Home > 2013年04月

2013年04月 Archive

黒白林道から地図の破線道を辿って 火打石岳から金時山へ

 


きついヤブコギがチョット一段落、「さぁもう ひと頑張りー!」と気合入れたら すぐ地図にない林道登場。力ぬけた~(笑)




初春のころに、またハナネコノメに会いにウロウロしようね♪
って約束だった。
それがshiroさんのご多忙や、お天気の関係で延び延びになって、
やっと今ごろの実現!

もうハナネコちゃんはいなくなってしまったけれど、
スミレちゃんや他の綺麗どころが待ってるからね~
花好きとしては、いつの季節だってOK なのさ♪

ということで、今回の花コラボは連休初日にshiroさん こだわりのルートで
金時山めざしてエッチラオッチラ10時間も楽しんできた。




金時山



2013年4月27日 快晴
メ ン バー:AYさん、shiroさん、はっぴー

コ ー ス :地蔵堂P―黒白林道―明神林道―狩川本流へ下降―水量多く再び明神林道に戻る
       ―狩川支流へ下降し狩川本流へ―本流沿い破線道―尾根に取りつく―
       地図にない新設林道―新設林道終点でランチ―火打石岳東側ピーク付近で登山道
       ―矢倉沢峠―金時山―丸鉢山―・847―577―駐車地(行動時間:10時間10分)

  

     ※ コースは上図参照。徒渉あり
       歩く場合、地形図が読めコンパスが使えることが最低条件





地蔵堂の南にP698mがあり、その東側を回り込むような形で狩川が流れている。
もっとマクロに見ると、
金時山と明神ヶ岳を結ぶ登山道上の火打石岳(988.5m)のわずか西に狩川峠があり、
この周辺の支流を数多く集めながら、明神ヶ岳のすそ野を北から東へグルッとひと回りし、
伊豆箱根鉄道大雄山線の「五百羅漢駅」の東で酒匂川と合流し、相模湾に流れ込んでいる。
ということを、今回初めて知ったのだった。
大きな川なんだぁー!

で、shiroさんは明神ヶ岳から900m西側の標高1080m地点から西に派生している尾根に
破線があり、ずっと気になっていたそうなのだ。
380m下って、標高700m地点から道は狩川沿いに下って行く。

当初はここを下りで使う予定だったのだけど、
相談の結果、情報のない未踏区間なので登りで行くことにした。
結果的にこれは正解だった。




連休初日の快晴に、こいのぼりが爽やかな風を受けて泳いでいた。
住んでいる所では目にしていないので、もうそんな季節だったんだ~と新鮮だった。
いいなぁ♪菜の花とのコラボこいのぼり。




「林道黒白線」は途中で明神林道に合流するまでの短い区間だ。にしても、何て読むんだろう・・・くろしろ?こくびゃく?




林道歩きもキョロキョロ花を探しながら行くのが、正しい花コラボなのだ(笑)




「このカーブミラー、なんだかフクヨカに映るみたいー」なんて言いながら、いつもの記念撮影。

ぼかし


スミレの写真を撮ったり、青空をバックにした新緑の山々を愛でながら進み、破線道への下降点を探る。
はい、ここから降りてみることに。地図で堰堤群のある支流が奥だ。




林道に沿って下に道型がついていた。写真の石標や「神奈川県造林公社」と書かれた杭もあった。




しかし、だんだんヤブっぽくなって、大きな倒木も出てきて歩きにくくなってきた。




沢に降りてみると水量も多かった。




で、もう少し先の水量が減った辺りから沢に降りることにして、
おそらく釣師の下降路と思われるハッキリした踏み跡を辿って再び林道に上がった。




途中に、こんな石碑があった。




林道に上がって1.3Kmも進んだだろうか。
AYさんとshiroさんが水量が少ないだろうと思われる辺りに見当をつけて、小尾根を使って降りて行く。
最初は箱根笹のヤブっぽくて不安だったけれど、中に入ると歩きやすく刈り払われていた。
最後で少しこの写真のヤブがあったけど、ラッキーだった!




地図で林道のカーブを目安に下降点の見当をつけて下りたので
下り立った所が本流かと思ったのだけど、これは明神林道と並行に走る支流だった。
地図と実際の林道にズレがあるようだ。
で、地図で確認し本流の方向に進んだ。




時々両岸を行き来しながら




新緑の美しい中を歩いて行くと




たまーに赤テがついていた。




これが川沿いと別れ、稜線登山道に至る尾根だ。




こんなササヤブをこぐ場面もあって、なかなかワイルドだぜぃ!




ああ、今日はどこもかしこも新緑が輝いていてまぶしい。




突然、朽ちかけた一部しか読めない標柱が立っていた。




尾根を登り始めて100m、まだ280mも登るんだと気合を入れなおした途端に、
トップ写真の新設林道に飛び出した!
最初トップを行くAYさんに「林道です」と言われ、状況が呑み込めず?????
この写真は林道に上がって登ってきた方向を振り返ってパチリ。




あーあ、金時山ははるか彼方だね~ ドッと疲れとめまいが(笑)




さて、ここからどうするかの相談。
法面は登れないので、とりあえず様子を見ながら この新設林道を行かれる所まで行き、
途中で登れそうな所があったら取り付くことにして進んだ。




結局、工事の終点まで行った所で昼食をとり、そこから植林の山中に入った。
最初は仕事道を進んで行くが、途中からうすい踏み跡がトラバースで隣の尾根に向かっていたので、
それを辿って行く。壊れた柵沿いに続いていた。




途中でこんな所もあったりしたけれど




AYさんの動物的なカンというより、素晴らしい“嗅覚”によって、
微妙にトラバースして続く径路を辿り、途中から小さな涸沢に降りて進んだが




この辺で右の尾根に乗ると




最後は傾斜がゆるやかな幅広い自然林の中で、ヤブこぎもなく楽に登山道に上がれた(右から出てきた)
あとで地形図を見ると、一番ベストな感じで登山道に詰められたのだった。
恐るべし“AYさんの嗅覚”!




せっかくだから、巻かずに火打石岳のピークに行こうということになった。
看板が立っていたので、てっきりここがそうかと思って左から入って行くが




すごいヤブでピークもよく分からない。必死にshiroさんの背中を追いかけた。
結局、ここは火打石岳ではなく、一つ東側の990mピークだった。
ヤブがひどいので火打石岳に向かわず、西方向に下りて登山道に出た。ふう~ヤレヤレ。




やっぱり登山道は歩きやすくて快適だ♪
縦走路の南側の眺めは手前中央のポッコリしたのが小塚山、右が台ヶ岳、左奥が大涌谷と神山だ。




行く手にそびえる金時山は まだ小さい。最後の急登がこわいなぁ




なんて思っていたのだけど、いつの間にやら山頂に辿り着いた~
あいにく富士山には雲がかかっていた。でも、時間が遅いので人が少なかったのが良かったね。
ベンチでAYさんと冷えたビールでのどをうるおして疲労回復(shiroさん ゴメンナサイ)~ああハッピー♪




新緑の葉も木々によって色が違う。淡いもの、濃ゆいもの、下から見上げると、その濃淡が美しい。




下山ルートは当初は丸鉢山からの予定だったが、時間も押しているので 足柄峠ハイキングコースを行き




・847mから「夕日の滝」方面への山道に入ることにした。ここは風情のある良い道だった。




丸鉢山登山道(左の沢沿い)との合流点。我われは正面右から下りてきた。




駐車地に戻る途中に、こんな“衣装”が5着も干してあったのでビックリ!




箱根はけっこう歩いているが、今日のような沢沿いの破線道は初めて。
スリルがあって面白かったけれど、丹沢と違ってVルートの情報は少ないようだし、
ハコネザサが密集している所が多いので、一筋縄ではいかないことが多いかもしれない。
今日はラッキーだった。

花談義が思いっきりできたのが嬉しかった。
shiroさん、AYさん、ありがとうございました。


 
≪ 本日の出あい ≫

クサイチゴ


ツボスミレ(ニョイスミレ


ツボスミレ横顔


オカタツナミソウ


アケビの花って面白いね


??見たことがあるけど思い出せない~


ケマルバスミレ


クルマムグラ


タニギキョウは小さくて可愛いね


ウツギがもう咲いていた!



ヒロハコンロンソウ・・・沢沿いに咲いていたこの花の名が分からずに、新種発見か!?と盛り上がり
             3人で花と葉の感じから「セリバコンロンソウ」と“命名”?したのだった。
             帰宅後、ヒロハコンロンソウと分かり、ちょっと残念!(笑)



こちらはお馴染みのミツバコンロンソウ


フタバアオイかな


ウワバミソウ(ミズ)


ミヤマハコベも可愛いね


トウゴクサバノオ、この辺で見たのは花がクリーム色っぽくて、葉が茶色がかっていた


バイケイソウ


シロバナエンレイソウは花が終わっていた


クルマバツクバネソウは初めてかな~



似ている黄色の花が3種ある。ミツバツチグリ、ツルキンバイ、キジムシロだ。
私は葉っぱで見分けている。キジムシロは葉が5~9枚でワンセットなので分かりやすい。
ミツバツチグリとツルキンバイは3枚一組で似ているが、形が楕円形とひし形で違うとこが
見分けポイント。で、以下3枚は・・・


ミツバツチグリ


ミツバツチグリ


ツルキンバイ


クサボケの朱色は強烈だ


ジロボウエンゴサクは優美だな~色もやさしい


カキドオシがのびのびと咲いていた


オトメスミレは、この山域には多い


モミジイチゴが好きだ


ホウチャクソウは恥じらいを含んでいる感じがいい











しずくに輝く 花々の表情に感動!

 
 




       丹沢を離れて 春の花に会いに行った

     新緑がまぶしい林の中で お目当ての花たちに出あえた歓び!

     雨上がりのしずくに濡れた 可憐な花々に癒されながら

     いっときの静かな花散歩を楽しんだ

     ・・・・こんなシチュエーションも 好きだな



                       ※ 今回、花名は記載しません。つたない写真ですが、花の表情をお楽しみください














































































原小屋沢でガータゴヤの滝見物し 下山路で“魔法のロープ”体験


 
        ※ 4/19 MASAHIKOさん撮影の写真4枚を追加しました



手前の10m滝の巻き道を進んで行くと、眼前に 観たかったガータゴヤの滝が広がっていた
 


陽の光に輝きながら飛沫が跳ねて踊っている様に心も跳ねるよ♪ きれいだなぁ!


                 

奥野 幸道さんのご自宅へ伺った時、
同行者の方が、それまで歩かれた丹沢の記録の一部をお持ちになった。
滝の写真をご覧になるなり「ガータゴヤの滝だ!」と、とても嬉しそうだった奥野さん。

私は滝名は聞いていたけど、まだ行ったことがなかった その滝の写真を見て、
「いつかは行ってみたいなぁ」と思ったのだった。

1月の立山以来、“冬眠”していたトン・チン・カン トリオだけど、
新緑の美しい季節の到来と共に、そろそろ沢遊びもよろしいのではということで、
これもずっと気になっていた“魔法のロープ”と併せての計画となった次第。

もっちろんレガーさんと私は大喜びよ♪



 
原小屋沢部分



2013年4月13日 快晴
メ ン バー:MASAHIKOさん、レガーさん、はっぴー

コ ー ス :魚止橋駐車―伝道―雷平―原小屋沢―又兵衛沢―丹沢主脈登山道―蛭ヶ岳―鬼ヶ岩ノ頭―
        白馬尾根―途中から本谷沢へ下降―雷平―伝道―駐車地  (行動時間:9時間)

       ※ コースは上図参照。沢装備。徒渉あり
         地形図が読めコンパスが使えることが最低条件



今日も快晴の山日和。
主脈の登山道に乗ったなら、さぞかし素晴らしい展望が広がっているだろう。
でもね、まずその前におよそ1000mの登りをこなさなければならないのよ。

初めて市原新道から蛭ヶ岳に登った時は、雷滝までで既に疲れていたっけ。
あれから何度もこの辺をウロウロしたけれど、やはり気合が必要な所だ。

おまけに今日は、前回バテた“地獄の階段”付きだからね~
皆さんに迷惑をかけないよう、秘かに足慣らしもしたし、いざという時のために
すがりつくストックを2本持ってきた(笑)

ということで、魚止橋で沢装備になって いざ出発。

  



魚止橋には「第5回東丹沢宮ヶ瀬トレイルレース」のお知らせがあった



伝道到着。朝の空気が清々しい、というより寒いくらいだ



早戸川の この開放的な雰囲気が大好きだ



雷平通過。今日は花も期待できそうで嬉しい



ヒトリシズカを撮るMASAHIKOさん



こちらはエイザンスミレを撮るレガーさん。嬉しいね♪



はい、おなじみのF2 雷滝。
ノッポのレガーさんがこんなにチッポケ~!迫力があって好きな滝だ




F3 トイ状の滝



水がきれいだけど、つめた~い! (MASAHIKOさん撮影)



この辺は小滝やナメが続いていて、夏ならジャブジャブ入れて楽しそうなところなんだけどな~
今日は寒いし濡れないように気を使いながら進むので、沢遊びの醍醐味がなく残念




だからあっという間にカヤノ沢出合だ。原小屋沢は左へ進むのだけど、この先は初めてなのでワクワク



これがF4のバケモノ滝、暗くて分かりにくいけど奥の滝の落ち口に倒木がある



なるほど、これね!いつからあるのかな?友人の20年前の写真には写っていた。すごいね~



ああ、この新緑の色に感動しちゃう



なるべく水に入らないよう気をつかいながら岩の上を歩く(MASAHIKOさん撮影)



そしてF5:3段20mの滝。右からの巻きの沢への下降がちょっと
イヤらしいそうでMASAHIKOさんが少し高く巻いた




F5を巻いて、慎重に沢に戻る



水が思いのままに暴れて踊ってる~迫力満点!



すぐ現れた二つの滝。一瞬 正面をガータゴヤの滝かと思ったら、これはニセモノ。夏ならシャワーで登れるのにね


上の滝の階段状の部分を横から



階段状の滝の上の 隠れて見えていないF6:10mを撮影するレガーさん。私は降りずにそのまま巻いて行く



すると突然トップ写真のガータゴヤの滝が現れた!スケールが大っきい~!!



登って行くMASAHIKOさん



真ん中の釜?横から写真撮影するレガーさん。思い恋がれていた滝を十分堪能してから、我々は右岸を巻いた



ほどなく又兵衛沢出合に到着、湧水で一服してから涸沢に入る。初めは倒木石ゴロで歩きにくかったけど



次第に穏やかな傾斜の癒し系になった。ヒメシャラの明るい茶色の木肌が目立つ。いい雰囲気の所だ。
そしてまだ若く可愛いバイケイソウが出てくると登山道だった




いよいよ“恐怖の階段地獄”に突入で、気合を入れなおしたが・・・・
少し前にミックスナッツさんが言われていたように、歩きにくかった階段が整備されていた。
傾斜の緩急で、疲れないように工夫されていて前回よりずっと楽、ストック不要だった♪
うん、これならまた行かれるね




やっぱり、この辺の稜線からの展望はスカッと気持ちがいい。檜洞丸から大室山が近くに見える。でも歩くとたーいへん!?



眼前の素晴らしい展望に感動!山座同定を楽しむ(MASAHIKOさん撮影)



階段に うまくあやされながら?いつの間にか山頂に着いた。前回は暑さのせいでバテたのもあったかな


思ったより人が少ない。山頂のチョット外れた草はらでランチ。
今日は意外に寒いので薄手のダウンなんか着こんだ。



鬼ヶ岩へ向かう途中から。中央が熊木沢、その右が朝日向尾根、右奥が大石山の稜線。
左は棚沢ノ頭から弁当沢ノ頭の稜線。MASAHIKOさんが最近下降した所だ。正面の手前がカヤノキ棚山稜、
奥はヒノキダッカ山稜かな?これもいい眺めだ





鬼ヶ岩から数人が下ってきた。すれ違う時に、魚止橋に後から車2台で来たパーティだと分かった




白馬尾根はこれまで何回か歩いているけれど、明らかに最近設置された植生保護柵が多くなっていた


設置の成果が上がっているようなので嬉しいね。ササの葉が柵外の物と比べて大きい



やっぱりこの尾根の下りは気持ちがいい!市原新道より好きだ。丹沢三峰が大きいね



そして、一度来ているMASAHIKOさんの記憶がドンピシャで、「上の魔法のロープ」にあっさり辿り着いた



さらに広い尾根を下って行く。下のロープはみんな初めてだ。うまく見つかるかな



こちらもMASAHIKOさんのカンが冴えて苦労なく発見できた。
「先にどうぞ」と言われ、ロープがどのくらい続いているのか興味津々で下らせてもらった




木に食い込みながら、石に乗られながら、これでもか~!っていうほどずーっと続いているロープ、すごいよ!



途中で早戸大滝が木の間越しに見えた。レガーさんが私のカメラでズーム撮影してくれた。流れが二条になっていた



かなりの急斜面なので、ロープがないと危険だし時間もかかるだろう(MASAHIKOさん撮影)



やっと本谷沢に下降完了。この長いロープを付けた方に脱帽感謝!



これが終了地点だった。ここからまだ雷平経由で伝道までは
沢沿いの下りなので、気を抜かず慎重に歩いた




駐車地までの林道歩きで、やっと ほっ~。この色合いに気持ちが和んだのだった


 

狭いようで広い丹沢に、
いざ出かけようとすると、自分の体力や技術や入山のことなどから、限りなく制限されてしまう。
でも、行ってみたいなぁと思う所がある。

今回のガータゴヤの滝と“魔法のロープ”も、そんなうちの二つだった。
だから、その想いが叶ってスッキリできたことが嬉しい。
MASAHIKOさん、レガーさん ありがとうございました。

また、思っていた以上に いろいろなお花と出会えた。
特に、キクザキイチゲの清らかな美しさは絶品だった!
お二人のご好意で写真におさめる時間をいただけ、それがまた嬉しかった。



 
≪ 本日の出あい ≫ 


ヒトリシズカは今年初めてで嬉しかった 



ミヤマキケマン



ケマルバスミレ



ナガバノスミレサイシン



エイザンスミレは女王の風格



双子ちゃんのエイザンスミレ



ヨゴレネコノメ



ツルネコノメソウ



アップで。ピンボケ残念だけど、赤ちゃんの手のような葉っぱが可愛い



ミツバコンロンソウ



ミツバコンロンソウ



ツルシロカネソウ



これ、何だろう?出はじめのキヌタソウかな?



キクザキイチゲ



キクザキイチゲ



キクザキイチゲ



キクザキイチゲ



キクザキイチゲ



キクザキイチゲの葉



キクザキイチゲ











新緑の中 ひらひらと足慣らしの山遊びへ

 
 

▲ 鳥屋待沢右岸尾根の上部には、鮮やかにミツバツツジのピンクが広がっていた



この13日に、高低差の大きいロングコースを歩く予定があるので
ちょっと足慣らしをしておこうと、4月10日 久しぶりに一人で出かけてみた。

歩いたのは下記のコース。
定番の所だけれど久しぶりだし、単独だと感じがまた違う。
少し緊張感をもちながら、新緑の景色を楽しんできた。

                
煤ヶ谷バス停―鳥屋待沢右岸尾根―七沢山―唐沢峠―梅ノ木尾根―日向薬師バス停
                                       (行動時間:6時間45分)




        ※ 地図上の上部の斜線はコースと関係ありません
宝尾根




平日のためか「清川リバーランド」は人気がなくひっそりしていた




目的の尾根に乗って驚いたのは、まだ新しい赤テがベタベタ付けられていたこと。この写真手前だけで3ヵ所!




620m付近には植生保護柵があり、柵内にはけっこう植物が繁茂している




650m付近の尾根の様子。尾根の下部は全体的に幅が広くて大木が多い。一か所獣の臭いが強かった




今日の主役はミツバツツジ、艶やかだね~!




この尾根は下部は癒し系だけど、上部はチョイ悪で面白い




痩せている所や岩場も出てくる




丹沢三峰の優美な山容が見えて嬉しかった




春の山はホントにきれいだ!




ヒノキの植林が整備されていた。切り株がまだ新しい




いつの間にか大山方向の雲行きが怪しくなってきていたので先を急ぐことに




新しい道標が立っていた




この明るい黄緑色のモミジに感動した!




≪ 本日の出あい ≫

セントウソウ



キランソウ



ツクバキンモンソウ



アブラチャン



エイザンスミレ



キブシ



テンナンショウ



サワラ







第11回 ニカニカ集会へ

 
 




4月7日
悪天候の名残りの強風の中、久しぶりに参加するつっちぃさんと、
一路 西丹沢自然教室へ向かった。

とにかく風が強かったので寄り道はあきらめ遅いスタートだったが、
花立小僧さん、YAMさん、ardbegさんとちょうど一緒になった。

天候は回復傾向で、新緑に包まれ始めた山をひと登りで会場に到着、
思い思いに輪を作り、和やかな団らんが始まった。

ミックスナッツさん作成の字幕を間に、花立小僧さんによる記念写真を撮り終えてから
二手に分かれて下山、教室の前で解散となった。

一度延期になり、今日もまた開催が危ぶまれたニカニカ集会だったけれど、
無事に終了して ほっ。
M-Kさん始め 参加された皆さま方、ありがとうございました。



はぐれワンちゃんかと思って教室の方に聞いたら、下の山の家?で飼っていて時々散歩に来るとのことで安心した



今年初めて まじまじと見たアブラチャン



ミツバツツジが新緑に映えて美しい!



急登を終えて、会場へもうひと息。ここは好きな尾根だ



今回の参加者は16名。Vルートの情報交換などを楽しんだアッという間の2時間だった(写真提供:花立小僧さん)
②a








天気にめげず花を堪能 し 満足満足 ♪

 
 




    6日は午後からお天気がくずれるという予報。

    でも、午前中なら何とかもちそうかなと

    久しぶりの、というか この春 初めての花探しに出かけてきた。



    「う~~ん、遅れをとってしまったなぁ」って感じたほど

    いつの間にか、こんなにたくさんの花が咲いていたのだった。

    ああ 春爛漫だー♪♪




             ※ Tetsuさんに案内していただいた小割沢の記事は都合により後になります。
               先にTetsuさんの記事をご覧になってください。

              http://tanzawa.xsrv.jp/tetu/index.php/2012-12-07-05-55-27/197-2013-04-04-21-48-36
                          
                                                  


≪ 本日の出会い ≫

タチツボスミレ



エイザンスミレ


エイザンスミレ



エイザンスミレ



マルバスミレ



マルバスミレ



ナガバノスミレサイシン



ニリンソウ



モミジイチゴ



クサイチゴ



セントウソウ



ヤマエンゴサク



ヤマネコノメソウ



ヨゴレネコノメ



カントウミヤマカタバミ



トウゴクサバノオ



ヤマルリソウ



マルバコンロンソウ



ラショウモンカズラ



カキドオシ



ヤマブキ



コチャルメルソウ



ミツバツツジ



新緑が美しい季節になった!









Index of all entries

Home > 2013年04月

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top