FC2ブログ

Home > 2019年04月

2019年04月 Archive

宮ヶ瀬湖で遊覧船に初乗り♪

 
P1003777 (2)
いつもはダム上から撮る景色だけど、今日は湖上からパチリ♪



4月20日

新緑を見たいというKさんと、宮ヶ瀬を訪れた。
愛川大橋でバスを降り、まず「あいかわ公園」へ向かった。



土曜日だけど、ストレスがないくらいの混み具合にホッ!
P1003747 (2)

 

桜も まだ綺麗。




ブラブラと宮ヶ瀬ダムへ。黒部ダムより人気があるって、先日 テレビ番組で
言ってたのでビックリした!




有料のインラインは使わず、無料のエレベーターで上へ。




右側の建物から上がってきた。奥に見えるのは南山(振り返って撮影)




Kさんが遊覧船に乗りたいと言うので付き合うことにした。
鳥居原園地の乗り場に行きたかったんだけど、
今の時間は宮ヶ瀬湖畔行きしかないとのこと。
まぁ、仕方ないね。



チケットを買って、乗り場への階段を下りた。振り返ると けっこう長い!




宮ヶ瀬湖の遊覧船は初めてなので、ちょっと嬉しい♪ 乗船客は まあまあ。




目線が下だと、周りの景色の感じが やっぱり違う。




振り返ると、ダムがだんだん遠くなる~
P1003783 (2)



アッという間に宮ヶ瀬湖畔の乗り場に着いてしまった。




虹の大橋を渡って、鳥居原園地まで歩くには
バスまでの時間が足りないので、湖畔を巡った。



クリスマス時期になると人気の木は、葉が茶色になっていた。
酷使し過ぎじゃないの?大丈夫かな?
P1003795 (2)



ツツジがまだ 鮮やかで、春だー!感あり。
P1003796 (2)



他には、オドリコソウ
P1003801 (2)



カキドオシ
P1003741 (2)



ジシバリ。うん、やさし気に撮れた。
P1003804 (2)



キランソウなど。
P1003755 (2)



それから、うまく撮れなかったけれど久しぶりのシメ♪
P1003739 (2)





春のネコちゃんを探しに



花に夢中のオジサンたち?の方が 写しがいあり(笑)


被写体はコチラ↓ 今年もコガネネコノメに会えて嬉しい♪




4月13日

shiroさん、レガーさん、M氏とのコラボ。
今回はshiroさんの計画で、三ノ沢左俣を下って
日向沢へ行くことになった。

スタートは三国峠からの林道歩き。
前日に降雪があったようで、けっこう積もっていた。



青空の元、思いがけない雪歩きができてラッキー♪




・1069の尾根に入って様子を見ながら進み、
急斜面の尾根らしき所から三ノ沢左俣に下りた。


右俣との出合。はい、ここまでくれば何となくホッ!




のんびり花を探しながら ゆるゆると下った。




最初に見た時は驚きだったけれど、今では現在地確認のための遺構(?)




林道へ上がったあと日向沢へ。邪魔物が多くて歩きにくかった。




標高720m付近で滝が出てきた。
P1003697 (2)



まだ先に行かれそうな感じもするけれど、930m辺りで尾根に乗った。
このまま進めば丸尾山の南東側に出るはずだ。




もっと緩いかと思ったのにー、やっぱり最後の頑張りが必要だった(汗)




丸尾山の緩斜面。こんな穏やかな感じが好きだなぁ




ヒモシ峠から甲相国境尾根。左奥の御正体山は さすが存在感がある。




今日は鉄砲木ノ頭は通らずに、林道てくてくで三国峠へ戻ることになった。
楽なんだけど長~い! 朝、三ノ沢へ下った辺りからの展望。




春の陽ざしの中、気心の知れたメンバーで
ヒヤリハットもなく穏やかな山遊びを楽しんだ一日。。。。
が遠いーーー!!!
あれからすでに1ヶ月、ようやく記事をまとめられてホッとしている。

赤、緑、青のみなさん、ありがとうございました。



≪ 本日の出あい ≫






≪ 本日のオマケ ≫

帰り道、レガーさん お気に入りの展望地を案内していただいた♪いがったよー





小谷・仏谷の界尾根で蛭へ 下降は久々の絵瀬尾根


P1003576 (2)
暖かかったので春霞の展望となったが、檜洞丸、熊笹ノ峰、右奥に大室山。
檜皮橋(ひわたばし)が小さ~く見える。



4月6日

イガイガさんが蛭ヶ岳へ行かれる際に よく使われるルートが
未踏なので、機会があったら案内していただきたいなぁと思っていた。

チャンス到来!
でも、2週間ぶりの山なので、階段地獄に不安いっぱい!

だけど、これを逃したら次があるかどうかは分からない。
まぁ、お天気は良さそうだし、覚悟を決めて行ってみよう。
ということで、今日はホントに久しぶりの蛭。



≪ 本日のコース ≫

日陰沢橋P―神ノ川林道―広河原―岩水沢出合―地蔵尾根―仏谷F1―
仏谷・小谷界尾根―東海自然歩道1450m―蛭ヶ岳―地蔵岳―
地蔵尾根から絵瀬尾根―伊勢沢出合―神ノ川林道―日陰沢橋P

※ コースは下図参照。
  歩く場合、地形図が読めコンパスが使えることが最低条件。



蛭ヶ岳



神ノ川林道から広河原に下りると、赤や青の複数の薬きょうが落ちていた。
P1003535 (2)



手前の岩水沢出合から少し奥に進んだ旧の取り付きへ。
以前、ミックスナッツさんと地蔵尾根を登った時は、手前から絶壁を登った。
P1003540 (2)



こちらもロープがあるとは言え、急斜面をジグザグ登り際どい。
ビニール製?のトラロープが岩に擦れている箇所もあったりしてね。
P1003541 (2)



イガイガさんが岩にたたずむカモシカ発見!
こちらの存在を知っても長い間 ジッとしていた(ズームで)。
P1003545 (2)



地蔵尾根の馬酔木平までの登りが思っていた以上にこたえた。
やっと尾根を乗っ越して仏谷に向かって下り、




仏谷F1の巻き道から上流へ。
P1003552 (2)



そう言えば、6年前の2013年8月にトン・チン・カンのメンバーで
仏谷と小谷の大滝見物に行ったことがあったなぁ
http://hapimero.blog133.fc2.com/blog-entry-333.html



右の尾根が今日 登る小谷・仏谷の界尾根。




岩ゴロ、灌木で登りにくい箇所もあったけれど、




変化のある自然観満載の尾根だった。イガイガさんによると、
以前より歩かれてる感があるらしいが。
IGIG1021 (2)



高度が上がると、見事な展望が広がった。




もう ひと登りすると、まったり昼寝したくなるよな草地が出現、ひと時の癒し♪
P1003569 (2)



でも、その後、主脈登山道に乗ると、階段地獄に(涙)
やっぱキツイ!!
快調なイガイガさんに、「お先にどうぞ~」と言ったら、
みるみるうちに見えなくなっちゃった。



で、ゆっくりマイペースで写真を撮りながら歩いた(振り返って撮影)。
P1003575 (2)



ようやく山頂!!後ろ向きの男性に「どこから来たんですか?」と声が。

12時ジャスト。山頂には、けっこう人がいたけれど男性ばかりだった。



人の多い所を避けてランチしたあと、下りに入る。
ヒーコラ登ってきた階段をアッという間に下ると、
そこから地蔵尾根の入り口までの登りが、何気に きつかった。

絵瀬尾根はトンチンカンのメンバーで過去に3回下っているが、
1回目は私のミス、2回目はM氏のミス、ようやく3回目の岩水沢からの帰路で
レガーさんとタッグを組んで、完全制覇できたのだった。
あの時はキリヤマ隊長とアンヌさんも一緒で、もう5年前のことだ。
http://hapimero.blog133.fc2.com/blog-entry-418.html

絵瀬尾根の下りは、しっかり読図しないと難しいので、
4回目でもワクドキもの。
それゆえ今回も、イガイガさんと協力して、
ピッタリ伊勢沢出合に下り立った時は嬉しかった♪



林道への最後の登りで、エイザンスミレが疲れを癒してくれた。
P1003595 (3)



ヨゴレネコノメからも元気をもらった。
P1003600 (2)



朝は目立たなかったサクラが、帰りの林道では ほぼ満開になっていた。
P1003601 (2)



神ノ川から宮ケ瀬に戻る途中でも、
昼の暖かさで開花したサクラが華やか~
行きとは まるで違う花景色にビックリした。
春 特有の変化だ。

山中での花の出会いがなかったので淋しかったけれど、
里のお花見には最高の一日だった。

イガイガさん
未踏ルートからの蛭ヶ岳ガイド、ありがとうございました。





Index of all entries

Home > 2019年04月

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top