Home > 2010年 夏の丹沢 > ナメを求めてヤビキ沢

ナメを求めてヤビキ沢


(ナメ滝の上に立つSさん)
       

  2008年10月、檜洞丸で行われた「丹沢フォーラム」に参加した。
その時、丹沢自然学校の方が、ガイドとして同行してくれた。
私のグループは若い男性で、ナメの沢が好きだと話したら、
ヤビキ沢というナメの綺麗な沢があると、教えてくれた。

 以来、いつか行ってみたいなと思っていたが、チャンスがなかった。
沢シーズンになったので、Sさんを誘って、行ってみることにした。
今日は、まずまずの沢日和に恵まれて、嬉しい。


ヤビキ沢_R


2010年7月8日 晴れ
メンバー:Sさん、はっぴー
コース :上図参照 (行動時間 8時間20分)
※ Vルートが含まれているので、地形図が読め、コンパスが使えることが最低条件

 ネットで調べた結果、
登りをAYさんと まーちゃんが、2009年5月31日に歩かれたコース、
下りをイガイガさんが2007年12月9日に歩かれたコースと決めたのだが・・・
(地図で表記しているのは、イガイガさんのコースではありません)





 一人で山に行くという時、ツツジ新道を檜洞丸へというのが、けっこう好きだけど、
下山ルートがね・・・どっちへ下ってもイヤラシク、ちょっとめげる。
今日は、いつもツツジ新道を歩くと見える、東沢林道を歩けるのが楽しみだ。

 二人で地図を手に、東沢林道から855Pを経て、どこに出てくるのか、
新道(川コース)の入口はどこか、などを検分しながら行くと、
ゴーラ沢出合までの道も楽しい。





 ゴーラ沢の二つ目の堰堤上に出る右への踏み跡は、
注意しながら行けばすぐ分かる。
三つ目の堰堤を左から巻くと、広いゴーロの河原で、
Sさんは、こんな広い河原は初めてだと言う。





 水が戯れる様子を写真に撮りながら、のんびり歩く。
25分も行くと二俣になり、右がヤビキ沢。
すると。





 沢幅こそ狭いが、ずーっと先までナメが延々と続いていて、まるで道路のようだ。
白と緑のコントラストも、両岸と木々が被さって出来るトンネルのようなカールも美しい。
どうして、こんな沢が出来たのか、とても不思議!

 第一弾、第二弾の長い見事なナメが終わると、
二俣になり右はガレ沢、左には5mほどの滝がかかっている。
ここから、間の尾根に取り付く。

 地図によれば、この1000m地点から250mは、よじ登りだ。
お楽しみはここまでということで、昼食を取って、いざ臨戦。
尾根の右から回り込んで強引に乗ると、左手に5m滝の上部の細い流れが見えた。





 この尾根は、あまり歩かれていないらしく、
白崩レノ頭まで、目に入る所に赤テープはなかった。
木があり、土が柔らかいので登りにくくはない。
石がゴロゴロしているのは、この山域の特徴かな。

 ヒルはいないが、小虫(ヌカカ?)がブンブンうるさい。
といって、虫よけネットを被ると暑い。
天国のナメのあとの地獄(?)の登りは、なかなか辛いものだ。
左方向に、かなりトラバース気味に登って、ようやく登山道に出た。

 時間は既に14時。チョットのんびり遊び過ぎた。
二人とも今から、更に200mも登るエネルギーはない。
相談した結果、当初の下山コースは日を改めることにし、
6月29日に下った隣の尾根で下山することにした。





 初めての時は長く感じた尾根も、二度目で、お天気も良いので、
東沢・石棚沢出合まで、1時間40分で下りられた。
一ヶ所だけ、しっかりコンパスで確認しないと、右の小尾根に引っ張られそうな所があるが、
変化に富んだなかなか良い尾根だ。1065m付近のブナ林が美しい。

 今日も、川の水で濡らした冷たいタオルで顔や身体の汗を拭き、ああ、再び天国!!
これは、もう止められそうにない。
川コースが出来たためか、向こう側をけっこう人が通るので、
「山(元)ガールズ」は、もちろん、一応、人目を忍んだけれど(笑)。


スポンサーサイト

Comments: 17

イガイガ URL 2010-07-16 Fri 20:58:45

祝・ブログ本格デビュー!

はっぴーさん、やっと、重い腰あげましたね。
いつか、いつかと、首を長くして待ってましたよ。

また、珍道中、置いて行かれない程度の沢でよろしくお願いします。

ミックスナッツ URL 2010-07-16 Fri 21:22:20

はっぴーさん

ブログ開設おめでとうございます!

あの日は沢靴でなかったので、一人ゴーラ沢とヤビキ沢の界尾根を登りました。
ヤビキ沢、課題に追加です。

shiro URL 2010-07-16 Fri 21:38:56

祝!
待ってました! blog開設おめでとうございます。
 
ヤビキ沢! ノーマークの沢でしたけど、なんだか気持ち良さそうな沢なんですね。
先日、石棚沢右岸尾根の下降に失敗しました。おまけに雨とガスで1065付近の美林も堪能していません・・・ので、この尾根のリベンジ下降を考えています。その時の登りには、ヤビキ沢を使ってみようかなァ。
『どうして、こんな沢が出来たのか、とても不思議』の一文がとっても気になりますから。
 
その「美しい風景」であろう写真がアップできていないのが、とても残念・・・。
容量オーバーしてませんか? 拡張子は『.jpg』になってますか? ファイル名は半角英数になってますか?

ちしろ URL 2010-07-16 Fri 23:11:10

イガイガさん、コメントありがとうございます。
“本格デビュー”というには、あまりに心もとない技術と知識で・・・
それに輪をかけて、本人のイイ加減な性格。

本当は、10ぐらい貯めてからオープンにしようと思っていたのですが、
そうすると、また1ヶ月は先になりそうな予感が(笑)。
ずっと更新をされていらっしゃるニカニカの皆さまを、改めて尊敬いたします。

珍道中、また楽しいところを教えてください。

ちしろ URL 2010-07-16 Fri 23:36:12

ミックスナッツさん、コメントありがとうございます。

いつも、素早い記録のアップ、とても見習えそうもありませんが、
マイペースで続けようと思っています。

ヤビキ沢は、登るような滝はほとんどないようですので、
ミックスナッツさんには物足りないかも知れませんね。
ナメは少し滑りました。

私たちは途中から尾根に乗りましたが、自然教室のKさんのお話では、
上の方はガレガレで、人数が多いと落石が怖いそうです。

ちしろ URL 2010-07-16 Fri 23:56:07

shiroさん、コメントありがとうございます。

ナメがずーっと続いていて、本当にビックリしました。
滑るので沢靴が良いと思います。
それから、虫よけスプレーなどの虫対策もお忘れなく。

石棚沢右岸尾根の記録、拝読しました。
体調が悪く、おまけに雨とガス、最悪でしたね。
私たちも1回目はガスの中だったので、何も見えませんでしたが、
天気が良く、景色が見えると山も違って見えますね。
リベンジの時は晴れでありますように。

写真、見られませんか!?Sさんも、ダメとのことでした。
我が家のP.Cは3台とも大丈夫なんですが・・・
アドバイスいただいた点は、全部問題ナシです。
この写真、メールで送りますので、ご覧ください。

AY URL 2010-07-17 Sat 06:02:51

ハッピーさん
おはようございます。
ブログ開設おめでとうございます。
楽しみが増えて嬉しいです。
出かける時間になってしまいましたので今日はこれで失礼します。
(先週と同じ辺りの低山へ行ってきます)

ちしろ URL 2010-07-17 Sat 11:53:09

AYさん、コメントありがとうございます。

これからは、楽しく遊んだあとは、遊びっぱなしはブッブー!
ツケが回ってきますね~(笑)。

AYさんも“週二日のお楽しみ”のあとは、たいへんですね。
参考にさせていただく部分も多いので、よろしくお願いいたします。
そして・・・お約束の来年の独立も楽しみにしていま~す。

M-K URL 2010-07-17 Sat 12:22:54

ハッピーさん
遅れをとりました。 まずはブログ開設誠におめでとうございます。
立派なブログです。
楽しい山仲間としてこれからもよろしくお願いいたします。

7/8のヤビキ沢! 登られたのですね。
私は三日後の11日にAYさんにお願いして隣の尾根を上がったのでした。
ヤビキ沢の記述を読み、素晴らしいと思います。
私もいつか行かせてもらいますよ。

コース図の下4枚目の写真が見られません。
良かったら送ってください。

ちしろ URL 2010-07-17 Sat 13:09:31

M-Kさん、コメントありがとうございます。

皆さんに比べると、私は本当に“良い子”ですが(笑)
これからも交流させていただけるのを、楽しみにしています。
こちらこそ、よろしくお願いいたします。

ヤビキ沢は何度も行きたいと思うのですが、
私はそのあとの尾根登り、気持ちが引きます。
沢は虫もいなくて快適でしたが、尾根は虫がブンブンでした。

今度行く時は、キリヤマ隊長の掲示板で「すぎさん」が書かれていた
シーブリーズを買ったので、試してみようと思っています。
これは、他の虫よけと違い、顔にも使えるのがいいですね。
けっこう、首や耳など、顔が狙われますので。

やっぱりshiroさんと同じ写真ですね。
メールで送りますので、ご覧ください。
それから、サイズを少し変えて、アップしなおしてみます。

シチミ URL 2010-07-17 Sat 19:49:48

チワ~っす(^^)

オ~!!
ブログ開設おめでとうございますぅ~。

慣れるまで大変なんですよね~、ホントに。。。
頑張って続けて下さいょ~。

女性の視点でのお〇カルートのUPを楽しみにしてます♪

綺麗な西の沢だけではなく、どす黒く薄暗く・ヒル真っ盛りの東の沢にも是非!(^^)


ちしろ URL 2010-07-17 Sat 22:09:14

シチミさん、コメントありがとうございます。

ホントにパソコンは“時間どろぼう”ですよね~
アッという間に、数時間を使っています。

以前の山遊びもアップしていきたいと思ってはいますが、
現在進行形だけでも大変そう~(^‐^;

シチミさんこそ、東のヒルと少し離れて、たまには西のダニもいかが(笑)

賀来 URL 2010-07-20 Tue 08:32:00

おはようございます。

7月4日一軒屋避難小屋の前でお会いした賀来と申します。

書き込みがたくさんで、大盛況な様子で何よりですね。
ヤビキ沢、拝見させていただきました。
こんな沢があったんですね。もちろん全く知りませんでした。

秋空の下でのんびり歩いてもよさそう。小さなマットを敷いてコンロで湯を沸かし、森の中を流れる風の音に耳を澄ます。

次の記録を楽しみにしています。

ちしろ URL 2010-07-20 Tue 10:30:53

賀来さん、コメントありがとうございます。

ご覧になっていただけて、嬉しいです!
拙いブログですが、時々、遊びにきていただけたら、
もっと嬉しいです!!

ヤビキ沢、ご存知の方は少ないと思います。
おっしゃるように、ここは秋がいいかもしれませんね。

私も、大滝沢以降の記録、楽しみにしています (^‐^)

mogu URL 2010-07-20 Tue 14:02:16

ブログ開設おめでとう~
これでハッピーが何処に行っているか判るわ(笑)
レポを楽しみにしていますね。

私のほうのブログはただいま開店休業状態です・・・・
この頃、レポをアップするのが遅くなって居ますが、元気に山や沢には行っています(^^)

mogu URL 2010-07-20 Tue 14:10:57

あっハッピーってさんを付けていませんでした、ごめんなさい!!

ちしろ URL 2010-07-20 Tue 14:25:26

moguさん、コメントありがとうございます。

開店休業はブログだけと伺って、安心しました。
moguさんは“長期遠出”が多いので、記録もたいへんですね~。
しかも、とっても詳細!(今でも感謝していますよ)

お互い遊びのタイム・リミットまで、悔いなく遊びましょう!

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://hapimero.blog133.fc2.com/tb.php/20-5d27e474
Listed below are links to weblogs that reference
ナメを求めてヤビキ沢 from 新たに一歩

Home > 2010年 夏の丹沢 > ナメを求めてヤビキ沢

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top