Home > 2012年08月

2012年08月 Archive

金山谷再訪 ― 自然は偉大なマジシャン!?

 
 

▲ 前回 巻きがいやらしかったF1(魚止ノ滝)。今日は水量 少なく、登れたのでホッとひと息




8月最後の日曜日、友人二人と金山谷へ。
ここはちょうど2年前、イガイガさんに案内していただいた良渓で、
もう一度 行っても良いなーと思っていた所だった。

前回の様子はこちら。
http://hapimero.blog133.fc2.com/blog-entry-35.html


その後の台風や大雨のせいで、たぶん様子が変わっているのだろうなぁ
自分の印象も、初めての時と二度目では違うはず・・・・
良くも悪くも、その違いも含めて楽しみたいなと思ったのだった。





金山谷




2012年8月26日 晴れ
メ ン バー:はっぴー 他2名

コ ー ス :日陰沢橋神ノ川林道ゲート―広河原―仏谷出合―金山谷―
       源蔵尾根―金山谷乗越―源蔵尾根下降―広河原―ゲート
        
       コースは上図参照:広河原までの林道の往復は省略(行動時間 9時間10分)

      ※ 地形図が読めコンパスが使えることが最低条件。沢靴、ヘルメットは必須





ほとんど記憶にないのだけど、
神ノ川林道沿いの鐘撞山登山口から やや神ノ川ヒュッテ寄りに、
かつて長者舎山荘があった。
建物は取り壊されていてないけれど、跡地のそばに説明板が立っている。
これらの写真を撮りたいと同行者が言うので、私も撮ってみた。

        

▼ まずは林道沿いに立っている説明板




▼ 説明板のすぐ下、林道から一段低くなっている所に小屋があった。以前、一度くらいは見ていると思うんだけど




ゲート付近には車が一台のみ。暑いので、早々に広河原に向かって出発した。
最近、この林道を通ることが多くなったが、車がないと来れないエリアなので、
ご一緒させていただいた方々のおかげと感謝している。



▼ 彦右衛門谷第一堰堤の上からヒワタ橋を見る




広河原に下りて、神ノ川本流の金山谷へ進むと、岩水沢が左から入ってくる。
ここで沢支度を整え、さらに奥に入って行くと、ほどなくF1の魚止滝5m。

前回、水量が多かったので巻いたのだったけど、この巻きはシブかった。
できれば直登したいなと思っていたら、今日は水量が少なかった。ラッキー!
まず同行者が左のルンゼに取り付いて、難なく登った。

私も釜に入ってみると、水は腿のあたりまでしかないので楽に取り付け、
巻くより、ずっと簡単だった。



▼ 2年前は怖いような迫力があったF1。左に水流があって登れなかった。今より釜中に石がゴロゴロしている




▼ 今回のF1は水量が少なくスマートすぎて迫力がない。落ち口の石がなくなっている。釜は少し深くなった?




落ち口で写真を撮ったあと、振り向いてビックリ!
前回、右岸の岩壁の崩落により岩片で埋まってしまって見られなかったナメ滝のF2が
目の前に出現していたのだ!!
思っていた以上に長くて美しい滝だったので感激した。

それにしても、あんなに山積していた岩や土砂が押し流されてスッキリしてしまうとは、
現地に立ってみなければ、なかなか信じがたいことだった。
まさに「自然は生きもの」と納得できる一例だ。

このあとも、前回と形や雰囲気が変わった場面が待っているかもしれないなぁ
と思いながら先に進む。



▼ 2年前のF2ナメ滝の様子。あの時は、もうずっとこのままだと思ったのだけど




▼ 岩片の下から、こんなステキなナメ滝が現れた。というか、これが本来の姿だったんだー!




▼ 上部をもう一枚。スッキリしていて美しい~




▼ F2の先には、小滝が続いていて楽しい ♪ ルンルン




▼ 花の写真を撮ったりしながら仏谷出合へ




▼ 仏谷出合。仏谷は真っすぐ進むけど、金山谷はこっち。右に曲がるのだ




▼ その後もいろいろな表情の小滝が続く




▼ ここは工夫して撮ってみたんだけど・・・・




▼ これは2年前の時のF3で5m。水量多く、流れに勢いがあるし釜も深い




▼ 今回のF3。角度と色の違いもあるけど、岩がなくなり流れが変わって迫力なし




今回の“アルバイト”は、奥魚止滝前衛の二連滝を巻いてしまったことだろうか。
滝の前に立っても、登った記憶も巻いた記憶もなかった。
で、左岸から巻いたのだけど、これがけっこうシブーイ巻き。
途中で、「ここは巻かなかったわい」と確信したけど、ちょっと遅かった。

帰宅後、どうだったか確認すると、自分の記事には書いてなかったけれど、
イガイガさんの記事には登った様子がちゃんと書かれていた。脱帽。



▼ 正面に大岩壁、その手前の二連滝は直登 が正解だ




▼ 大岩壁には、ピンクのビランジの“壁飾り”




▼ 右に曲がっていくと、奥魚止滝と言われるF4の9m




F4は手前のゴルジュと一緒に左岸から巻くと、あとは楽しく登れる小滝が続く。
でも、何となく前よりゴーロや倒木が増えた気がした。
こんなに多かったかな~、こんなに長かったかな~金山谷、
なーんて思いながらセッセと歩いたのだった。



▼ F5、4m。 ああ、もっと水量があったらな~!




▼ F6、6m




▼ 岩壁に咲くビランジが目にやさしい




▼ 1090mで左から支沢が入ってくる。右へ




▼ 見栄えの良いゴルジュだ




▼ ガレと倒木で源頭の雰囲気だけど、まだ200mの登りがある~!




▼ 1170m付近の湧き水。もちろん美味しいコーヒーを飲むために お持ち帰り




▼ たまには上を見よう~ ほっとするね




▼ 最後の詰めはザレザレで危険なので、1250m付近から右の源蔵尾根に逃げた




▼ この特徴のある木の所で源蔵尾根に乗って主稜へ




▼ 金山谷乗越のホンの少し西の主稜から見る蛭ヶ岳。ここで沢装備をといた




登山道に出ても、今日は平日なので人が通らないなぁと思っていたら、
若い単独の男性が蛭ヶ岳の方からやってきて、檜洞丸方面に向かって行った。
挨拶をして見送った。



▼ 一応、金山谷乗越まで行ってから、源蔵尾根を下降することにした




源蔵尾根を下るのは二度め。
P1244mの下りで、まっすぐ行かずに西へトラバースする所だけ気をつければ
あとは問題ない。こことて、踏み跡がついているから大丈夫。
途中から植林になってしまうけれど、全体的に良い尾根だと思う。



▼ 詰め上がった所のすぐ下に崩壊地。少しづつ進行している?




▼ 1270m付近は平らで自然林、良い雰囲気の所だ




▼ 最後は第三堰堤の上に下り立つ




前に比べて水量が少なかったので、滝に華やかさがなかった。
前回トップに使ったF6の「花が咲いたように美しい滝」を、
また見られると楽しみにしていたので、左側に流れがなくて残念だった。
今さらだけど、やっぱり渓では水は主役だな~と実感した。

花も、その年その年違うだろうし、ホンの少し時期がズレても違うのだろう。
今日はホトトギスとイワシャジンには出あえなかったけど、
白い岩壁に可憐に咲いていた たくさんのビランジが、ずっと心に残るのだろうね。
もちろん、見事によみがえった美しいナメ滝のF2も!



≪ 本日の出あい ≫


▼ もう存在感のあるフジアザミが咲いていた




▼ タマアジサイ




▼ イワギボウシ




▼ タテヤマギク




▼ モミジガサ




▼ ヤマホタルブクロ




▼ キオン




▼ シロヨメナ




▼ ビランジのピンクが好き




▼ ハンカイシオガマ




▼ カシワバハグマ




▼ ニガイグチモドキかな~?




▼ 花がぼけてしまったけれどトチバニンジン。赤い実は時々みかける




▼ コボタンヅル




▼ クサボタン











夏と秋のはざまの 花と雲を楽しむ

 
 

                               ▲ 360度の展望をほしいままにして、身も心もリフレッシュー!!




     【 夏は終わろうとして 終わってはいない。

       秋は来ようとして 来ていない。

       季節が、夏から秋へ移るとき、

       天地間に大きな空白が 支配する数日がある。

       今ごろが そうだ。

       激しい燃焼のあとの虚脱に似て、

       もの憂さと 後悔めいた かすかな寂りょうがある。 】



    今ごろになると、毎年 思い出す『名文』で
    確か、朝日新聞のコラム中の一部だったと思うのだけど、
    だんだん記憶があやしくなってきている。


    むかし、感性をくすぐられる文章に出合うと、記録するクセがあった。
    そんなころの“珠玉の一編”だ。

   
    8月の暑い日でも、信州の2千メートルはスカッと爽やか!
    わずか数時間の滞在だったけれど、丹沢にはない雄大な景色の中で
    夏と秋のはざまを楽しんだ。

      

































≪ 本日の出あい ≫

▼ ツリガネニンジン



▼ オトギリソウ



▼ タチフウロ



▼ バッタ??



▼ トモエシオガマ



▼ シロバナニガナはピンボケで残念



▼ ハナイカリは初めてー



▼ ヤマオダマキ(蕾)



▼ ヤマオダマキ “装飾系”に変身!



▼ ヤマトリカブトも重そう~



▼ コケモモ



▼ カワラナデシコ



▼ 別のカワラナデシコの花アップ 自然のノミは素晴らしい



▼ ワレモコウ、いつもボケちゃうけど これなら いいかな



▼ アキアカネ?



▼ シャジクソウ これも初めて



▼ コウリンカ



▼ ヤマハハコ



▼ オヤマリンドウ



▼ ノハラアザミ



▼ ゲンノショウコちゃん



▼ マツムシソウとアキノキリンソウ



▼ ヤナギラン



▼ コウゾリナは、ついコウリゾナって言っちゃうのだ



▼ ノハラアザミとアキノキリンソウ



▼ ウメバチソウ



▼ アサギマダラ



▼ ウツボグサ



▼ クルマバナ



▼ クサボタン 



▼ へぇ~これがウスユキソウなんだー!









ヒゴノ沢の小滝を楽しむも ♪ やっぱり堰堤の多さにウンザリ~

 
 

▲ なんと この堰堤がヒゴノ沢で一番の“落差”だった!?




ミックスナッツさんから戸沢かヒゴノ沢という提案だったので
記録の少ないヒゴノ沢を選んでみた。
歩くにあたって、マシラさんとkamogさんの記事を参考にさせていただいた。

当初は11日の予定だったが、予報を信じたがために泣きをみるはめになり、
悔しいので12日にしがみついての実施。

途中ちょっとガスに包まれ、烏尾山手前では雨にあったけれど、
予定通りのコースで歩けたのが嬉しかった。

ミックスナッツさん、ありがとうございました。





ヒゴノ沢b



2012年8月12日 曇り 一時ガス&雨&晴れ
メ ン バー:ミックスナッツさん、はっぴー

コ ー ス :大倉バス停―戸川林道―表丹沢林道―上倉見橋―ヒゴノ沢入渓―烏尾山・三ノ塔鞍部(1060m)
        ―烏尾山(1136m)―中尾根下降―戸川林道―大倉バス停   (行動時間:6時間45分)


                ※ コースは上図参照:沢装備。地形図が読めコンパスが使えることが最低条件     
                  記事中の私が写っている写真はミックスナッツさん から拝借した




先週5日は、“行い”が悪かったせいで前夜 突然腹痛に襲われ、
楽しみにしていた「花探しコラボ」をドタキャンすることになり、
ご迷惑をおかけしてしまった。

したがって今日は15日ぶりの山。
体力面でもチョット不安だったので、
ミックスナッツさんに、階段があったらゆっくりで~
とお願いしたのだった(笑)

こんなお天気だから、大倉行きのバスはすいていた。
降車場で沢支度とヒル対策をして出発。
みんな大倉尾根か西山林道方面に向かい、
風の吊橋を渡ったのは我われだけだった。

こっちに来るのは本当に久しぶりだ。
以前はよく、長ーい戸川林道を ひたすら忍で歩いて
書策新道を上がったりしたけれど、最近はトンとごぶさたで
竜神ノ泉があることもスッカリ忘れていたのだった。

それにしても、こんなに遠かったっけー!?



▼ お金かけすぎじゃん!と思いながら、久々に「風の吊橋」を渡った




▼ 草むらに鮮やかなオレンジのキツネノカミソリが咲いていた。もうそんな季節なんだね~




▼ おお、懐かしの“竜神の泉”。もちろん帰りに湧き水を汲んでいくぞー




▼ やっと表丹沢林道のゲート、ここも懐かしい。雨の日に反対側から歩かされたことがあったっけな~(笑)




▼ ガスのせいで景色は墨絵のよう・・・・こんな景色も久しぶり~




▼ 清楚なコボタンヅルの白い花が、こんな日には似合うね




▼ 上倉見橋に到着。ここから入渓するのだけど、その前に・・・・




まず今日のミッションを遂行しておかなければならない。
何かといえば、環付きカラビナに半マストでの懸垂下降のレクチャーだ。
これを使えば、ロープを素手で掴んで降りるより、はるかに安全で楽だ。

私は沢登りは別として、
Vルートを歩く時は、必ずスワミベルトと環付きカラビナ、
シュリンゲ3本は初めから身に付けている。
プラス ロープ&簡単に装着できるアイゼン。
最低限これだけあれば、一応自分が安心できる。
あっ、最近は何かあった時のためにストックも1本。

山も沢も危険がいっぱい。街で遊ぶのとはワケが違う。
いくら山のベテランの方と一緒でも、危険箇所を歩くのは自分自身だ。
力量の足りないところは道具でフォローし、安全に遊びたい。
もちろん助けていただくところもあるけど、
要は、自分の身は自分で守るのが基本だと思っている。

そして下山するまでは“運命共同体”であるという、自覚と責任がお互いになければ、
本当に楽しく遊ぶことはできないと思う。

話を元へ。
ミックスナッツさんにハーネスを付けていただき、
半マストでの下降練習をしたあと、ヒゴノ沢の右岸に付いている
作業道を少し歩いて沢に下りた。

すぐに左岸から滝のかかった枝沢が入る。



▼ 水量があればなかなか見栄えがする滝なのだろうね




▼ 細い階段のような水流を登って進むと、このF1(8m)。難しそうなので右から巻く




▼ F1の巻きは途中まで岩盤状を、その後 左の頼りないロープを目印によじ登って




▼ 土の柔らかい枯れヤブの中をトラバースし、堰堤も一つ一緒に巻いて沢床に下り立つと右岸に作業道?が見えたー




▼ その後は滝場の連続となる。これがF2




▼ 快適に登れる小滝が続いて、ミックスナッツさんと思わずニカニカしてしまう




▼ 水流を楽しむ




▼ マシラさんの写真と比べて、水量が少ないのが残念~でも楽しい♪




▼ ずーっと続けばいいのにな~




▼ でも そろそろお楽しみも終わりかな




▼ やっぱり!トップ写真の見事な堰堤登場。ここから堰堤群の始まりとなった




この堰堤群の巻きで、かなり体力を消耗した。
ズルズルの急傾斜もさることながら、沢から離れると途端に暑くなるのだ。
う~~×××

ミックスナッツさんは堰堤の数をチャンと数えていられたけれど、私は途中で放棄ーー(笑)



▼ 間、省略で・・・・これが最後の堰堤、一番上流にあったせいかな、一番傷んでいた




▼ その後は詰め。まだ登山道の鞍部まで220mもあるのだ。最初は岩ゴロゴロで歩きにく~い




▼ 上部は 柔らかい土の中に石が混じっていて落石が怖い。ガスで見えにくいので土留めかと思ったら登山道だった




ヤブコギもなく、ピッタリ三ノ塔と烏尾山の鞍部に詰めあげた。
ここから西へ60m登ると烏尾山だ。
歩いていると突然 大粒の雨が降ってきたけれど、周りの木々にさえぎられて雨具不要。
幸い山頂に着くと止んでしまったので、ベンチで昼食にした。

まずはミックスナッツさんが持ってきてくださった冷えたビールで乾杯!
乾いたのどに しみわたって最高に美味しかった。ごちそうさまでした~



▼ 冷えたビールで乾杯は最高のぜいたくだ




お天気が悪くても さすが表尾根、人が何組か行きかう。
のんびりランチした後、下りは未踏の中尾根で。
ミックスナッツさんは歩いているので、私が先行でテストされる~(笑)



▼ 今は下り口はササが刈り払われているし、急だけれど迷うようなところはない。以前のエアリアでは黒破線だ




▼ こんな小広いところもあり、全体的に以前下った烏尾尾根より良い尾根だな~と思った。展望がないのが残念!




▼ 道標はかじられてボロボロなのかな?ちょっと青くさい匂いのするマツカゼソウが群生し、花期を迎えていた




▼ あっという間に登山口に到着。黒破線のルートと違って、途中から一つ北側の尾根を下り、作冶小屋の南に出た




ヒゴノ沢は水無川の支流で一番長いにもかかわらず、
「堰堤の多い沢」ということで敬遠?されているらしい。
あまり歩かれていないことと、そんなに難しそうではないことから入ってみたのだけど、
沢程が三分の一ずつハッキリ分かれている沢だった。

まず初めが快適に登れる小滝群、これは楽しかった。
次に堰堤群のこれでもか~という数の巻きで、
小滝群で味わった楽しさがマイナスになってしまった。
最後の詰めはヤブもなく まぁまぁという感じかな。
もしも、堰堤群が先で、小滝群があとだったら印象が変わったのかなぁ・・・・

そうだ、ヒル報告。
入渓後、すぐに前を行くミックスナッツさんが2匹見つけた。
その後、烏尾山でランチの時にチェックすると、私のスパッツに1匹と
ミックスナッツさんの靴に2匹付いていたので、当然 塩盛りの刑に。

あとは大丈夫だろうとノーチェックで帰宅。
お風呂場で靴下を2枚脱いだら、キャーいたー!!!!!
てなことだったけど、幸い実害ナシだった。












【 玄倉林道歩行者も含め通行止めのお知らせ 】とその他情報

  • Posted by: はっぴー
  • 2012-08-11 Sat 13:00:00
  • お知らせ
 
 

8月11日、denさんより玄倉林道他の林道情報他をいただきましたので、ご覧ください


・玄倉林道及び西山林道 歩行者通行止め解除のお知らせ(平成24年8月3日)

 台風4号等による被害の復旧工事が完了したため、
 玄倉林道及び西山林道の歩行者通行止めを解除しました。
 現在、歩行者のみ通行可能です。引き続き一般車両は通行できませんので、
 登山計画の際にはご注意ください。
 工事期間中は皆様のご理解とご協力をありがとうございました。


・秦野ビジターセンターによれば、

 【通行止め解除】秦野市道52号線(戸川林道) 
 8月1日(水)
 大雨の際は、土砂崩れが発生する恐れのある道ですので、
 引き続き。悪天候の際は、通行には十分注意しましょう。

 【歩行者通行止め 解除】西山林道 7/25~
 7月24日(火)
 鍋割山へのルート『西山林道』が路面陥没箇所の補修工事のため、
 7月末まで平日完全通行止め(歩行者・車両)でしたが、
 歩行者に限り通行止め解除になります。

 日程:7月25日(水)~ 

 ★以前からの一般車両通行止めは変わりません。
  ご協力をよろしくお願いいたします。


 


                         ※ 27日、下記を追記しました。

6月26日(火)、西丹沢に行った帰りに自然教室に寄って、
台風4号による被害の状況を伺ってきました。

職員の方のお話によれば、玄倉林道の通行止めは長引きそうだとのことでした。
土砂が林道に流出したのなら、取り除けば通れるようになりますが、
今回のは道路がスポンと抜け落ちてしまったので、
土台?から作り直さなければならないそうです。
大又沢林道や水ノ木林道と同じということですね。
青崩隧道が開通して まだ間もなかったのですが、復旧には時間がかかりそうです。

                             













(1)6月24日、〇福さんから
   「台風4号で玄倉林道は崩落のため通行止め」との情報をいただきましたので
   調べたところ、県の公園歩道(林道)情報に下記のお知らせがありました。

   denさんの「台風4号が、また丹沢の路を壊してないといいですが…」の心配が
   やっぱり あたってしまいましたね。
   きっと、他でも崩落などが多数 発生しているのではないかなと思います。


【 玄倉林道歩行者も含め通行止め】のお知らせ   掲載日:2012年6月22日

台風4号の影響により、玄倉林道の青崩隧道より先で大規模な路面崩落が発生しました。
現在、歩行者も含め通行できない状況となっています。
安全確保のため、当分の間、歩行者も含めて玄倉林道を通行止めとします。
皆様のご理解とご協力をお願いします。

【問い合わせ先】
神奈川県自然環境保全センター 自然保護公園部 自然公園課
電話:046(248)6682(内線209)



― * ― * ― * ― * ― * ― * ―* ― * ― * ― * ― * ― * ―



(2)M-Kさんから、24日に歩かれた際の「屏風岩山登山道から西側エリア」についての
   最新情報をいただきました。
   分かりやすいので、コメント欄ではなく こちらの記事の方に載せさせていただきます。
   M-Kさん、貴重なナマ情報、ありがとうございました。


24日に上ノ原~二本杉峠~さかせ歩道~951m西尾根(北側)~大又沢林道~千鳥橋
 歩きました。大又沢までは新たな崩壊などはなく進めましたが、驚いた状況は大又沢が
 渡る気が起きない(渡渉は絶望)流れであった事と、千鳥橋までの間に6月10日には
 無かった崩壊があり、新たな沢と滝が出現し林道は大きくせり出したガレに埋もれて
 いました。二本杉峠に登り返した大杉歩道は歩けるには歩けても、今までより更に足元の
 土が流されて危ない状況になりました。さかせ歩道と合わせ、こちらも経路としての価値は
 失われた感があります。地蔵平からの帰路には毛出シ峠へ上がるか951mへ上がるかして
 の二本杉峠にすると思います。】



― * ― * ― * ― * ― * ― * ―* ― * ― * ― * ― * ― * ―



(3)s-ok さんのホームページの =独り言=の下の方に、広域にわたる
   「神奈川県パークレンジャーによる登山情報(速報・通行止め情報)」があります。
   こちらも要チェックだと思います。
  
    http://homepage1.nifty.com/s-ok/


― * ― * ― * ― * ― * ― * ―* ― * ― * ― * ― * ― * ―



(4)【 秦野市道52号線(戸川林道)通行止め 】秦野ビジターセンター「登山道情報」 06/22

 6月22日現在、戸川林道は人・車両ともに通行止です。
 復旧には1~2週間はかかるかも知れないとのことです。(秦野市さんより)
 新たな情報が入り次第、掲載します。








Index of all entries

Home > 2012年08月

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top