FC2ブログ

Home > 2011年06月30日

2011年06月30日 Archive

平塚晶人氏=文 「地図 自立した登山者へのパスポート」

  • Posted by: はっぴー
  • 2011-06-30 Thu 23:23:00
  • もの想い

「地図 自立した登山者へのパスポート」 平塚晶人氏=文

.......................................................................................................



 丹沢をフィールドに地図読みの講習会を主催するようになって1年半になる。
参加者の主体は40代50代の、登山を始めて5年以内の方たちだ。

 人に地図の読み方を教えておいて変な話だが、私は参加者によく、
なぜ地図を読めるようになりたいと思ったのですか、と尋ねる。
沢登りから山を始めた私にとって、地図読みは必須の技術だった。
だから、地図読みに対する一般登山者のニーズには不案内だし、
それゆえに関心も高かったのである。

 回答はさまざまである。直接的には、現在地を正確に知り、
道迷いを防ぎたいという動機が多い。しかし、そう答える人のほとんどは
道に迷った経験をもっているわけではないのだ。

 では、根本にある理由はなんなのか。それを多くの回答者から抽出して
ひと言で表わすと、「自分の山歩き」をしたい、ということになるかと思う。

 講習会の参加者のなかに、強く印象に残る58歳の男性がいる。
その方は、地図が読めるようになるにつれ、丹沢の一般コースではない尾根を
ひとりで歩くようになった。年齢のこともあるし、当初は心配した。
しかし、見知らぬ尾根に入る前には、入山口と下山口を偵察し、
ねらいを定めたルートの様子を近くの山から遠望するなど、完璧な準備をしてから
山に行っているとの説明を聞き、今では私も応援している。

 こうした例をあげると、「自分の山歩き」とは、一般コースを外れることと
誤解されそうだが、もちろん違う。自分で考え、自分で判断する山歩き、
それが「自分の山歩き」である。

 パーティを組んで山に入るとき、他者に精神的に依存してしまうと、
地図を読む必要は限りなくゼロになる。いわゆる、連れて行ってもらう山登りである。
たとえ山岳会のパーティで厳しいルートに挑戦したとしても、
リーダーに頼りきってしまえば、それは連れていってもらう山だ。
一方、ツアー登山であっても、山行に主体的に臨めば、「自分の山歩き」となりうる。

 地図を読めるようになりたいという思いの出発点には、連れていってもらう山は
卒業して、「自分の山歩き」を始めたいという願いがきっとある。
件(くだん)の58歳の男性は、日の長い時期であっても、午後2時半を過ぎたら
未知の尾根には入っていかないと話しておられた。
思考錯誤を経て生まれた自己の基準。まさに自分で考え、判断する、主体的な
山歩きである。それがどれだけ楽しいものか、容易に想像できる。
そして、自分自身で山と向き合おうとしたそのとき、地図読みは欠くべからざる要素
となるのだ。

 地図を読むとは、等高線と実際の地形を照合し、山を立体的にとらえることである。
すると、自分の歩くコースが歩く前からイメージできる。そして地図を読みこなせれば、
現在地を正確に把握できる。ここが登山地図との相違点だ。
登山地図では、2地点間の所要時間に目がいきやすい一方で、コースの起伏のイメージは
おろそかになりがちだ。そのため、めざす山小屋の手前に標高200メートルの登りがある
ということすら知らないまま歩きかねない。それは登山地図に連れていってもらう山歩きに
すぎないのである。

 GPSについても同じことがいえる。GPSはルートをナビゲーションする機能を
駆使できなければ、その威力が半減する。しかし、そのためには、地図を読んで
山を立体的に把握する能力がどうしても必要になる。たんに数値から現在地を把握しても、
地図が読めなければいざというときの対処はできない。それは、自ら山に向き合っている
登り方とはいえまい。

 自ら考え、判断して山を歩く。先を読み、事態を予想し、自分を律する。
地図は、そのような自立した登山者になるための必須アイテムなのである。



以下は 著書「山岳地形と読図」から一部抜粋

 地図読みは、山頂を目指す、花を楽しむ、山岳写真を撮る、おいしい空気を吸う
といった、山登りの目的と同列の位置にはない。あえて言うならば、その前提である。
しかし、それはことのほか楽しい前提である。現在地がどこなのかを特定する作業は、
ときとして論理的な思考をともなう。そのおもしろさ、奥深さをひとりでも多くの方に
味わっていただきたいと思う。



.......................................................................................................



何年か前に、平塚さんの地図読み講習会に4コース参加した。
このとき、文中に登場する男性と3回一緒になった。
たいへん熱心な方だったなぁ、と記憶している。
今も、お元気に山を歩いていらっしゃるだろうか・・・・・









Index of all entries

Home > 2011年06月30日

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top