えましたので、ご覧になってください。

モロクボ大滝は、今回のメンバーのお一人が
以前、もっと凍っていた時に撮った写真を送ってくれましたが、
華やかさがあって素敵でした。

よ~かんさんの本棚の記事、無断で貼らせていただきます m(_ _)m

http://abaraland.blog54.fc2.com/blog-entry-242.html

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 2012年~2013年 冬の丹沢 > 西丹沢で 氷の芸術を求めて三滝をめぐる

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top