Home > 2013年12月

2013年12月 Archive

前回の径路検証後 秦野峠からシダンゴ山へ


 

西側(右)から田代沢、東側(左)からオオスズ沢が突き上げた鞍部が秦野峠だ。



もう12月14日で終わった観のある このエリアに、またも来ることになった。
一つは、私が途中でなくした帽子の探索だけど、
そのついでに、前回スッキリせずに終わった、小豆畑沢左岸沿いについている径路の再検証。

さらに、シダンゴ山にまだ行かれたことがないというミックスナッツさんの初登頂も加えて
玄倉から寄へ抜けるコースとなったのだった。

途中の林道秦野峠では、ヘイソ沢を歩かれるM-Kさん、YAMさん&フクちゃん、
EAさん、AYさんと楽しい合同ランチ、ルンルンで別れたのだったけれど・・・・



シダンゴ山1



2013年12月29日 晴れ
メ ン バー:ミックスナッツさん、はっぴー

コ ー ス :玄倉バス停―小菅沢橋―蕗平橋―小豆畑橋―小豆畑沢左岸径路
       ―左岸尾根940m―秦野峠―林道秦野峠―シダンゴ山―
       新秦野線35号鉄塔―寄バス停   (行動時間:7時間)
     
      ※ コースは上図参照
        歩く場合、地形図が読めコンパスが使えることが最低条件。




玄倉でバスを降りたのは、我われと女性の二人連れだけで、
ほとんどが先へ向かって行った。

今日は、橋を渡らずに丹沢湖V.Cの横を小菅沢沿いに進む。
この道は初めてだ。

小菅沢橋を渡った先で、ハンターの車が2台追い越して行った。
イガイガさんの記事を読んでいたので、ゲートの所で追いついた際に
今日の猟場が山神峠周辺との情報を仕入れ、安心して先へと進んだ。

林道もキョロキョロしながら歩くと、けっこう面白い。
いつの間にか小豆畑橋を渡って、鉄塔巡視路の入り口を通り過ぎてしまい、
ミックススナッツさんから からかわれた。

林道すぐ上の鉄塔は富士山の撮影ポイント、今日も美しい姿を思う存分 撮って満足。
でも、今回は写真省略。


この橋を渡るのは初めてだ。

今日も快晴、富士山バッチリでうれし~!(ズーム撮影)


ここはどこに続いてるのかな?

「トレイルキケン 山ヲナメルナ」林道の真ん中に同じことばが2回書かれていた。


ここもそそられるな~♪

おっと、つい行き過ぎてしまい、ミックスナッツさんから声がかかった。


鉄塔の先からは未踏、ヒノキの植林の中に道がしっかり続いている。
この先、どうなっているのか楽しみだ。

この筒は前回、尾根を歩いた時も見たけれど、下から見ると規則正しく並んでいた。何だろう?


暫くは直で登っていた道が、途中から小さくジグザグに折り返しながら上に向かい、
尾根に乗る踏み跡と先に進む踏み跡があったので、一度、尾根に出てみた。

う~ん、尾根を歩いていて、ここから奥に径路があるとはチョット分からないだろう。
再び、径路に戻って先へ進んだ。


この梯子と柵にあいた穴は見覚えがある気がしたが、確認のためさらに進んで行くと

径路が上下に分岐している所にきたので、ここで引き返した(振り返って撮影)


前回と同じ向きで引き返してみると、尾根に上がった地点の先が
今回我われが歩いて来た方向だったので、謎が解けた。
何のことはない、径路は下には行かず まっすぐ続いていたのだ


右斜め上から戻ってきて、振り返って撮影した写真。
前回はここから下に続くように見えたが、実際は今、立っている方に真っすぐ続いていた。


これで検証は終わり!前回と同じ所から尾根に上がった。


帰宅後、軌跡(トップ下の地図参照)を見てみると、
思ったとおり、秦野峠から小豆畑橋の南西に出る破線ルートに重なった。
実際のルートは地形図のようにスムーズな直線ではなく、一部ジグザグだったけれど。


残念ながら ここまでの間に帽子は見つからなかった。
ということは、もっと先で落としたのだろう。

940mまでの登り150mは、柵を挟んで好きな方を登った。けっこうキツイ!


ここが賽の河原(仮称)から続く径路の横断地点で、この先 秦野峠まで続いている。

一度歩いた所も雪が付いていると、感じが変わって新鮮だ。


この辺りから少し焦り始める。
何をかというと、今日、M-Kさんたちがヘイソ沢を登ってこられるので
早く着いた方が、林道秦野峠にメッセージを残すことになっていた。

そして、ミックスナッツさんは こちらの方が早いという想定のもと
もうご自宅で書かれてこられたとのこと、これには大笑いしてしまった。

そういうわけだからでもないのだけど、急ぐ。
30分くらいはランチタイムとして、たぶん遅くなっても皆さんにはお会いできるだろうけど、
でも、やっぱり急ぐ(笑)


シダンゴ山2


そして、秦野峠から伊勢沢ノ頭への登山道の一つ西側の尾根に出た。
ここを100mも下降すれば、秦野峠。
10月19日の時は、この尾根を登って1086m経由で伊勢沢ノ頭南東尾根を下った。


秦野峠へ下る尾根は急な細尾根なので慎重に行く。

こちらが隣りの、登山道の尾根。ちょうど歩いている人たちがいるのか人の声がしていた。


眺めが良い尾根で楽しかった。

ミックスナッツさんはサッサと下って行く。


下でカメラを構えて待ってるので(笑)シリモチつかないようにね。

秦野峠の地形は、地図より現地の方が分かりやすい。正面の階段で林道秦野峠に向かう


国土地理院の地図も、昭文社の地図も登山道がP868mを通っていないように
表記しているが、実際はこのピークを通っている。
このくい違いも、ここが分かりにくい一因かと思う。


尾根に乗るとこの道標。あとは、ひたすら林道秦野峠をめざす。

ここから出てくると


斜め正面にこの石碑。メッセージの有無をチェックするミックスナッツさん。

笛の音の合図交換のあと、ほどなくAYさんを先頭に皆さんが上がってこられた。
お会いできてうれしかった♪



フクちゃんにも思いがけず再会できてラッキー!!

ランチ後、高松山分岐までご一緒した。


ここでお別れ。それぞれ反対方向へ。



P880mへの登りは急階段が付いていた。思案の結果、ここは左から巻くことに。

途中から見えたのは伊勢沢ノ頭かな。ドッシリ立派だなぁ(ズームで撮影)


林道秦野峠から、歩いて来た尾根の北側に付いている虫沢林道は
P812mをぐるっと回り込んでいるので、シダンゴ山との鞍部やや手前で
林道を横切らなければならない。

林道への階段を降りかけると、正面になんと一匹の猟犬がいた。
そばには犬のゲージが置かれていたのでビックリ!
腰をすえてここで見張りかい?

業務に忠実な猟犬で、我われを見て うなったり遠吠えしたりを
繰り返しているので怖くて降りられない。
しかたない、こうなったら持久戦だ。といって何のアテもないけどね。

そのうちミックスナッツさんが様子を見ながらソロソロと向こう側に渡った。
しかし、小1の時、知らずに食事中の犬の横を通って
オシリをかまれた体験がトラウマになっている私は、
なかなか思い切って一歩が踏み出せない。

そうこうしているうちに、だんだん犬も落ち着いてきて おとなしくなったと思ったら、
意外にも自分からゲージに入って座り込んだのだった。
まさか、だまし討ちじゃないでしょうね!?(笑)

でも、ここは犬の気が変わらないうちにと、刺激しないよう ゆっくり林道を渡って
一件落着となったのだけど、あーー疲れた!!
ミックスナッツさんが一緒でホントに良かった。


長い対決だったのに、写真はたった2枚。余裕なかったんだね。



そして、久しぶりのシダンゴ山山頂に2時20分、もう誰もいなかった。
ここからの展望も素晴らしい。





下山は途中までは登山道を使い、そのあと新秦野線35号鉄塔経由で。

寄の集落が見えた


林道に降りて、あとは15時40分のバスに間に合うよう、せっせと歩いた。



ミックスナッツさん
うれしいこと、怖いこと、面白いこと、いろいろあり疲れましたが
楽しい一日でした。ありがとうございました。
記事アップ、年越してしまい面目ナシです。 m(_ _)m


≪ 後日談 ≫
この日、我われが乗った一本あとのバスに tsubakiさんが乗られたとは
夢にも思わなかった。お会いできず残念だった。











雪の釈迦ヶ岳で 秀麗 富士とヤブ尾根下降を堪能




12月22日の釈迦ヶ岳山頂。なんとまぁ 素晴らしいお天気に恵まれたことだろう!
数日前?に降った雪も山に魔法をかけてくれた。





以前、丹沢を離れて、美ヶ原、鉢伏山、霧ヶ峰、蓼科山 etc. に遊んだ際、
中央自動車道から見える特異な山容の山々が気になった。
どれも険しそうなアルペンムードにあふれた山々だった

「あれは釈迦ヶ岳、十二ヶ岳、節刀ヶ岳だよ」と
山梨の山や、中央線沿線の山に詳しいメンバーが教えてくれた。
・・・・もし、機会があったら登ってみたいな~と思った。

想いが通じたわけではないけど、まさかの「瓢箪から駒」!?
kazさんとレガーさんのやり取りにM-Kさんが加わって、今回の山遊び計画が実現!
AYさん、YAMさん、EAさん、も参加で、なんと7人の遠出スノーハイクとなった。

「山梨百名山」(山梨日日新聞社刊)によれば、釈迦ヶ岳(1641m)の山名の由来は
【古くは険しさを形容する嵯峨(さが)ヶ岳と呼ばれた。
 江戸時代の「甲斐名勝誌」は「さが」が「しゃか」に転化したと書いている】とあるが、
この鋭く尖った山を見ると、納得できる。

展望の素晴らしいパウダースノーの尾根歩きも清々しくて良かったけれど、
やっぱりVルートのヤブ尾根下降が楽しいな♪ 
より歩きやすい所を探しながら、ケモノになった気分で ひたすらヤブ中を進んだ。

エネルギー残量をスカッと放出し、爽やか気分で長~い林道を戻った。
みなさん、ありがとうございました。



レガーさん、現地調達ストックの作成中なんだけど、それより・・・・



こっちのための武器になるかも!?



神座山を目ざし爽快な気分でパウダースノーの自然林を行く。




神座山山頂(1474.4m)から北尾根で里宮の檜峰(ひみね)神社につながっている。



トンガリの釈迦ヶ岳はまだ小さく遠い。



松の樹間からズームで富士山。銭湯の絵みたいかな(笑)



少し近づいてきた三角形、やっぱり周りの山とは雰囲気 違うね。



空が真っ青! 冬の空が好きだなぁ



キャー、EAさんは半袖だ!



おっ、だいぶ近くなってきたぞ。急下降の途中からパチリ。



秘密の展望台から見る釈迦ヶ岳は丸みをおびている。でも、この岩壁はスゴイ!



岩場の登り30分間のお楽しみは慎重に!



相変わらず美しい富士山がヒョッコリ頭を出している。ズーム撮影してみると・・・・



バッチリ!この角度からの富士山、きれいだなぁ



釈迦ヶ岳の山頂直下で西南方面を見る。右はじの南アルプスをズームで撮ると、



中央右が荒川三山、その左が赤石岳とkazさんよりご教示。



山頂から富士山を望む。というより、こちら側からの富士山に見とれる。



未練の一枚!(笑)



山頂からの急下降が終わって穏やかな尾根を行く。kazさん・レガーさんコンビ 強し!



最初はルンルン尾根がしだいに細い雑木の密ヤブになって、もがいた。
でも、ここが一番 面白かった♪(AYさん撮影)





【 本日の軌跡 】 だいぶネバって遊んだので帰りの林道歩きが長かったー!
釈迦ヶ岳a











山神峠から旧径路を探索し 小豆畑沢左岸尾根へ

 
 

ここは まだ径路見つからずウロウロ中。この尾根を登ってようやく発見となった。



今日は、10月19日に玄倉集落からミックスナッツさんと歩いた続きだ。 
もっと陽が長いうちに行くつもりが、日程が合わずに今日になってしまった。

で、本来なら前回の所から続きを始めるのが正道なのだけど、
未知のルートでの探索は、たぶんウロウロもあるので時間が読めない。

バス時間のリミットを16:06と決めたので、
山神峠側からのスタートにして、下山ルートは残り時間と相談ということにした。



【 全体 】
ミックスさん山神峠


【 核心部 】
ミックスさんと山神峠部分



2013年12月14日 晴れ
メ ン バー:ミックスナッツさん、はっぴー

コ ー ス :玄倉バス停―玄倉林道ゲート―カイモンヤ平ノ沢そばの林道入り口―
       815mの東で御料林径路に合流―山神峠でランチ―径路跡―
       小菅沢枝沢ガレ―鉄塔巡視路階段―ウロウロ―径路発見―
       管理道看板(前回登った尾根)―仮称・賽の河原―小豆畑沢左岸尾根
       ―小豆畑沢橋―玄倉バス停      (行動時間:6時間50分)
     
      ※ コースは上図参照
        歩く場合、地形図が読めコンパスが使えることが最低条件。




松田駅のホームからは素晴らしくきれいな富士山が見えた。
今日はどなたともお会いしないなぁと、チョット物足りない気持ちでいたら、
MASAHIKOさんがヌッと現れたのでビックリ~!
こんな所でお会いするなんて珍しい方なのだ。

聞けば、やはり古道の探索らしいけれど、あちらはもっとマニアック、
地図を見せていただいたけど、初めて見る破線だった。

谷峨でバスに乗りかえて一緒に玄倉まで。
空席がなく立っているのって、この時期、珍しい気がした。

ひと足 先に玄倉の集落に向かうMASAHIKOさんを見送って、われらも出発。
まずは、玄倉林道を行き、キジゴク沢とカイモンヤ平ノ沢の間にある林道を辿る。
ちなみに、ここは今年3月にMASAHIKOさんが山神峠まで行くのに使ったルートで、
私も、前から一度歩いてみたかった。


玄倉林道では氷が張っていた。



まだ古くない洞門なのに上にはこんなに土砂が積もっている。
いつか押しつぶされそうで意識すると怖い。




その先で防護ネット工事の作業中。



この林道の入り口は、意識していないと通り過ぎてしまう。
こんな荒れた感じでずっと行くのかと思っていたのだけど・・・・





イガイガさんと二度、山神峠から御料林径路を境隧道の上を通り、玄倉川に降りた。
けっこう急な所もあり、登りで使うのはイヤだな~と思っていたのだった。

それに比べると、この林道は かなりのジグザグで上がっていっているので楽そうだ。
入り口からすぐにカイモンヤ平ノ沢の右岸に渡り、その後、650m辺りで
左岸に渡り返して815mの南で、最も尾根に近づので、
そこで乗りかえようということで、てくてく行く。
予想より荒れていなかったので、緊張せずにのんびり歩けた。


唯一、沢の右岸から左岸に渡り返す所だけは こんな感じだったので慎重に進んだ。



富士山が見えるポイントだけど、木々が邪魔でうまく撮れない(振り返って撮影)



815mの南側で御料林径路によじ登った。もっと楽かと思ったけど、
シカ柵ネットもあって、少し手こずった。





そのあと、下りでは気づかなかった急斜面の登りが待っていた。
当然、大ブナ山頂はパスしたけれど、帰宅後、MASAHIKOさんの記事を見たら、
富士山が見える展望地だったので、今度 機会があったら行ってみたい。
名前から考えて、ブナがあるのかもしれないしね。


アッチ沢の枝沢のトラバース。“コッチ”方向からは初めて。



最近、おなじみの山神峠に到着。陽が射しているけれど、今日も風が強くて寒い。




11時チョット過ぎた時間だけど、朝が早かったし
先で気持ち良く食べられる場所があるか分からないのでここでランチ。
風を避けて、少し蕗平橋側に下りた所で、ダニがいるとイヤなので立ったまま食べた。
今日は久しぶりにカップみそ汁とおにぎりだ。

食後、山神様にお参りして、いよいよ本日のメイン ミッションへ。
ランチ場所から左手にゆるく登る踏み跡が付いているのをミックスナッツさんが確認。
ルンルン進んで行くと、すぐに小菅沢源頭のガレに突きあたった。

そうか、これがさっきMASAHIKOさんが言ってたとこだ。
ここは「無理せず、鉄塔巡視路を行った方がいい」とアドバイスしてくれたのだった。
ということで、途中までバック~!


気分良く冬枯れの自然林を下って行くけれど・・・・



この先で小菅沢の源頭、青ザレの急斜面にはばまれ おとなしくバック~!



落合線40号鉄塔まで下った。さすが鉄塔のある所は見晴らし抜群。



巡視路の階段を下りる手前から上流を見る。径路のあった所はもっと急斜面で高さもあった。



下りてから対岸で長~い登り返しの階段が続く。
 


水平で続く巡視路から外れて急なザレ尾根を直登。けっこうキワドイので慎重に一歩ずつ。




径路らしい跡があるか辺りを見回しながら登っていくが、
900mぐらいまで行っても出てこない。
上を見てもそれらしいものがなさそうなので、トラバースしながら進んで行くと
植林とシカ柵があった。
「おっ、これはもしかして!?」と期待して、柵に沿って歩いてみたが
う~ん、径路には見えずガッカリ!


真ん中から右下にシカ柵があるけれど、探しても径路は見当たらず。




もしかして、もっと下かと思い少しずつ下って行くと、トップの写真の所に出た。
この尾根の肩?から再び上に登ってみた。
正直、あまり期待していなかったのだけど、傾斜が緩んだ所で突然
しっかりした道がたが尾根を横切っていたのでビックリうれし!!


しっかりした道がたがあった。こちらは尾根のこれから行く右方向。
そして、左方向には倒れたシカ柵の扉があった。




好奇心全開!!ミックスナッツさんはお疲れの様子なので、
一人で左方向の偵察に行くことに(ミックスナッツさん撮影)




以下3枚 偵察の写真。ゆるく下って植林の中に続いている道がたにワクワク♪ 



またシカ柵の扉があって、径路は植林と自然林の境についていた。中に入ると先に・・・



この木組みがあった。もっと行ってみたかったけれど ここで引き返した(振り返って撮影)




あーあ、やっぱり さっき見つけたシカ柵があった植林内だったのか!
もうチョイ上だったんだなぁ、残念。
たぶん、秦野峠側からきたら、ここはすんなりクリアできるとこだ。

でも、植林の先からは やっぱり同じかもしれないし、
逆に、この間のウロウロの果ての径路発見が、今回の探索を盛り上げてくれた。
と、ボジティブに考えよう!
今はそう思っているのだけど、その時はチョッピリ心残りで先に進んだのだった。

伊勢沢のガレの押し出しは見た目すごかったけれど、
下りるのも登り返すのも危険はなかった。


伊勢沢を越える。右手にシカ柵を探しながら上流に進んだ。
30mほど行くと壊れたシカ柵があったので、そこから取りついた。




最初の方で少し崩れていたけれど、その後はしっかりした径路となった。



途中で振り返ると、石積みが見えた(ズームで撮影)



そして、前回あった山林管理道の赤い看板と再会!径路は右下奥へ続いている。




一度歩いた道は気が楽だ。
賽の河原(仮称)を経て、その先を正しい径路ではなく、
前回、誘い込まれた下の仕事道を行くことにした。

というのは今回 時間を見て下山ルートを、
前回 間違えて途中まで下ってしまった小豆畑沢左岸尾根に決めたので、
なるべく下に出た方が楽なのだ。

邪魔するものもない水平路を、ミックスナッツさんがグングン飛ばす。
すると途中から、前回は気がつかなかった踏み跡が分かれて下に続いていた。


真ん中が前に径路と思い込んで歩いた道。今回、その右にも踏み跡を発見。
今日はコッチに誘われた♪ (ミックスナッツさん撮影)




こんなにハッキリした道になった先に脚立があった。乗り越えて進むと・・・・




尾根の左下側をトラバースしていて、途中から踏み跡が薄くなって下っていた。
未練を封じ込め(笑)ここで尾根に上がってシカ柵を越えた。


尾根に出て振り返って見た所。左の柵内から出てきた。



下って行くと、尾根の途中にこんなパイプがたくさん挿してあった。何のためかな?




3分ほど下った辺り、右の植林内にしっかりした道が現れた。
これは、もしかして賽の河原から今日われわれが辿ったトラバース道の下部で、
同時に、秦野峠からP1086mをトラバースして小豆畑沢左岸を下っている破線道の
一部ではないかと思うのだけど・・・・次回、これ確認してみたいなぁ。

さて、このしっかりした道を辿って行くと、今日一番の絶景に出あった。


雲がかかって残念だったけど、富士山と西丹沢の山並み&丹沢湖が
同時に見える撮影ポイントが今日のごほうびかな。




そばには鉄塔。



そしてすぐ林道に出た。あれっ、いつの間にか帽子が白から黒になってるよ!
(ミックスナッツさん撮影)





実は林道に下りて気がついた。
黒と白の色違いの同じ帽子を重ねてかぶっていたのだけど、
上の白をどこかでひっかけて置き去りにしてしまったらしい (^^;
次なる機会に探せたらいいなぁ。

さて、あとはセッセと林道を歩くだけ。
ギリギリ16:06のバスに乗ろうとの計画だったけど、
思ったより下りが早かったので、頑張れば15時だいに乗れそうだ。


玄倉バス停着。やったね!がんばって歩いた甲斐あって15時だいのバスに乗れるよ~♪
(ミックスナッツさん撮影)





ということで、最後の林道歩きが一番きつかったかもね。
でも、そのおかげで帰りも新松田駅前でMASAHIKOさんにバッタリ!
お互いの結果報告が出来たのだった。

充実した山遊びができて大満足♪
ミックスナッツさんありがとうございました。








あれから2年・・・・ 今年も鍋嵐山域でモトさんを偲ぶ

 
 




早いもので今年は三回忌。
12月7日に、昨年同様、思い思いのコースでP677mに集合することに・・・・
私は、M-Kさん、YAMさん、EAさんとご一緒させていただいた。

遭難された年は雪の残る曇天で、とにかく寒かったけれど、
今日は穏やかにスッキリ晴れて山日和、一年ぶりの この山域を楽しんだ。
途中のマシラさんとの邂逅も嬉しかった。やはり、駅でバッタリとはテンションが違うね。

予定時間を過ぎての到着になってしまったが、なんと一番乗りだった。
その後、三々五々集まって(シュガーさんとは初対面のご挨拶♪)
総勢11人+ワンで モトさんを偲び、ご冥福をお祈りした。












昼食を取りながら山の話で盛り上がったあとは、二手に分かれて下山。
shiroさん、ardbegさん、シュガーさんが加わって7人で
にぎやかにハタチガ沢に急下降し、宮ヶ瀬尾根の597m西の肩に這い上がった。

懐かしい“岩の庭園”や、メタボチェックを楽しく通過し、
ヤンチャ組?ともども無事に堤川林道に降りたった。

今年もみなさんとご一緒させていただき、ありがとうございました。




モトさん慰霊登山2013







Index of all entries

Home > 2013年12月

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top