Home > 2012年 秋の丹沢 > メグスリノキに会いに 本間ノ頭から栂立尾根へ

メグスリノキに会いに 本間ノ頭から栂立尾根へ

 
 

▲ 金冷し付近からの展望がすばらしかった晩秋の一日




17日に入っていた予定が雨で少し先に延期になり、18日は快晴の予報なのに予定ナシ。
もったいないので、久しぶりに一人でふらふら出かけることにした。

さて、どこに行こうかな~

鍋割山のブナも見たいけれど、11月16日に「清川村の自然観察日記」のやまぼうしさんが
高畑山まで往復されていて、あと10日くらいは紅葉が見ごろとのことだったので、
急きょ 栂立尾根と併せて歩くことにした。

もちろん一番の目的は、大好きなメグスリノキに会うこと。
でも、今年はまだ丹沢の紅葉に不完全燃焼ぎみゆえ、
丹沢の落ち着いた“大人の紅葉”も、ぜひ味わいたいな。

ということで、さて成果は?


今回は、手ぬき文ぬきの写真のキャプションのみで 平にご容赦 m(_ _)m




       ※ コースは下図参照地形図が読めコンパスが使えることが最低条件 
                    栂立尾根の下降は、十分な地図読みが必要

                    「東丹沢登山詳細図」だけでは分かりにくい



栂立尾根メグスリノキ



     
















▼ 三叉路で一緒に下車した男性お二人は、みやま山荘に泊まって明日は丹沢主稜を歩かれるそうだ




▼ 高畑山の手前から。中央が仏果山で、左はじが半原高取山




▼ 高畑山山頂には、確か木製横長の展望台があったが きれいになくなっていた。枯れたテンニンソウが多く侘しかった








▼ 木の間ごしに大山が見えた




▼ この美しい赤はメグスリノキかなぁ・・・・葉っぱがハッキリ見えれば分かるんだけどね








▼ 紅葉は900m前後までで1000mになると、すでに冬枯れだった。青空にこのスッキリ感もいいな




▼ モミかツガか確認しなかった。「栂立」という山名があるくらいだからツガかな




▼ 久々の本間ノ頭。単独の登山者が3人休憩されていた。みなさん丹沢山へ向かわれた




▼ 丹沢観光センターへの道は まだ未踏だけど・・・・今日はコッチね




▼ 落ち葉のささやきに耳を傾けながら歩くのも楽しい




▼ う~~ん、シブイね~!!




▼ 新手のイタズラー(笑)




▼ これもいいね! 私の好きな“丹沢の紅葉”♪








▼ おっ、この赤い3枚がセットになった葉は!! と前方を見やると・・・・




▼ あったーー!!! 今年 初めてのメグスリノキに会えて、とてもうれしかった。 目的達成 メデタシメデタシ♪♪














スポンサーサイト

Comments: 15

den URL 2012-11-27 Tue 19:53:41

はっぴーさん、

メグスリノキって、カエデ/モミジに似てます?
迂闊に赤いのみたら、モミジって言わない方がいいですね。

先週末鍋割山北側に行ってきましたが、上の方は裸でした。
下の方は、寄も北尾根もきれいでしたが、
玄倉林道は暗くなってしまい、大分写真をすれざるを得ない状況…

以前頂いたGPSのデータ見ながら歩きましたが、
山ノ神へ行きかけ戻ったりって所まで真似しちゃいました。

 今日サマリー版をアップして、後日作業経路経由の寄~鍋割山と
 オガラ沢北尾根をアップする予定です。

ありがとうございました。

MASAHIKO URL 2012-11-27 Tue 20:12:20

はっぴーさん
チョットブラブラ、には結構歩いたんじゃー無いですか?

紅葉の鮮やかさが青空をバックに一層引き立っています

落ち葉の絨毯、西日に映る姐さんの姿は思わず言葉を失ってしまいます

・・・・夢の様な世界ですね・・・



現実に戻って、ひとつ達成!!頑張ってすっきりしましょ~!!

MASAHIKO URL 2012-11-27 Tue 20:15:03

PS↑

Vサイン・・おちゃめでいいです!!

はっぴー URL 2012-11-27 Tue 20:58:14

denさん

メグスリノキの葉は細長い葉が3枚つながっています。
色もややピンクがかって、やさしい感じです。
機会があったら確認してみてください。

先ほどスレ違いでdenさんの記事を拝見しました。
みなさんでロングコースを歩かれたんですね~!
少しでもお役にたてたのなら、嬉しいです。

鍋割山北尾根もそうですが、2年前つっちーさんと歩いた
オガラ沢左岸尾根の紅葉はやさしげな色でステキでした。
ただここは北尾根より難しいです。

http://hapimero.blog133.fc2.com/blog-entry-46.html

後日のUPを楽しみにしています♪

はっぴー URL 2012-11-27 Tue 21:06:04

MASAHIKOさん

おっしゃるとおり、栂立尾根は一人では長かったですね。
ステキな紅葉があっても、感動を共有できる人がいないのはつまりませんね。

上部の紅葉は時期的に遅かったので、冬枯れと紅葉を同時に味わえたのは
ラッキーだったのかな。

来年は黄葉の水晶平をめざしたいです♪

AY URL 2012-11-27 Tue 21:16:33

アレ?メレタシメレタシは?

気のせいだったですか?

メグスリノキのサーモンピンク、同日神ノ川流域でも映えてましたよ。

高畑山の展望台、まだまだ耐えられそうに見えましたが撤去されてしまいましたか。
樹木が育って展望は無くなっていましたが、休憩には丁度良く結構好きだったんです。

周辺のカラマツ黄葉も綺麗ですね!            

はっぴー URL 2012-11-27 Tue 22:21:16

AYさん

最初のころは、少し変わったりします m(_ _)m

で、AYさんのコメントにより、今 復活させました~(^^;

メグスリノキ、神ノ川流域でも見かけましたか。
丹沢でも地域によっては、あまり見かけない所もありますね。
コシアブラの黄葉も好きですが、こちらはほとんど見かけません。

高畑山山頂はカラマツの黄葉がきれいでしたが、うらぶれ侘しい感じでした。
ベンチも枯れたテンニンソウに半分埋もれていました。
ショートカット道があるので、訪れる人があまりいないのかもしれませんね。

レガー URL 2012-11-28 Wed 19:52:50

早速ですが、この「影人」真似したくなりました。
これは良い写真ですね。
ブロッケンと同じ状態ですよね(^^)
でもこのポーズは・・・。

はっぴー URL 2012-11-28 Wed 22:57:04

レガ―さん

ぐうぜん木に陽がさしていて、影ができていました。
おっ、これは地面の影より楽しいかも・・・・とパチリ。
このポーズは・・・・(笑)これもぐうぜんの産物でした~
謎ときは次回。

イガイガ URL 2012-11-29 Thu 12:53:38

これ、横Vサインに見えますが、
カメラを構えているんだから、持った親指と他の指との隙間から漏れた光ですよね。

その偶然性もよいですが、バックに宮ヶ瀬湖を何気なく入れて
栂立尾根を連想させるように撮ったとしたらさすがですけど、んなわけないですね(笑)

はっぴー URL 2012-11-29 Thu 17:33:55

イガイガさん

「Vサイン疑惑」ってことですが、タネを明かせば至極単純。
左手でVサイン、右手はレガ―さんご想像のように?髪をかきあげて~
って、んなわけないですよね(笑)
右手はしっかりカメラを持っています。

カーブミラーと違って、顔が写るようにカメラをずらす必要がないので
簡単でした。バックの宮ヶ瀬湖はもちろんまったくの偶然ですた。

M-K URL 2012-11-30 Fri 17:33:44

渋く、長く、おまけに狂ったような登りも下りもあり・・。これを男の単独でやるとしてもかなりの覚悟でやらねばなりません。私は今更ながらではありますが、はっぴーさんの“ガッツ”に敬服するのです。 “は姉”と慕われるのに納得できるのでございます。 ぺらぺらする程に嫌われそうなので引っ込まなければなりませんが、愛しい「栂立尾根」キレイなお写真と共にありがとうございました。

はっぴー URL 2012-11-30 Fri 20:54:09

M-Kさん

コメントありがとうございます。
最近は“ガッツ”も出たり引っ込んだりで
そのうち永久消滅するのではないかと心細い限りです(笑)

たまに一人で歩くと、自分の“ゆるみ&ほころび”にドキッとし、
気持ちが引き締まりますが、私はやっぱり同行者がいた方が楽しめます。
すぐその場で感動を伝え合えるって、すばらしいことだと思います。

「栂立尾根」の上部は自然林が美しくていいですね!

つっちー URL 2012-12-03 Mon 19:26:59

メグスリの木の紅葉とっても癒し系ですね。
それにしても自分遊びができ、余裕の一人山行羨ましい限りです。
今度は何処へご一緒できますかね~。
ロープ慣れできるよう引き出しつくって待ってます。

はっぴー URL 2012-12-03 Mon 20:57:41

つっちーさん

一人遊びは私の場合、クマさんが怖くて余裕じゃありませんよ~
楽しみ方が癒され系ではなく冒険系になり、頭も含めて全身フル活動状態です。
やっぱり気心のあった人との山遊びがいいなぁ。
時間ができたら、またよろしくお願いします。

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 2012年 秋の丹沢 > メグスリノキに会いに 本間ノ頭から栂立尾根へ

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top