Home > 2017年10月

2017年10月 Archive

武蔵五日市の「黒茶屋」で女子会♪♪

 
  

門のそばには大きな水車。雰囲気あるね。



10月26日

ここ数年で、学生時代の友人たちとの交流が増えた。
リタイア後の趣味は様々で、生け花、オペラ、声楽、かご編み etc.で
それらの発表会や作品展が、一つの交流の場となっている。
さらに、みなさん 美味しい物に目がなく、情報量がスゴイ!
私も昨年から その恩恵にあずかって、「食べ歩き」に参加させてもらっている。

で、今回は あきる野市の秋川沿いにある、「黒茶屋」での豪華ランチ。
秋晴れのもと、山里の空気が清々しい。
諸々の雑事から解放されて、のんびりまったり半日の休暇を楽しんだ。



ここが入り口。250年前の庄屋屋敷を移築したそうだ。




「黒茶屋」という店名は、黒茶色になっている柱や鴨居などからつけられた。







我われが案内されたのは、テラス付きの右側の部屋。


テラスの天井のガラス窓に落ち葉が・・・・秋の風情。



今日のお料理はこちら。毎月 変わるのかな。つい、写真撮影を忘れてしまうこと数回(笑)




お腹がイッパイ! もう 夕食抜きでイイワ(笑)
 


食後、広い敷地内をブラブラ探検。土産物屋は、茅葺屋根の苔が綺麗で灯りも暖かい。




東屋も茅葺屋根。




秋川を眺めながら談笑。時間がゆったり流れて行く。ああ贅沢な一日だったな~






展望きかず塔ノ岳は や~めた!で長尾尾根へ




行者ヶ岳と政次郎ノ頭の間の色づきが一番 進んでいた。



10月24日

今日はスッキリ晴れる予報だったので、
展望のある尾根歩きをしようと、AYさんと
朝一番の蓑毛行きバスで出かけた。



≪ 本日のコース ≫

蓑毛バス停―ヤビツ峠―三ノ塔―新大日―長尾尾根―黒龍尾根―
一ノ沢峠―唐沢林道―物見峠―煤ヶ谷―道の駅 清川

※ コースは、AYさんからいただいた下図参照。
  歩く場合 地形図が読め、コンパスが使えることが最低条件








朝の柏木林道に台風21号の名残り(振り返って撮影)




でも、倒木は、この一本だけだった。




三ノ塔の小屋を点検、異常ナシ。

右に大山を眺めながら、



お気に入りの景色へ。予想ではスカッと晴れるはずがガスじゃん!(涙)




AYさんの定点観測の二本のブナ。




政次郎ノ頭への登りがシンドイけれど、




上部のガレ場は嫌いじゃない。




振り返れば、三ノ塔が遠い。左には大山。




「書策小屋の跡地」前のベンチでのランチは、最近、はまっているメンチかつ弁当と、
AYさんのフルーツ(いつも ごちそうさまです)




予定では、表尾根で塔ヶ岳、
下山はマルガヤ尾根から後沢径路で寄へ。
なーんて考えていたのに、
時間がたっても一向に青空が のぞめず
行く手の塔も鍋割方面も 既にガスの中、
このまま行っても楽しみにしていた展望は得られそうもない。

ということでAYさんと相談、長尾尾根から一ノ沢峠を越えて
煤ケ谷まで、ということになったのだった。



長尾尾根に入る。ここを歩くのは10年ぶりぐらいになるかも。嬉しい♪




うっすら、秋の気配が漂って




ブナも元気な美尾根。




乗り心地の良さそうなモノレールと、荷揚げのヘリに遭遇した。




長尾尾根は傾斜が緩やかで階段もなく、足にやさしい。




札掛には下らず、真っすぐ黒龍尾根で県道へ下る。

途中に、使われていなさそうな東屋がポツンと建っている(振り返って撮影)



県道を横切り、物見峠入口から下りて行くと、布川が増水していてビックリ!

こんな状態の時は初めてなので、この先、大丈夫かなぁと少し心配になった。



一ノ沢峠までの何本かの木橋のうち、最後のが真っ二つ。

一ノ沢峠。倒木と、一部が壊れたベンチは、春に来た時のまま。ひと休みして唐沢林道へ。



今回のルートで、一番 台風の痕跡を残していたのが唐沢林道だった。




石や土砂、倒木などが散乱していて、風雨の強さがうかがわれた。




小沢から流れ出た土砂でガードレールもこんな状態。




小唐沢橋のそばでは滝も出現!林道に溜まった土砂を横断して




唐沢川に流入していた。既に調査が入っているらしく、車輪跡があった。







林道から大山北尾根末端付近と20号鉄塔を見る。




物見隧道脇の階段から物見峠へ。急で長いのでキッツーイ!!

峠からのトラバース道では二ヶ所の崩れ。歩ける範囲でホッ。



無事に谷太郎林道へ出た。

今日は谷太郎川も水量が多かった。



尾根歩きを続行していたら、出あわなかった場面にビックリ!!
「先に何があるか分からない」のが人生だけど、山も同じだね。
もし、アッチの行程を行ってれば、どんな体験をしていたのだろう、
なーんてね。
今回はコッチで正解だった・・・・?

AYさん、花が思っていたより見られて嬉しかったです。
ありがとうございました。



≪ 本日の出あい ≫

リュウノウギクが まだいっぱい。




ヤクシソウ




ホトトギス




ノコンギク




リンドウ




キッコウハグマ




イタドリ




マムシグサ
pageあ



センブリ
pageい



ヤマトリカブトとマルハナバチ




これは何だっけ?




タイアザミ




ウメバチソウの残り花発見♪




フジアザミ






10月24日に遭遇した 台風21号の爪痕

        
  

≪ とり敢えず速報で、9枚の写真掲載 ≫ 


本日、AYさんと下記のコースを歩いた。
その中で、布川と唐沢林道の様子を先に写真で。


蓑毛―ヤビツ峠―三ノ塔―新大日―長尾尾根―黒龍尾根―
一ノ沢峠―唐沢林道―物見峠―煤ヶ谷

 



<布川> 








<唐沢林道)>














<小唐沢橋>













トロッコで秋風きって いざ黒部峡谷




黒部峡谷鉄道 宇奈月駅。トロッコ電車の連結車両が長いのにビックリ!



客車は3種類。これは運賃に車両券370円が必要な特別客車(窓付)で、背もたれ付き。

普通はこちら。オープン型で、窓も背もたれもナシ。「トロッコ」感を味わうには、
やっぱりコレ!だけど、風雨だとミジメ~



10月10日

雲がやや多く、昨日ほどのお天気ではないけれど、
今日も暖かい。
幸いにも今回、寒さ対策は完全に空振りだった。

宇奈月駅で少し待ち時間があったので、
駅のそばにある関西電力「黒部川電気記念館」(入場無料)に寄ってみた。
「黒部と人の水物語」というテーマで、
映像やグラフィックで体験できる展示が面白そう。
でも、じっくり観る時間的余裕がなく残念だった。以下2枚、館内で撮影。



文字が小さくて読めないかな。





黒部峡谷のトロッコ電車といえば、赤い新山彦橋の写真が有名だけど、これは
宇奈月ダムのそばにかかる湖面橋。この辺の標高は224mほど、まだ紅葉には早かった。




途中でスレ違った電車には、リラックス客車(車両券530円)が連結されていた。
椅子の大きさが違うようだ。




出発後、見どころの説明が車内放送で流れる。ン? どこかで聞いた声と話し方!
ナント、女優の室井滋さん(富山県出身)だった。さすが、お上手で聞いていて楽しい。




あんな所に!?と思うような場所に、吊橋がかかっているのを いくつか見た。




手前右の赤いのは「仏石」。




約25分で「黒薙(くろなぎ)駅」。宇奈月スタート後、9駅あるが、一般客は ここと、
「鐘釣(かねつり)駅」、「欅平(けやきだいら)駅」しか乗降できない。




「後曳橋(あとひきばし)」は、沿線で最も峻険な谷に架かる橋で、高さ60mもあるそう。




「出し平ダム」は、排砂ゲートが2ヶ所あり、黒部川の大量に堆積した土砂を流下できる
構造になっているのだとか。排砂ゲートってどこ?




これは「ねずみ返しの岩壁」だったかな。




すぐに「黒部川第二発電所」。パンフレットによると「富山の建築百選」に入っているとか。




そばには「猫又駅」。また、電車とスレ違う。乗客同士で手を振りあうのが面白い。




この「東鐘釣山」を過ぎると、標高443mの「鐘釣駅」。
宇奈月からちょうど1時間だった。




欅平まで乗車時間は あと20分なのに、
ツアーの悲しさ、今日は鐘釣駅から引き返す。
できれば祖母谷(ばばだに)温泉まで行きたかったなぁ

でも、黒部川の河原で温泉が楽しめるというので、
昼食をとってから、往復30分の道のりを行ってみた。

途中に、万年雪があるとパンフレットにあったけれど、
最近は見られなくなったとのこと。温暖化の影響だろうか。



長い階段を下りて河原へ。上流を見る。

流れの端は ぬるま湯、少し川から離れると 熱いお湯だった。
ツアーで一緒の方と、私も試してみた。



短い散歩のあと、宇奈月へ戻るため、再びトロッコに乗った。
と、まず後ろに走る!ここは「スイッチバック」になっているのだった。



帰りは、なぜか行きより早く感じた。対岸の沢型に溜まった堆積物に思わずパチリ。
この「ぶな」、一本だけに付いてた名札。なぜ?




トロッコは幅も狭く、高さも低いので運転席も窮屈そう。

線路の幅は こんなもん。



対岸の涸れ沢の堰堤、これだけの所に12基!丹沢より過激?
周りの急斜面から土砂が集まるからだろうね。




木々は わずかに色づき始め、水面のブルーを引きたてていた。
 




旅行前後のお天気を考えると、本当に良い時に行かれたなぁ
ホント、ラッキーだった♪
特に、アルペンルートの9日は、地元の方もジッとしていられずに
混雑覚悟で出かけてくるような お天気だった。
山も旅行も、お天気が一番だ!!

二番めは人が少ないこと。
今回は連休で、とりわけ多かったのだろうけれど、
いつでも出かけられる自由を、もっと活用しなければ勿体ないね。
まぁ、有名どころはウィークディでも人は多いのだろうけど。







扇沢から立山黒部アルペンルートを行く

  

ああ 最高♪ 今回 見たかったものの一つ、黒部平から、昨年 歩いた山々を望む。



10月9日

立山黒部アルペンルートは、
昭和46年に全線が開通して、今年で46年になるそうだ。
6種類の乗り物を乗り継いで、移動時間は約3時間。
今日は連休最終日で、お天気も昨日より良さそう。
紅葉目あての人出も多いだろうなぁ

去年の7月、Kazさんとイガイガさんに連れて行っていただいた
針ノ木岳登山の際に、鳴沢岳と赤沢岳の間、1対2ぐらいの所の下を
扇沢から黒部ダムに行く、トロリーバスが通っていると教えてもらったので、
ぜひ、そのバスに乗って、反対側から歩いた山々を見てみたいと思った。

実は若いころ、黒部ダムには行ったことがあるので、
このルートは通っているはずなのだけど、
そのころは そんなことを知る由もなく・・・・

≪ 針ノ木岳の記事 ≫
http://hapimero.blog133.fc2.com/blog-entry-586.html


そして、ちょうど7日放送の「ブラタモリ」は黒部ダムだった。
何てタイムリー♪ テレビに かじりついてシッカリ観た。
知らないことがイッパイだった。
特に、破砕帯の通過が楽しみだ~

≪ ブラタモリ 10月7日 黒部ダム第1回 ≫
https://www.nhk.or.jp/buratamori/map/list86/route2.html



≪ 本日のコース ≫

扇沢駅(関電トンネルトロリーバス 6.1キロ 16分)―黒部ダム(徒歩15分)
―黒部湖(黒部ケーブルカー 0.8キロ 5分)―黒部平(立山ロープウェイ 1.7キロ 7分)
―大観峰【だいかんぼう】(立山トンネルトロリーバス 3.7キロ 10分)―室堂~
天狗平~弥陀ヶ原~美女平(立山高原バス 23キロ 50分)―
立山駅(立山ケーブルカー 1.3キロ 7分)


この写真では、左から右への移動。




去年、この前を通過した。懐かしい~




電気で走るトロリーバス。2018年に運行終了予定で、その後は電気自動車になるとか。

青いライトの破砕帯 80mの通過は一瞬だった。



(1)黒部ダム

ダムでは、もちろん220段の階段を上がってダム展望台へ。
迫力ある放水を写真におさめ、破砕帯の湧き水をペットボトルに詰めた。

黒部ダムは、アーチ式と重力式の複合型の構造というのを、
ブラタモリの第2回を観て知った。

≪ ブラタモリ 10月14日 黒部ダム第2回 ≫
https://www.nhk.or.jp/buratamori/map/list87/index.html



まずは、富士山、白山と共に、日本三霊山とされている立山と黒部ダム。




次に黒部湖。左奥 正面は赤牛岳(2864.2m)。




最後に放水。右下に虹が見える。これは新展望広場からだったかな。




ダムの上でダム展望台を振り返る。




こちらは、昨年6月に新設したレインボーテラス。ここは行かなかった、残念!
正面は黒部別山南峰(2300.3m)。




黒部湖駅に向かう。ダムの幅は約500m。




あんな所にチョコンと乗っている?大観峰駅のある位置がスゴイ!
(少しズームで)




さらにズームすると、左下に立山ロープウェイが見えた。後ろ、絶壁ジャン!(汗)




紅葉が華やかだ~




次は、黒部ケーブルカーで黒部平へ向かった。日本で唯一、全線地下式なんだそう。




(2)黒部平


バックは左から鳴沢岳と赤沢岳。




トップの写真もここで撮影した。赤沢岳はドッシリ感があるなぁ。迫力満点。




中央左がスバリ岳、右が針ノ木岳。後立山の西側も急峻。




全体をもう一度。シツコイ(笑)




ふり向けば大観峰。
黒部湖より約350m高くなったので、立地も穏やかに見える。
この辺りの標高の紅葉が一番 綺麗だった。



これから、この向こう側に行くのだ。今日の記念写真は ここで。




黒部平から立山ロープウェイで大観峰へ。1.7キロの間に支柱がないのは、雪崩で
流されないためにだそう。混んでいてロープウェイの写真が撮れなかったのが残念。




(3)大観峰


黒部平より約500m高度が上がった、大観峰の屋上展望台から後立山南部。
大観峰は崖にせり出すように建っているので、屋上以外、外に出られない。この写真のみ。




立山トンネルトロリーバスで、いよいよ室堂へ。電気で走るトロリーバスは、
日本ではアルペンルートの2路線だけだそう。




(4)室堂平


室堂、弥陀ヶ原、美女平。
以前から、この魅力的な地名に惹かれていた。
いったい どんな所だろう? 興味津々。

行ってみたら、想像していたのとは全然 違ってた。
当然?(笑)
「百聞は一見にしかず」だよね。



観光地「室堂平」。柵の手前では、写真屋さんが何組も撮影の勧誘をしていた。




室堂平から見える山々 ―その1―  




室堂平から見える山々 ―その2―




室堂平から見える山々 ―その3―




地獄谷と奥大日岳。この奥が観てみたかったけれど、残念ながら立入禁止。




アップで。火山性ガスの臭いが強く漂っていた。




ミクリガ池は、立山火山の水蒸気爆発でできた凹地に水がたまった火山湖で、
水深15m、周囲631m。「みくり」は「御厨」と書き、神様の食物を調理する所のこと。
立山三山(浄土山、雄山、別山)の三段紅葉が水面に映るとか。綺麗だろうなぁ



黒部にはなかったけれど、室堂駅には、あちこちに このポスターが。
21日の放送、楽しみだな~♪



標高2410m、日本一高い場所の天然温泉。源泉は地獄谷だそう。




ここでもガスが。左はじは奥大日岳。




へぇー、国指定の天然記念物? 左奥の説明板を見ると、




なるほどね。で、「山崎カール」って どこよ?




実物の山と、説明板の写真を何度も見比べて・・・・うん、ここだね!




雷鳥荘まで行きかけたけれど、時間がないので諦めた。左に小さく見えるのは、
雷鳥沢ヒュッテのようだ。正面奥にわずかにのぞいているのは、




剣岳。早月尾根をアップで2枚。上部と その下。






緑色は安全なのかな?




赤い水たまり?




せめて花の名残りを(チングルマ)




ミドリガ池を通過して




立山にバイバイ。今度は山に登りたーい!!




室堂から美女平まではバスで50分かかるので、全員着席制。ホッ!




バスの中から「称名滝」をパチリ。落差350mは日本一だとか。




美女平ではケーブル、約1時間待ちだったので、遊歩道を散歩した。
タテヤマスギが多いそうだ。
カメバヒキオコシが群生していたけど、暗くてボケボケ(涙)



左:美女平駅にケーブルが入ってくるところ。 右:立山駅で降車後。前に荷台が付いて
いるのは、黒部ダム建設用の資材を運んでいたからだとか。

はい、立山駅に到着で、本日の行程 無事終了~!


6種類の乗り物による移動で終わった一日。
やはり連休最終日ゆえに、どれも混み混みだったけれど、
各乗り物はアトラクションみたいで楽しかった。

今回で、少し様子が分かったので、次は山をからめて個人で行きたいな。

さぁ、明日はトロッコに乗って黒部峡谷だ♪






秋に行きたかった 三ヶ所を巡る旅へ

 
 
10月8日~10日

10月は私の誕生月なので、Birthday present として
「行きたいなぁ」と ずっと思っていた所へ行くことにした。
・・・・行かれる時に行っとかないと、悔いが残るからね。

個人で行くことも考えたのだけど、一人だと宿泊費が高いし、
乗り物利用が多く、チケット購入など手間もかかる。
ということで、希望の三ヶ所を含んだツアーを見つけ、参加した。

あいにく8日、9日は三連休のうちの二日間で、
ドッと繰り出した人人人。
かなり行動にも影響があったけれど、
お天気には恵まれ、“大自然の秋”を満喫してきた♪

写真が多いので、記事は各日ごとにして、
まずは一日めの栂池自然園から。



10月8日

朝、東京駅を発って、午後から栂池自然園へ。
ここは花の時季に来たいと思っていたけれど、
知人の「秋の紅葉時も良いよ」との お勧めに、
ならばってことで。



自然園に向かう途中で立ち寄った「道の駅 中条」から鹿島槍が見えた。
カッコイイ!(ズーム撮影)




9月14日に道の駅中条敷地内で、毎年恒例の「ジャンボかぼちゃコンテスト」が
行われたらしい。20キロから大きいものは60キロ以上のものまで並ぶんだとか。
でも、今はこれ一つだけが置かれていた。スマホ立てて大きさ比較。




白馬三山も雲の合間から顔を出して、うれしー。




栂池公園駅から、ゴンドラリフトとロープウェイを乗り継いで、
標高約1900mの湿原へ。朝は1時間待ちだったとか。
午後なので、さほど待たずに乗れたけれど、帰りが怖いなぁ



入口付近では、ヘリが山から荷物を下ろす作業中だった。




草モミジは綺麗だった。でも、木々の紅葉には少し遅かったかな。
葉を落としたダケカンバの幹が、白く目だっていた。

一番奥の、展望湿原まで行きたかったのだけど、
時間の制約があり、浮島湿原を回って戻った。
その間の園内の写真を何枚かピックアップ。















上の写真の左下と、この写真の右下はオオシラビソ。シラビソより葉が密集している。
この辺では「つがの木」と呼ばれているが、八幡平では「アオモリトドマツ」と言っていた。




オオシラビソの葉                ウラジロナナカマドの実


ゴゼンタチバナの実               風穴からは涼風が吹き出していた。











ダケカンバも雪の重みでクネクネ。
















時間がなかったけれど、通りすがりの方にお願いして、記念写真を一枚。




ロープウェイの最終は4時40分。
4時に並んだのだけど、40分待ちだった(汗)
連休の人出のスゴサを思い知らされた。

今度は、花の時季に個人で の~んびり来たいなぁ。
もちろん連休や土日は避けて平日にね。



ロープウェイの中から振り返って。




右手。




前方。




三段雲海(笑)
 



二日めは、一番 行きたかった「立山黒部アルペンルート」へ♪







Index of all entries

Home > 2017年10月

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top