Home > もの想い > 夢うつつの もの想い

夢うつつの もの想い

  • Posted by: はっぴー
  • 2012-01-03 Tue 23:10:00
  • もの想い






     かほり のある花が好き  今なら やっぱり水仙
     春に近づいたら フリージア  山では 咲き初めのミツマタもいい
     沈丁花は  ちょっと私にはきついかなぁ


     年が改まって  ふらふら さまよっていたら
     つややかに ロウバイが咲いていた  この かほりも いい

          
     「 女の美しさは どきりとするものではない
      そっと 匂ってくるものだ 」

     このことばを発した時  大宅 歩が
     弱冠19歳だったという衝撃は  ずっと 私を はなれない


     ―― つい 夢の はざまに迷い込んで 遠く近く 過去を想う

    
 
     昨年は わたくしごとでも  変動の年だった
     今年は どんな一年になるのだろう


     来るものは必然  去るものも必然
     だから 変化も必然 という覚悟は 常にある

     だからこそ
     今年も 気の合う仲間と  楽しい山遊びをしたい
     やっぱり そんなことを 一番に願ってしまう
    


     どうか今年も happy でありますように・・・・










スポンサーサイト

Home > もの想い > 夢うつつの もの想い

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top