Home > 2011年 夏の丹沢 > マスキ嵐沢から鬼石沢をツメて界尾根を下る「8の字周回」 ①

マスキ嵐沢から鬼石沢をツメて界尾根を下る「8の字周回」 ①


▲ 左側が大きな一枚岩になっているF6を登るM-Kさん。ホールド豊富だけど傾斜と高さあり



小川谷の計画が天候に恵まれず見送り
弥七沢は水晶沢(実際はキメ岸沢に変更)に行くつもりだったので、これまた見送り
そのキメ岸沢は、お天気が悪そうなので当日パスしてしまった。

まさに“泣きっ面にハチ”状態の私を、ardbeg さんが可哀そうに思われたのか、
マスキ嵐沢に誘ってくださった。

平日もOKのM-Kさんをお誘いしたところ、ご一緒していただけることになった。

さてさて、どんな展開になるのかなー!?
きっと楽しいに違いない、何しろM-Kさん同行だも~ん!(笑)





002マスキ嵐




2011年8月4日 曇り 
メ ン バー: ardbeg さん、MーKさん、はっぴー
コ ー ス : 箒沢林道ゲート前―登山道―マスキ嵐沢看板(入渓)―880m二俣を左俣へ
        ―西沢径路―鬼石沢下降―鬼石沢遡行―稜線登山道―畦ヶ丸避難小屋―畦ヶ丸
        ―吊尾根(南東尾根)―鬼石沢・マスキ嵐沢界尾根―登山道―箒沢林道ゲート前
                                (行動時間:およそ7時間)
 
※ コースは上図参照:ロガーの調子が悪く、M-Kさんの軌跡を参考にさせていただき
  電子国土に記入した。
  歩く場合、沢の装備と地形図が読めコンパスが使えることが最低条件。
 【a】はardbegさん撮影写真。  
                今回 写真が多いので、2回に分けてUPします。




マスキ嵐沢は、過去2回歩いているけれど、いつも楽しい。
とりわけ、2回目は880mの二俣を右に入り、最後の涸棚を登ったので大満足。

できれば、その満足感をardbeg さんにも、
味わっていただければいいな~と思いながら、大滝沢沿いの登山道を行く。

すると、ほどなく大滝が見えてきた。今日はチョット水量が多いかな。
ここは初めて歩くというardbeg さんに、M-Kさんの説明が入る。

左に地獄棚沢が分かれたチョット先に沢名の看板があり、そこが入渓点だ。



▼ 入渓点は分かりやすい




▼ さっそく現れたF1を登るardbeg さん




▼ F2を登る♪ 【a】
4626⑤



▼ F2の上から




▼ ナメもイイ感じ~




▼ 正面にF3が見えてきた。途中で岩と岩の間の水流を登った




以前は確か左の白く光っている岩の辺りを確保されて登ったけれど、
今回のように水流を行けば、確保なしで登れる。

F4は浅い釜を持った階段状の滝なので、すんなり行ける。
そのため写真を撮り忘れてしまった。



▼ あっという間にF5。この沢のハイライトと言われる2段くの字のスラブ滝だ




▼ F5、15mの全景




▼ 下段を上がって上段を見たところ。上まで登ってみると意外に高い




▼ トップの写真でM-Kさんが登っているF6。ここは濡れるのをいとわず、思い切りよく登るのだ




▼ F6の落ち口に立つ




▼ 奥に見えるのがF8。写真に入っていないが、手前にF7がかかる




▼ F8の上部を登る。全体が広い滑滝のような感じ【a】
d3fc⑩



▼ F9を登るardbeg さん




▼ 右手から少し大きな枝沢を合わせた840mにチョックストーンがあった




▼ 880mの二俣を右に行くと、F10とF11(涸棚)がある




でも、今日はM-Kさんの提案で左に入って、西沢径路を少し辿り、
鬼石沢に下りて、そこから上部半分を遡行することになった。
鬼石沢は一昨年、歩いたけど、けっこう長いのだ。半分で十分かも。



▼ ヤブもなく、まずは、あっさり西沢径路にツメあがった




そのあと、鬼石沢・マスキ嵐沢の界尾根に出て、すぐ南のピークで休憩し、
再び西沢径路から鬼石沢をめざして下降。
途中で径路跡を見失うも、無事に沢に下り立った。



▼ 沢から上がって、時にこんな景色を見ると気分がスーッとするね




▼ 鬼石沢が見えた。下りてみると、そこは見覚えのある場所だった




去年、7月4日につっちーさんと「地獄棚~権現山南尾根下降」で横切った所だ。
以下、その時の記述。

『今日は鬼石沢右岸に付いている作業道を行き、途中で沢を横切り、
マスキ嵐の右岸尾根に合流するつもりだ。
ただし、どこで渡るのか、イマイチはっきりしないので、
地図を手に検証しながら歩く。これがまた楽しい。

結局、860メートル地点の、沢が北西に曲がる辺りで
本流の左岸尾根に取りつき(赤テ―プ有り)、970メートル地点で合流した。』

何だか懐かしくて、しばらくその場にたたずんでいた。



                   ※ ② につづく




スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://hapimero.blog133.fc2.com/tb.php/165-37e2aac4
Listed below are links to weblogs that reference
マスキ嵐沢から鬼石沢をツメて界尾根を下る「8の字周回」 ① from 新たに一歩

Home > 2011年 夏の丹沢 > マスキ嵐沢から鬼石沢をツメて界尾根を下る「8の字周回」 ①

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top