Home > 2011年 秋の丹沢 > そうだ!日向薬師のヒガンバナ見に行こう&オマケは朝遅隊のお庭散歩

そうだ!日向薬師のヒガンバナ見に行こう&オマケは朝遅隊のお庭散歩



             


▲ 日向薬師のヒガンバナ、話には聞いていたけど見に来たのは初めて!こんなふうに田んぼの畦に咲くんだね




「そうだ!京都いこう」のニュアンスで
「そうだ!日向薬師行こう」と思ったのだけど・・・もちろんヒガンバナを見にね。

やっぱり明日にしようかな と迷っていた。
でも明日は土曜日、たぶん混むだろうと思って、家を出たのが10時だった。

伊勢原駅のバス停には、同じ目的と思われる女性のグループが数組、
みんな観光案内所でもらったらしい略図を手に、楽しそうにおしゃべりしていた。
やはり平日のせいか、バスはそれほど混まないまま発車した。

日向薬師に最後に来たのはいつだったろうか、思い出せないくらい前だ。

バスを降りると、行ったことのない方向に、見学順路が続いていた。
辿って行くと、すぐに目の前に田んぼが広がり、稲刈りが終わった畦に
ヒガンバナがのびやかに咲いていた。
緑の草がヒガンバナの葉のように、自然な感じで彩りを添えている。

こんなふうに自然の中にとけこんで咲いているのは いいなぁ。

絵を描いていらっしゃる方、写真を撮っていらっしゃる方、楽しそうに記念撮影をされている団体さん、
それぞれが ゆったり広がる空間を楽しんでいた。

“観光地”だからと、あんまり期待していなかったけれど、
来て良かったと思いながら、次なる目的に向かって歩きだした。





2011.9.30日向薬師



2011年9月30日 晴れ 
メ ン バー: はっぴー
コ ー ス : 日向薬師バス停―日向林道―石雲寺西側の尾根―・537―二ノ沢ノ頭―大沢分岐(P721)
         ―東尾根―大沢―弁天の森キャンプ場―大沢林道ゲート手前から大沢徒渉―
         梅ノ木尾根P405北東側鞍部―日向薬師―日向薬師バス停  (行動時間:およそ4時間)
 
        ※ コースは上図参照: 緑色はロガーのスイッチを入れ忘れて加筆した
                      地形図が読めコンパスが使えることが最低条件





▼ 林道わきには「クマ注意」より目立つ この看板。おサルさんたちも怖い!




伊豆と鶴巻温泉駅近くのハイキング道で、二度ほど怖い思いをしている。
できれば遭いたくないし、遭ったら回れ右して逃げるしかない。

地形図を片手に歩く。
浄発願寺、日向山荘を過ぎて、石雲寺の左の尾根を登ってみようかと
気をつけて行くと、まるで「いらっしゃい!」と言わんばかりに
赤テが付いていたので、ちょっと中をのぞいてみた。



▼ ねっ! ↓ ここに赤テがあったのだ




▼ 中は枝打ちされていて、思ったより ずっと明るい。右手の方が良さそうだったので こちらから




▼ 植林は良く手入れされていてスッキリした尾根だった




途中 右から尾根をあわせて、少し登ると梅ノ木尾根の510m地点に出た。



▼ 梅ノ木尾根に合流した所で日向山の方向を見る




▼ 北側に並行している弁天御髪尾根にも秋の趣を感じる




▼ 「浄発願寺奥ノ院分岐」にある道標は かなり傷んでいて、そのうち倒れそう




▼ たぶん台風で倒れたのだろうね




▼ 大山、空と雲、みな美しい




▼ こちら弁天御髪尾根はシブイなぁ




▼ これが二本目




▼ 大沢分岐。正面奥(南東)からやってきて振り返ってみたところ




▼ 大山三峰も ほんのりと秋化粧に




今日はお天気が良いから、景色を楽しみながら弁天御髪尾根を行こうかなと思っていた。
大沢分岐から少し下ると、鐘ヶ嶽方面の道が左に分かれる。

ここで何の疑問ももたず「そっちじゃないよー、こっちだもーん」と、
自然な感じで そのまま尾根を辿った。

これがポカだった・・・
弁天御髪尾根は、鐘ヶ嶽方面に行く途中の見晴広場Bで東に分かれて行くのだった。


このミスによって、私はワクドキの未踏ルートを辿ることになった。



▼ シカ柵が倒れ込んでいて、尾根を歩けないのでザレた下側をかなりの距離歩く




東屋&すりばち広場に向かってると思っているのに、一向に現れない。
コンパスも方向が合わないし、高度は600mを切っている。

おかしいな、私はどこに迷い込んだのだろう・・・なんて思いながらも
尾根はしっかりしてるし、踏み跡もハッキリしているので、戻る気サラサラなく
不安を感じるより、どこに出るのだろうと興味しんしんで下って行く。

左目前に山が迫ってきたら小沢が現れた。
左手からシカ柵を、壊れてブラブラしているハシゴで乗り越えて、
小沢を渡ると、右側の大きな沢に石積み堰堤があった。



▼ 右側の尾根を下ってきて、振り返って見たところ




このあとも、右や左のよく手入れされた植林ぎわに、ハッキリした仕事道があった。
もしかしたら・・・大沢だろうかと思いながらズンズン行くと



▼ こんな危ない橋もあった・・・渡ろうとは思はないね!右から回りこむ(←またまた無断借用、ご容赦)




腐った木に赤テが付いていたり
さっきのより大きな堰堤が出てきたりで、いよいよ白黒ハッキリしそうな雰囲気だ。
周りの植林も よく手入れされている。



▼ この堰堤があったのは「水辺の広場」かな?写真の左から下りてきた




▼ どこでも渡れるような流れから左に上がると立派な登山道になり、ついに道標が現れた。おお、やっぱりね!




▼ 上の道標の右にあった沢にも見事な石積み堰堤が。帰宅後調べたら「無名沢」という“名前”あり(笑)




▼ 大沢沿いにルンルン下って行くとテン場があった。ここが「弁天の森キャンプ場」なんだ!




木のテーブルや椅子、建物を右に見ながら、左は手入れされた植林の林道を歩いて行くと、
大沢林道のゲートに出た。



▼ ああ、懐かしい場所だ。みんなの笑顔と うどんの幻が見えるような気がした~フフフ




ゲートの手前でランチにした。
こんな時間に、こんな所、だ~れも来ないだろうと思っていたら、
下の方から年配の男性がお一人でやってきて、七沢温泉に行かれるという。

地図を見ながら、それなら もっと下で分岐があったはずだと言うと
時間ももう3時だし、自分はトシだから戻ると言って、来た道を下りて行かれた。

私の方は、迷っていた。
ゲートを越えて、林道の途中から弁天岩の上を通る北東の尾根を下ろうか。
でも光沢寺に出るとバスが少ない。
それに比べて日向薬師ならバス停も近いし、本数もありそうだ。

ということで、今日は日向薬師バス停に出ることにした。
だけど、林道を歩いて日向山経由でUターンして日向薬師に下りるなんて つまらない。

地図と目の前の稜線を見比べると、鞍部になら登り50mで着けそうだったので、
当然これ!!



▼ まずは林道から大沢に下りようと林内に入ると、そこには赤テが!なーんだ、考えることは同じだね




▼ 大沢に下りてちょっと下流を見ると、両岸に赤テがあった。やっぱりねー(この写真追加しました)



▼ 徒渉して対岸に取り付いた。思っていたよりザレの急登で登りにくかった




▼ 尾根に乗って、わずかに左に行くと ここだった。正面の左奥から出てきた




歩きやすい登山道を日向薬師に下ると、現在 本堂を改修工事中だったので
そそくさと通り過ぎてバス停に向かった。



▼ 正面の本堂を改修工事中(振り返って撮影)




バスは少し前に出たようで20分待ちくらいだった。
時刻表の下に、明日・明後日(10月1日・2日)は「伊勢原観光道灌まつり」の
交通規制により、バスの乗降車場が変更及び迂回運行となる旨のお知らせが貼ってあった。
やっぱり今日 来て良かったかな。

かわいいVルートも、久しぶりの一人遊びなのでスリル十分で楽しめた。
このへんはアプローチが楽なので、朝遅隊の記事を参考に、また遊びに来よう。



▼ 駅前では行きには 気がつかなかった?「道灌まつり」のちょうちんが目をひいた




帰宅後、ロングスカートにはきかえて暫くすると、なぜかアチコチに血がぽたぽた。
なぜだろうと思いながら、自分の足 見てキャー!!!

ころころのアレが一匹付いていた。
左足首一ヶ所、右足首数ヶ所やられ、右は重傷!血が止まらない。

即、塩盛りの刑にするが、かなりの出血サービスをしてしまった。
最近、アレの生息エリアからゴブサタなので、完全に油断していたのを深く反省したのだった。



♪♪ 今日の出遭い

▼ ゲンノショウコが可愛い       ▼ ツユクサも山中で出会うと目をひかれる


▼ 食べられたのはシロダモの葉、食べたのは?▼ あっ、ヤママユみっけ!


▼ マツカゼソウ              ▼ エビフライは久しぶり、本物みたい


▼ ドングリ三兄弟?           ▼ 色鮮やかなナナホシテントウムシだった


▼ 急登ザレ場での出遭いは嬉しかった▼ このシブイ色あいが好き





▼ 青空スッキリもいいけど深みがない・・・でも“雲の芸術”ならば見飽きない














スポンサーサイト

Comments: 14

ardbeg URL 2011-10-05 Wed 15:39:56

こんな所を歩き回っていて、あれは平気でしたか?
と、質問しようと思ったら...
しっかりお持ち帰りだったんですね!!

はっぴー URL 2011-10-05 Wed 15:48:20

ardbeg さん

記事も素早いUPですが、コメントの素早さにもビックリです(笑)

帰りのバスで、靴の中がもぞもぞしていたのですが、
アレの存在をスッカリ忘れていました (^^;

たぶん取り付かれたのは大沢徒渉への下りでしょう。
久しぶりに見て、拒絶反応 大でした。

URL 2011-10-05 Wed 22:03:05

シブイ所に行かれましたね(^^)。

ぷぷぷ~。あの古びた橋を渡れば、登山道だったのに~、
対岸から水辺の広場下の枠工から出てきたんですね~(^^)

大沢に降りるあのピンクテープは自然分解するやつですから、
登山者のマーキングではないと思いますょ~。  

境木っぽいの並んでるし、測量のかも??

そうそう、今日ワークマンにネオプレーンの靴下、薄いタイプ・厚いタイプなどなど売ってましたよ。
製造中止になったって噂でしたけどね。。

はっぴー URL 2011-10-06 Thu 00:18:39

〇〇〇さん

お庭に失礼いたしました。シブくて楽しいところでしたよ~

もうこの辺は行き尽くされて、最近は〇〇〇〇摘みとか、
〇〇〇〇拾いの時しかいらっしゃらないんですか?

地名、沢名を勉強させていただきましたが、
「五段の滝」って、あるんですか?記事の中に写真があったら教えてください。

ワークマンのネオプレーン、遅かりし!モンベルの買ってしまいました (^^;

M-K URL 2011-10-06 Thu 18:00:58

ふふふっハナからニカニカして見ていました。やっぱりね!案の定ね。(喜);
「こっちだも~ん」ふふっ。シブ沢下り、ご丁寧に鞍部へのショートカット! ヨーヤリマンナー!(拍手)あの赤テの見間違い(多分)はブーですよ! お持ち帰り、当然の結果でしょう。いやはや久しぶりに楽しいのを拝見しました。(殴);

MASAHIKO URL 2011-10-06 Thu 21:40:51

はっぴー姐さん、良い色使いですね
赤と緑、彼岸花が一段と映えます!!
・・・くれぐれも危ない橋は渡らないように気をつけて下さいネ!!
右から回り込みましょう・・・

よ~かん URL 2011-10-06 Thu 21:41:29

はっぴーさんは9/30に行かれてたんですね~
私は10/1にちょっとだけ行って来ました。少し見頃は過ぎてましたけど、きれいでした。
まあ、はっぴーさんはその後が本番だったようですけど、私はそのまま帰りましたが(笑)
この日ではなかったけど、日向薬師に正面の参道から行ったら、改修中のお姿が見えて
きて、思わず、有難みが全然ないなあ・・・って呟いてしまいました(笑)
本堂に向かって右側にある、木のウロの中の虚空蔵菩薩がなんか好きです。

つっちー URL 2011-10-06 Thu 22:08:13

はっぴーさん
懐かしい!前はよく行ってました。
ほっとする風景ですね。
近いので来年は行こうかな。そんな思いにさせてくれる写真です。
また遊んでください。
楽しみにしています。

はっぴー URL 2011-10-06 Thu 22:10:36

M-K さん

えへへっ たぶん、これご覧になってお喜びになると思っていましたよ。
きっと、ヨーヤッタ!とおほめのお言葉もいただけるかと (^-^)

「赤テの見間違い」← これ、大沢徒渉の所ですか?
でしたら、1枚写真を追加しましたので、ご覧くださいまし。

お持ち帰りヒルヒールの驚きたるや、自分の叫び声とは思えませんでした!!

あっ、次回の記事も、きっとニカニカしていただけると思いますよ~(笑)
お楽しみに!!!

はっぴー URL 2011-10-06 Thu 22:26:54

MASAHIKO さん
キャプションの無断借用、すみませ~ん m(_ _)m

あの記事を拝見する前でしたけど、現場でチャンと
“危ない橋”は避けましたよ。エッヘン!!

最初の色使いだけ鮮やかで、あとはジミジミでした(笑)

はっぴー URL 2011-10-06 Thu 22:41:45

よ~かん さん
翌日、いらっしゃっていたんですか!
まだ間に合う、っていう感じの時でしたね。
どんなふうに表現されていらっしゃるのか、楽しみに拝見いたします。

日向薬師、久しぶりで行ったのですが、改修中で落ち着かず
そそくさと通り過ぎてしまいました。
「虚空蔵菩薩」は次回、ぜひ拝顔してまいります。

はっぴー URL 2011-10-06 Thu 22:53:40

つっちーさん

ここが最終地で、この手前から見どころがあるようです。
でも、この田んぼがいいですよね~
山も迫っていないので、気持ちがのびのびします。
来年は一緒に行きましょう。

もちろん、先日の続きも楽しみにしています。

M-K URL 2011-10-11 Tue 19:00:41

もう彼岸花いいよ~、十分見たからー!(笑)
沢横断の赤テ、枝とか鉈目の細木とかについている
のは完璧デンネ。ブラーっと下がっている手はまず
お仕事でしょう。早く次ぎのお楽しみ見せてよ~!(^^);

はっぴー URL 2011-10-11 Tue 19:49:01

M-K 総帥からストレートな“おねだり?”をいただいてしまい、
(ブログ始めて以来の不覚でございます。
って、ホントは書きたいのですが、そこはオトナ対応です・笑)

誠に光栄至極にござりまする~ハハァー m(_ _)m
でまいります。

AYさんに催促なんかおこがましかったゎ、と反省いたしておりまする。

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://hapimero.blog133.fc2.com/tb.php/175-9847d68e
Listed below are links to weblogs that reference
そうだ!日向薬師のヒガンバナ見に行こう&オマケは朝遅隊のお庭散歩 from 新たに一歩

Home > 2011年 秋の丹沢 > そうだ!日向薬師のヒガンバナ見に行こう&オマケは朝遅隊のお庭散歩

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top