Home > 2014年10月

2014年10月 Archive

≪紅葉を追って:第一弾≫ 寄から 熊木沢、水晶平、ユーシン沢 横断しユーシン歩道で下降






この景色、贅沢だねぇ♪正面に蛭ヶ岳がクッキリ、熊木沢の両側は紅葉バッチリ!! 

 

AYさんから、大石山&同角ノ頭への紅葉狩りのお誘いをいただいた。
ちょうど行きたかったエリアだったのでハッピー♪

でも、そっち方面へ行くなら、水晶平の黄葉のブナ林をぜひ見たい~!
ダメモトでリクエストしたら、さすがAYさん!!
それでは、熊木沢から横断ルートで行きましょう。
ということになったのだった。

あいにく、陽が短い時季なので、計画した目的地には辿りつけなかったけれど、
次回の偵察もシッカリ行ったので、今回はこれで大満足。

最後に、夢のようなラッキーもあって、最高の紅葉狩りとなったのだった。



10月29日
メ ン バー:AYさん、はっぴー

コ ー ス :寄大橋―寄沢―雨山峠―雨山橋―熊木沢―水晶平―
        ユーシン沢―ユーシン歩道―北へ偵察―檜洞出合―
        ユーシンロッジ―玄倉林道ゲート―玄倉バス停
                         (行動時間:およそ11時間)

※ コースは上図。地形図が読めコンパスが使えることが最低条件



今日は、最近めずらしいほどのピーカン!
始発電車で待ち合わせ、車内であれこれルートの話をしていたら、
なんと ひと駅 乗り過ごしてしまった(笑)
急いで渋沢駅まで戻って、タクシーで寄大橋へ。


・・・・もしかして、このアクシデントがなかったら、最後のラッキーはなかったかもしれないね。



途中で、たわわに実を付けたガマズミに出あった。こんなに立派なのは初めて。 



崩落箇所は道が付け替えられていた。感謝!



雨山峠へと向かう途中の秋色をパチリ。



はい、おなじみの雨山峠からの富士山。今日は最高!!



イワシャジンも まだチラホラ咲いていて、目を楽しませてくれる。



最初のひと山を越えて、玄倉林道の雨山橋へ下る。



沢沿いにはイワタバコの葉が青々と元気。



ここ、以前は直進だったけれど、今は沢へ長い階段で下りる。



雨山沢、水が冷たそう。




雨山橋に下りてきて、玄倉林道を奥へ向かっていると
後ろから車がやってきた。
ハンターの方々で、水曜日は管理捕獲の日なんだそう。

一応、地形図を出して歩くコースを説明すると、
熊木沢と水晶平付近にいるハンターに無線で連絡をしてくれた。



10月11日に通ったゲートを再び奥へ。



終わりかけのシラヒゲソウ。



手掘りの隧道はアジがあるね(振り返って撮影)



熊木ダムの水の色が二色に見えた。



ようやく紅葉らしい紅葉の登場!青空に映えるね~



今日は箒杉沢方面ではなく、下の熊木沢に向かう。



そして、これこれ、このハシゴを登りたかったのだー♪



初めての熊木沢に、この時季にこられて嬉しいな~



弁当沢ノ頭西側斜面の紅葉が、ひときわ美しかった。



ここから取り付いて水晶平を目ざす。



広くて、ずっと急傾斜の続く尾根には、見事な大木が多かった。



この木もスゴーイよ!!クマさんの ねぐらになりそう?



ずっと急登。ガマンの登りだ。
送信3


大モミの傍らに立って太さ比べ~(笑)
送信4


ブナも大きい!!



秋を満喫したのだった。
送信8


そして、今年はあきらめていた水晶平へ♪
送信9


スッキリ晴れた青空に、鮮やかな二色。自然の色はいいなぁ



ここでランチは最高だったけど、猟犬の鳴き声や姿でチョット落ち着かなかった。



食後、ユーシン沢へ下降した。



青空のカンバスに、モミジの濃淡も よいね~



今年初見のキッコウハグマに出あえて、うれし~!



ホンの少し沢を下って、支尾根の末端からユーシン歩道に登る。
送信11


赤、黄、オレンジ、緑の彩りに、つい足が止まる。




ユーシン歩道に乗った所で、予定していたコースは時間的に無理と判断。
相談の結果、一番 手っ取り早く林道に出られる この尾根を下ることにした。
でも、その前にチョット次回の偵察もしておこう。



ユーシン歩道からの左右の展望も素晴らしい。滅多にない快晴だからね~(3枚)









さあ、今日も十分 楽しんだ。満足してユーシン歩道を下ろう。



檜洞・ユーシン沢出合からは沢下りなので



ズッコケてケガしないように気を引き締めた。
送信14


右岸の巻き道を下りて、一応パチリ。



ようやく沢とバイバイでホッ。でも、まだ気は抜けないな。




ユーシンロッジではハンターの方々が(報告会のためかな?)集まっていた。
人数が思ったより多かったのでビックリした。
まだ後から来る車もいたし、ずいぶん大がかりでやっていたようだ。。

さて。
我われは、玄倉17:31発のバスを逃すと、
その後 2時間待ちなので、ゲートまで1時間で戻らなくてはならない。

本日の核心は この林道歩き!!
とても長い山行後とは思えないような“必死の走り”だった(笑)



といっても、写真撮ってるな~(笑)
送信15


ここは いつもシャッターを切ってしまうね。




境隧道を抜けて、あと ひと頑張り半くらいの所で、
ハンターの方々の車が追いついてきた。
数台をやり過ごして、また走り出すと、後ろにいたAYさんに呼ばれた。
戻ってみると、朝、話をした方だった。

ナント同乗させていただけるとのこと!!!
正に、夢のような“天の助け”に、飛びあがって喜んだー♪♪♪

結局、大倉のバス停まで送っていただき、16:51のバスに乗ることができた。
思いがけない ご好意に、二人で心から感謝したのだった。


AYさん
今回も、ロング&ハード(林道歩きがね!)でしたが、
素晴らしい山遊びでした。ありがとうございました。






ヒャッホー♪ 丹沢湖でサイクリングだー♪♪

 


ダム広場でランチ~♪ルンルンでペダルを踏む。正面は六郎小屋山。 



10月25日
話せば長いプロローグを、「ヒョンなことから」のひと言で省略(笑)、
結果的に丹沢湖でサイクリング♪という初めての体験をすることになったのだった。

今まで湖の一部を、バスや車で素通りしていたので、
知らないことが結構あって、勉強になった。

心配だったお天気は秋晴れとなり、
風を切って走る爽快感は、何だか やみつきになりそうだ。



まず車で一周。登りの少ない、時計まわりと逆まわりでスタート。Pは「千代の園地」




千代の園地の駐車場から、富士山が見えるという展望台へ。 



残念ながら、今日は雲の中だ。でも、このアングルの景色は新鮮だ。



湖面には、なんと! 57もの橋がかかっているそうだ。



チョット一枚。あれっ、自転車がもう一台あるぞ(笑)



中川橋からの眺めだったかな?なかなか良い景色だ。



焼津を過ぎて「あゝ湖底のふるさと」の碑があった。



知る人ぞ知る(笑)「おかべ商店」で飲み物を調達。



永歳橋はスマートでカッコイイ。



自転車で渡れるなんてハッピーだなぁ



いつも何だろう?と思いつつ、入ったことがなかった「三保の家」へ。



説明を読んで、納得。



まず、家の周りの様子を3枚。写真には写っていないけれど、この辺は観光客も多かった。









家の中の様子を4枚。けっこう広くて立派なのでビックリ!!












もう お昼時なので、三保ダムでランチにすることに決めた。



ゆる~いスロープになっていて、ここは最高に気持ちが良かった♪



おっ、丹沢の「三段紅葉」だ!なーんちゃって(笑) きれいだな~



本日のランチはカップラーメン。チャーシューと玉子入りの豪華版。コーヒー&おやつ付き。



へぇ~、これ見ると、やっぱり知らないことが多いなぁ



こんなの初めてだしさ~(笑)



ここも通ったことないと思う。



これがダムなんだ!?宮ヶ瀬よりシブイね。



河内川の向こう岸で何か工事してるのかと思ったら、
伐採した木?でチップを作ってるようだった(ズームで撮影)




こちらは、途中で出現したおサルさんグループの一匹。このポーズいいね!(ズームで撮影)



秋でしょ!!!



同行者が言うことには「本日の核心」はここだそう。上に【三神隧道】と彫られていた。



トンネルの手前右から登ってトンネルの上に出ると、なんとそこは登山道で標識があった。
二人でビックリ~!




そして、下りた側にはロープがついていたので、これにもビックリした。



短い探索終了で、サイクリング再開。ワッホーイ!!



この名前が面白いね!



この辺は下り坂だから楽チン♪気持ちがいいな~



途中の道路わきに「白龍神」と「川天狗」の碑があった。「日本むかし話」に出てきそう。



こんな景色を見ながら・・・・



駐車地を目ざして走る。あれ~、この影は??



ああ、お尻が だんだん痛くなる~クッション欲しいわ(笑)



雲が いいなぁ それぞれのアジがあって、見飽きない(3枚)









はい、同行者登場!長~い脚で小さな自転車、お疲れさまでした。




イガイガさん ありがとうございました。
丹沢湖観光周回サイクリング、楽しかったです。

・・・・ちょっとアジをしめたかも(笑)

記事はサラッと流しましたので、補足説明など
よろしくお願いいたします。










秋の白馬物語 -2-

 


「大出の吊り橋」と、バックは白馬岳方面。スッキリ晴れれば三段紅葉の絶景スポット 


雲が切れた瞬間をズームで2枚。う~ん、これ見ちゃうと気持ちがぐらつく~


 


10月21日

朝になると昨夜の予報より、お天気が悪くなっていた。
今日は八方池まで行くつもりだったのに、ついてないなぁ・・・・
ボヤイタところで しょうがないので、代替えの予定をあれこれ考えた。

とりあえず、ホテルの送迎バスで白馬駅に出て、
春に行かなかった「大出(おおいで)の吊り橋」へ行ってみることにした。
ここは、晴れていれば素晴らしい眺めらしいけれど、今日は やっぱりダメだった。

でも、時々雲が切れて山が見える。
これがいけない!あきらめきれない!!
結局 白馬駅へ引き返し、
タクシーでゴンドラリフトの八方駅に向かったのだった。


白馬村へは 長野駅からホテルのバス。白馬駅に来ることは なかったので新鮮!



八方駅(770m)

  |  高度差630mをゴンドラで8分

兎平(1400m)

  |  高度差280mをリフトで7分

黒菱平 鎌池湿原(1680m)

  |  高度差150mをリフトで5分

八方池山荘(1830m)

  |  高度差230mを徒歩80分~

八方池(2060m)



兎平へのゴンドラ内から撮影。春に右はじの草地を登ったっけ。秋は紅葉がきれいだ!



あっ、ホラッ、青空がのぞいてるよ♪



標高1680mの鎌池湿原からは、晴れていたら右側に白馬三山が見えるらしい。



八方池に向かう途中で、湧き上がるガスとダイナミックな雲に見とれた(3枚)



左側を少しズームで撮影。



さらにズーム!



振り返ると、雲の合間から白馬村が見えた。



木道が、とても歩きやすかった(2枚)





ガスが晴れれば、正面にはこんな山々が そびえているんだね。



八方池、見えた!!ここは唐松岳&不帰ノ嶮(かえらずのけん)の絶景スポットとか。



近くまで木道が続き、周囲を一周できる。





飯森神社奥社が祀られていた。今度 来た時は奥へと尾根を辿りたい。



見られなかった景色を看板で眺めた(トホホ)



帰りは兎平で、大好きなキノコ汁を食べようと決めていた♪



お天気に恵まれず残念だったけれど、
行きたいと思っていた八方池まで行かれたので気持ちスッキリ!!

の一方で、「能生のベニズワイガニ ツァー」(千葉の方々主催)に未練が残る~(笑)
次回の二択があるならば、今度はぜーったい「花より団子」でいこうっと!!!



10月22日

朝から冷たい雨、昨日より さえないお天気だけど、
今日は帰るだけなので問題なし。

長野駅で別の宿泊先の方々と再会し(ちょっと懐かしい)、
新幹線で東京駅へ。
秋の旅行 終了となった。






秋の白馬物語 -1-

 


ホテル「オークフォレスト」は築2年、 こじんまりとして落ち着いた雰囲気が良かった。


春に続いて、今年二回めの白馬へ(夏は斑尾高原だった)
19日~22日まで、3泊4日で行ってきた。

最近、気に入って利用しているのが、某旅行会社の
行きと帰りの電車のみ添乗員の方が同行するけど
あとは「自由行動で、一人一部屋同一料金」のツァーね。

の~んびり温泉に入って、上げ膳据え膳で美味しいものを食べて
訪問地の写真を撮る。まさに私には「至福の時」だ。
さあ、貴重な4日間の始まり~♪♪


10月19日

集合の東京駅では大人数だったけれど、
長野駅からは、各自申し込んだホテルに分かれるので
オークフォレストのお迎えバスに乗ったのは、男性4人と女性5人だった。

今日は快晴、でも明日からは お天気があやしい。
ああ、このお天気もったいないなぁ・・・・と思いながらも
ホテル着が午後2時過ぎなので どうしようもない。

結局、ひと休みした後で、
ホテルから近い長野オリンピックのジャンプ台を見に出かけて
一日め終了となった。

まぁ、の~んびり ゆったりが本来の趣旨だから
お天気が続くなら これでいいんだけどね~


ハンパない角度にビックリ!!
右:ラージヒルスタート地点  左:ノーマルヒルスタート地点だそう。




全体を見ると高所恐怖症の私は、さらにビビる。






夕食はバイキングでなく、日替わりの和食、
最近はバイキングが多いので、これが参加者のみなさんに好評のようだった。
なにしろ、私を含めて中高年だもんね(笑)

女性4人は、みなさん私より ご年配。
80歳の方は、旅行に行きたいのでスポーツクラブに通われているとか。

毎日、クルミやカロリーメイトや高カカオのチョコレートを食べて、
毎月旅行を楽しんでいるという方もいらっしゃった。
前向きな方ばかりで、若い(笑)私は大いに刺激されたのだった。



10月20日

昨日、到着してすぐ、支配人から紅葉スポットの案内があった。

今年は例年より紅葉が早く、八方尾根の方は既に終わっているとのことなので
今日は岩岳(1289m)に行くことにした。
ゴンドラの山麓駅へホテルのバスで送迎してくれるとのこと。
結局、女性二人を除いた7人が一緒に行くことになった。

バスは9:30発なので、それまで周辺を散歩することにした。
以下、本日の朝の出あい♪


マユミ?ツリバナ?どっちかな~と思ったけれど、両方違うかもしれない。
→ コマユミの実だった。「大倉尾根」さんに送られた知人の方の写真で判明! 



アキノキリンソウ



イヌハギも清らかで美しい



マルバハギ



センニンソウも種になって綺麗だ



ガマズミの実はきれいな赤



オミナエシの花が終わり、枯れ色?になってた



ムラサキシキブ



ハクサンフウロかな?



ナンテンハギかな~?  



シオガマの仲間かな? やっぱり色はいいけど形はチョット・・・・(2枚) 





秋の色あい




だんだんお天気が悪くなる中、送迎バスで岩岳へ向かう。
男性は3人のグループと単独の方のようだった。

ゴンドラで一気に530m上がって山頂駅に着いた。
岩岳山山頂の標識があるブナ林を気ままに散策していると、
雨がポツポツと落ちてきた。予報より早いじゃん!

あわてて本日のメインの「ねずこの森」へ向かった。


ゴンドラを降りて、八方尾根方面を望む。



ブナ林に囲まれた岩岳山山頂(1289.62m)



今年は二度の台風にやられて、葉が一部 茶色になっている。黄葉はイマイチで残念!



ヤマにはガスが かかり始めた。



支配人イチオシの「ねずこの森」は、それなりに紅葉が綺麗だった。






雨のせいか、他の同宿の方々の姿は見えなかった。
ゴンドラ山頂駅そばにあるレストランで雨宿りされているのかもしれない。
お迎えは午後1時、まだ数時間はあるので時間つぶすのが大変だろう。

私は、「うまブナ」や「ネズコの巨木」を探しに、奥へと向かう。
今年はブナの実が不作で、クマさんが里近くに頻繁に姿を現しているそうだ。
まわりに人がいないので、散策路の途中に設置してある鈴を鳴らしながら歩いた。


散策路の一番奥に、馬の形に似た「うまブナ」があった。
冬2~3m積もる雪の重みで変形したそうだ。




森で一番 鮮やかな紅葉に感動した。



奥の方の南面は落葉樹が多く、色とりどりの紅葉が見事だった。来て良かったな~!



そして、ネズコの巨木にも会えたよ♪








雨が本降りになってしまったけれど、帰りのバスは とても楽しかった♪
千葉からこられた男性の3人グループの方々が、メチャクチャ面白かったのだ。
涙が出るほど笑ったのは、本当に久しぶりだった。


                     ※ 明日へ つづく



懐かしい森






ここは懐かしい  思い出の詰まった場所だ

あの木のそばで  初めてアカハラを見たっけ
雨の中  ここで みんなでお弁当を広げたっけ
ああ あそこの雰囲気も  胸に残っているなぁ

今は もう 同じ時を過ごした人たちは 遠い
なのに そばにいない人たちとの記憶が 
あふれて切ない

みんな どんな時を過ごしているのかな・・・・ 



























玄倉から不動ノ峰南尾根を登り 魔法のロープ経由で宮ヶ瀬まで




棚沢ノ頭付近からの展望。9月4日の時はガスの中だったが、今日は富士山もウッスラ♪ 


 9月3日の記事で
「あの尾根も登ってないなぁ」「箒杉沢も未踏の地」と書いた。

でも、なかなか行く機会はないだろうなぁ
と思っていたら、AYさんが声をかけてくださったのだ。 
(・・・・感謝です)

ということで、
当初は弁当沢ノ頭から棚沢ノ頭へ登る予定だったのだけど、
3つの下山ルート候補との兼ね合いなどで、道々相談の結果、
東隣りの不動ノ峰南尾根を登ることにした。 

えへへ、こっちの方が断然 面白そうじゃん!!
と、“良からぬ虫”が囁いたのは当然だった(笑)



10月11日
メ ン バー:AYさん、はっぴー

コ ー ス :玄倉林道ゲート―熊木沢出合―箒杉沢―不動ノ峰南尾根
        ―不動ノ峰―棚沢ノ頭―白馬尾根―本谷沢左岸尾根―
        「魔法のロープ」―本谷沢―大滝沢出合―雷平―伝道―
        魚止橋―早戸川林道―早戸川橋―宮ヶ瀬
                             (行動時間:12時間25分)

※ コースは上図。地形図が読めコンパスが使えることが最低条件



本来は9日の予定だったけれど、
お天気が良くなかったので2日遅れでの実施となった。
せっかく行くのだから、今度は周りの景色を楽しみたいものね。

幸い今日は山遊びには気持ちの良い日で、
延期して正解だったと喜んだ。

再度、AYさんの恩恵にあずかり、玄倉ゲートまでタクシーで入った。
運転手さんは長野のご出身で釣りが趣味だそう。
会話が弾み、あちらから蛭ヶ岳の墜落機の話が出たのでチョット驚いた。

林道には思った以上に花が咲いていて、
大きなカメラを持って来れば良かったかと、少し後悔したほど。

のんびり写真を撮っていると、後ろから話し声が近づいてきて
なんとardbeg さんと ひろさんだったのでビックリ。
どこに行くかは未定のまま出かけてきたそうだけど、
沢靴ではなかったので、はて、どちらで遊ばれたのかな~

玄倉林道はユーシンまでは比較的入ることが多いけれど、
その先は過去4回くらいしか行ったことがない。
それもすべて鍋割側がらみだった。

だから今日は本当にワクワクしてる♪


ここから下りて行くのは初めてだ。



箒杉沢は上から見たことはあるけれどね。正面は丹沢山。



アザミの大群生は同日、MASAHIKOさんも撮影されていた。



中央が登る尾根。AYさんは10年くらい前に登ったそうだけど隣の尾根より面白かったとか。



徒渉後、取りつき点を探す。結局、右側の岩をよじ登った。



カメラ小さい方で正解だったかも(笑)



すぐに、こんな板があったけど、判読不能だった(振り返って)。しばらく急登が続いた。



本当はこの尾根を登っているはずだった。



樹間から箒杉沢が見えた。 



植林に入った。ほぼ・1253m近くまで続いていた。



途中に こんなものがあったけれど、倒壊寸前。ほとんど効果ないのでは?



1253mが近づくと自然林になってくる。気持ちがいいなぁ



そしてアセビの林に。



1380m付近が この尾根で一番 良い雰囲気だった。



世代交代の林(振り返って撮影)



ところどころで紅葉が始まっていた。



上部になると植生保護柵が出てきた。



低いササ原は のっぺりしていて分かりにくいけれど、けっこう傾斜がキツイ。



ナナカマドの実がきれいだな~♪



倒木をかいくぐって行くと・・・・



「不動ノ峰」の道標の裏だった。



1614mは蛭ヶ岳に次ぐ丹沢で2番目の高さ、AYさんにとって記念すべき高度となった。



登って来た尾根を振り返って眺める。



そして棚沢ノ頭へ向かう。見比べると、やっぱり南面の色づきがいいね。



ここから出てくるはずだった?



ここのナナカマドは一段と紅葉していた。葉まで真っ赤っか。



今日は蛭ヶ岳もハッキリ見えて嬉しい。



白馬尾根に入る。相談の結果、寄や大倉ではなく、宮ヶ瀬に下ることに決定。



シロヤシオが紅葉していたけれど、もうチョット鮮やかさが欲しいなぁ



右手に丹沢三峰を見ながら気分 良く♪



途中から白馬尾根を外れて、本谷沢左岸尾根を目ざして行く。



この辺の保護柵が全滅に近かった。ポールと網部分の接着の問題かな?改良が必要。



「魔法のロープ」へ。
ここを10回くらい下っているAYさんは、途中から「あとはカンです。」
とドンドン下って行く。
トンチンカンで、MASAHIKOさんリードで下っただけの私は
ヤブ中を必死に追いかけた。


この辺、見覚えがあった。



アッという間に下のロープに到着。2回めでもロープは やっぱり長く感じた。



ここで終了。慎重に本谷沢に下降した。



水量が多い気がしたので、早戸川の徒渉が大変だろうと覚悟した。



イガイガさんにご教示いただいたリコー コンデジ使用の滝写真を撮ってみた。



早戸大滝遠望。木が邪魔して上と下だけ(笑)



案の定、早戸川も9月13日より かなり水量多く、最深ヒザ上まで浸かっての徒渉となった。




今回は、いろいろ想定して、3ヵ所の地形図、徒渉で濡れた時の着替えと履物替え、
ロープ、環付カラビナ&幅広シュリンゲ、ストック1本など用意した。

下山ルートが沢沿いだったので、このうち履物替えとストックがピンポーン!だった。
歩き始めではないし、履物替えがあるので、躊躇なく水に入れた。
また、水量多い時の徒渉ではストックがあると安定感が違うと実感した。


魚止橋から、いつもの堰堤。




1日で2日分のような山遊びだった。
尾根の上り下りを楽しむために、前後の林道歩きの長さといったら!!

玄倉林道は花多く、いつの間にやら歩いてしまった、という感じだったけどね。
帰りの早戸川林道、特に三日月橋から早戸大橋は真っ暗な中だったので
とても長く感じた。

玄倉から宮ヶ瀬までの主脈越え、こんな歩きはメッタニ出来るものではない。
もちろん、宮ヶ瀬19:50発バス乗車は、今までの18:50をこえた記録更新となった(笑)

AYさん、今回も記憶に残る楽しい山行を、ありがとうございました。



≪ 本日の出あい ≫

シラヒゲソウ 2枚





ヤクシソウ



こちらはアキノキリンソウ



イワシャジン 2枚





リュウノウギク 2枚





う~ん、何だろう?黄色の花(笑)2枚
shiroさん ご教示により「ヤマキツネノボタン」と判明 m(_ _)m





シロヨメナ 2枚 こっちは花びらが少ないね
サクラスミレさんご教示により「アキハギク」の可能性アリ m(_ _)m


こっちはシロヨメナ。やっぱり上の写真と感じが違う



タマアジサイ



赤い実 その1
AYさんご教示により「コバノガマズミ」と判明 m(_ _)m



赤い実 その2 こっちはツルみたいだ
AYさんご教示により「ヒヨドリジョウゴ」と判明 m(_ _)m



ダイモンジソウ 2枚 雄しべの赤がバッチリ♪ 





ミズヒキの群生は見ていると こんがらがるわ~サクラスミレさんと同じ場所かな?



ナギナタコウジュに あえて嬉しかった 2枚





ハハコグサだと思うのだけど・・・春の花だよね~



これも春咲くハタザオ系のような感じに思えるけど・・・・



リンドウ 2枚





ビランジが まだ美しい色を保っていた♪



ゲンノショウコちゃん



キオンは これで最後かな



 
お知らせ:19日から22日まで、チョット遠出してきます。紅葉どうかな~♪






Index of all entries

Home > 2014年10月

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top