Home > 2010年09月

2010年09月 Archive

神ノ川金山谷~ミカゲ沢ノ頭北西尾根下降 を楽しむ

 
 


                           ▲ 花が咲いたように美しい滝があった
                       


「第2回 イガイガワールドを楽しむ」(勝手に命名)は、
広河原周辺の谷と尾根を、ご自分の庭のように自由に歩きまわっていらっしゃる
イガイガさんのガイドで、私にとっては未知の神ノ川流域、金山谷に挑戦。

丹沢の中心に北側から登るのも楽しみだったが、
季節がちょうど良かったので、沢もお花も楽しめた。
おまけに、未踏尾根の下降もあって、
とてもラッキー&ハッピーな山遊びになった。
イガイガさんに心から感謝。




金山谷ルート図_R
                           ▲ ルート図はイガイガさんから拝借しました




2010年9月19日 晴れ時々曇り
メ ン バー: イガイガさん、ハッピー
コ ー ス : 日陰沢橋神ノ川林道ゲート―広河原―仏谷出合―金山谷乗越―神ノ川乗越
        ―ミカゲ沢ノ頭北西尾根―仏谷出合―広河原―ゲート
        上図参照(行動時間 9時間15分)
※ 沢靴、ヘルメットは必須。
  また、一部バリエーション・ルートが含まれているので、地形図が読め、コンパスが使えることが最低条件





                   ▲ 神ノ川林道から広河原へ下りるチョット手前からの景色



神ノ川林道のゲートを抜けて、朝日の中を歩き始める。
途中、トンネルを二つ抜ける。
チャンと足を出しているのに、
進んでいないような不思議な浮遊感が面白かった。

尾根と谷が連なっていて山が深いなぁ。
ススキが陽に耀き秋の雰囲気を添える後ろに、
遠く蛭ヶ岳がかすむ。

広河原に下りて歩いて行くと、途中に大きなザックがいくつか
置いてあったが、人が見当たらない。
どこか、歩きに行っているのかな~と思いながら傍を通り過ぎる。

岩水沢出合の手前で沢靴に履き替え、自由に歩き始める。
沢が846mPに沿うように曲がって行くと、待っているのが魚止滝。




                     ▲ 魚止滝



両岸が狭まっている奥に、豪快に水を落としている。
一人だと怖いような雰囲気だ。

イガイガさんは三脚を使って、丁寧に写真を撮られている。
だから滝の写真が素晴らしいのだ。

見物の後、少し戻って右岸を巻くが、ここはトラロープがあった。




                                   ▲ 埋まってしまったというF2



沢に戻ると、右岸から押し寄せたガレで、
以前あったという綺麗なナメ滝が、
無残な姿になっていたので残念だった。




                                 ▲ 金山谷に入る



仏谷出合から右の金山谷に入ると、すぐに
右岸からミカゲ沢ノ頭北西尾根の末端が落ちてくる。




                     ▲ ミカゲ沢ノ頭北西尾根の末端



これが末端。数時間後、ここに下りて来るはずだ。




                     ▲ 奥魚止滝の手前の二連滝



奥魚止滝の手前にかかる二連滝は、綺麗な釜を持つ美しい滝。
遠くから見ると、チョットこちらに向かって来る竜のようだ。




                                ▲ 大崩壊地



その滝上の正面が今にも崩れてきそうな この大崩壊地。
下に立っているのも怖い。
写真では、この迫力と恐怖は伝えられない。

下山路の尾根の1070mくらいで、この上を通過した時
下を覗いてみたが、下から見上げた方が ずっと迫力があった。




                                ▲ 奥魚止滝



大崩壊地に突き当たって右に進むと奥魚止滝。
左側から落ちている貫禄ある直爆だけど、
左岸の巻き道の途中から見た落ち口あたりは、あまり迫力がなかった。

イガイガさんのお話では、この滝も流れが変わってしまったらしい。
この辺の話や、奥魚止滝の素晴らしい写真は、
下記イガイガさんのブログでどうぞ。

http://igaiga-50arashi.at.webry.info/201009/article_5.html




                 ▲ 快適に小滝を登る No.1



奥魚止滝を左岸から巻いて沢に戻ると、
気持ち良く登れる滝が連続する。
大事に、楽しみながら登る。




                    ▲ 光と水の饗宴 「わぁ、きれい~!」




▲ 快適に小滝を登る No.2 

 
                  

                             ▲ ツメはお約束通りのヤブ無しだった



途中で湧水を見つけたので飲んでみると、とても美味しい。
「至福の時」ならぬ「至福の味」だ。

以前、神ノ川ヒュッテに泊まった時、
水が流れっぱなしだったので聞いてみたところ、
ここの水は何十年も経た伏流水で、
半年間そのまま置いても腐らないのだと言われた。

湧水の美味に、この話を思い出したけど、飲んだ水もそうなのかな。
でも、なんで何十年も経た水だって分かるのかな~
などと話しながら、いよいよツメに向かう。

イガイガさんが前に歩かれた記録では、
途中から左岸の源蔵尾根に乗っていたので そのつもりでいたら、
今回は金山谷乗越へ直にツメルとのこと。

最後の数メートルが泥斜面で登りにくそう。
イガイガさんは得意のドライバーを使って直登したが、
私は少し手前で右の尾根に乗り、最後で左にトラバースして無事、稜線に出た。

私も今回、ドライバーを用意してきたので使ってみた。
土にもよると思うけど、ここはあって登りやすかった。




                             ▲ 古い道標も健在だった



乗越から数分の所にベンチがあり、ここで昼食を取り、
靴を履き替えた。




                              ▲ 神ノ川乗越付近からの景色




                                 ▲ 自然林の中を臼ヶ岳へ向かう



自然林の稜線歩きは、また違った楽しさがある。
ただ臼ヶ岳までが思ったより長かったので、
地図を見ずに、もうミカゲ沢ノ頭に着いたと勘違い、
あとで、まだ臼ヶ岳と言われてガックリした(笑)

ベンチで休憩していたら、少し後ろを歩いていた単独の男性が追いついてきた。
西丹沢自然教室から歩いてこられたとのこと。

途中、いろいろな花が疲れを癒してくれたけど、
シロヨメナの群生があまりに多くてビックリ。
以前、丹沢山の近くでも大群生を見たことがある。
シカが食べないのだろうね。




                                 ▲ やっとミカゲ沢ノ頭に到着~!



ミカゲ沢ノ頭には山名板などなくて、
黄色の「保安林」の看板が目印だそう。

そうだ、臼ヶ岳~ミカゲ沢ノ頭は未踏区間だった!
今度は、ここから蛭ヶ岳が未踏区間で残ったけど、
この北西尾根を使えば歩けるかもしれない、などと密かに考える。




                                  ▲ シビレながらの急下降だった



北西尾根の下り初めは、ホントにホントに、ここ??
って、何度も確認したくなるくらいガクンと落ちている。

イガイガさんによれば、「正しい方向なら少し下るとロープがある」
とのことなので、コンパスを合わせ方向を定めて、下り始める。

途中でチョットもたついていたら、
“山の実力は間違いなく三枚上手のイガイガさん”に先行され、
「ロープがあったー!」の声に思わずホッとする。

しかし、ここは転がってでも先に行って(笑)
写真を撮るべきだったと、写真交換の時に気がついた(遅いよー)
ウ~~、残念!
っていうか、ホントはクヤシイ~!!




       ▲ 念願だったミカゲ沢ノ頭北西尾根を下る




                            ▲ 1230mの赤土の裸地から檜洞丸を見る




                                    ▲ 自然林が美しい尾根だ



最初のRFだけで私は用済み。
あとは頭に地図が入っていて、熟知しているイガイガさんに
安心してお任せし、ルンルンで憧れの美尾根下降を楽しむ。

尾根の末端に近づくと急になるので慎重に足を運び、
最後は付いていたロープで金山谷に下り立った。

沢の水で顔を洗い、サッパリしてから広河原をめざす。
最初は登山靴で歩いていたけど、沢の下降なので どうも落ち着かない。
チョットめんどうだったけど、途中で沢靴に履き替えて大正解!




                                      ▲ ようやく広河原に戻る



広河原で再び靴を履き替えて歩き始めると、
川向こうでテントを張って、男性二人がくつろいでいた。
朝の荷物の持ち主だろうか。

河原から林道に上がり、
充足した気持ちが、シビレタ身体を引っ張って
駐車地までの林道を戻った。

イガイガさん、3つの味が楽しめるコース、
ロングで疲れたけれど楽しかったです。
ありがとうございました。
・・・ああ、記事もロングになってしまった~


♪ 本日、出会った花々


























寄沢で「山ボーイズ」に出遇う

 
▲ 白と緑とカールが美しいが、迷路のような寄沢上流部を行く / Sさん撮影



今日は全体的に曇り空だが、
雨山の上空あたりだけ、ガスがかかっている。
何だかデキスギ~!と思うのだけど、
もしかして“最初に雨雲ありき”で、この名が付いたのかもしれない。



檜岳_R



2010年9月14日 曇り一部ガス
メンバー:Sさん、はっぴー
コース :寄大橋―寄沢―雨山峠―雨山―檜岳(ヒノキダッカ)―P753m手前鞍部―中澤橋―寄大橋
     上図参照(行動時間 7時間30分)
※ 一部バリエーション・ルートが含まれているので、地形図が読め、コンパスが使えることが最低条件





                                         
3年前の6月、鉄砲沢に行った時以来の寄沢だ。
久しぶりのゲート付近には、
「やどりき水源林」「成長の森」など、
いろいろな案内板がふえて、
ずいぶん にぎやかな感じになっていた。





                       ▲ 森林事業も行われている




                       ▲ だだっ広い河原に、堰堤が何基も現れる


のんびり歩いていると、後ろから若者が二人、追いついて来た。
あれっ、さっき寄のバス停辺りにいるのを、車から見かけた少年たちだ。
聞けば、高校生で、雨山峠経由で鍋割山から小丸尾根を大倉に下るとのことだった。
軽く、挨拶を交わして、先に行っていただく。




                       ▲ 雨山峠までは、あちこちに道標がある

休みながらSさんと、
「道に迷うような所もないし、若いから足が速いよね~」
などと話していたら、先行していたはずの彼らが
後ろから、現れたのでビックリした。
場所は、上部が大崩壊地に通じる寄コシバ沢の手前の沢だ。

尾根に赤テープが付いていたので、
どうやらそちらに引っ張られてしまったらしい。
う~~ん、大丈夫かな。
ちょっと心配になりながら、
対岸のヤセ尾根に取り付いて行くのを見送った。




                       ▲ 倒木は台風9号のせいかな

われらも雨山峠に向かう。
ここにも左に、赤と黄色のテープが下がっている。






雨山峠にはベンチと道標、注意書きなど
いろいろな物が立っている。

ここで、お昼を食べていると・・・人が来た。
顔を見て驚いた。またもや、彼らではないか!?
えーー!どうして~!!

キツネに化かされたような、信じられない気分。
聞けば、寄沢上部で、またも赤テープに惑わされ、
小沢に入ってしまったらしい。
Sさんも言うように、この辺は迷路のようになっているし、
しかも、始末の悪いことに、どこでも入って行かれる小沢なのだ。

それにしても、危ない。
高校の先生に山に連れて行ってもらっているが、
二人で山に来るのは初めてということで、
本人たちも“初心者”と自覚している。

行動食は持っているが、昼食は持っていない。
2万5千の地形図と笛を持っていたが、
地形図だけでは初心者の得る情報は限られている。
エアリアを見せて、これも持つように勧めた。

彼らは鍋割山、われわれは雨山で反対方向なので、
下山コースを小丸尾根から後沢乗越経由二俣にするよう
アドバイスして別れた。
無事に下山できただろうか。




       ▲ 雨山への登り。ここから檜岳までが未踏区間




              ▲ ガスの中に大ブナが





                        
朽ちた道標には、右:秦野峠、左:雨山峠とあるが、
真中の現在地は読めない。




                      ▲ 雨山山頂(1176m)




            ▲ ブナと手前は何の木だろう、重なった葉の濃淡が美しい




      

檜岳山頂にはベンチが多い。
以前、来た時、北側の景色が良かった記憶がある。

昔は良く歩かれたルートで、ここで景色を眺めながら
ひと休みしたのかなと思う。
今は、ほとんど朽ちて壊れているのが寂しい。






ヒメシャラの大木が何本かあるが、
以前より、幹に苔が付いていて、木肌の美しさがない。






檜岳山頂の南西側のピークから、P753mに向かって下って行くと、
手前の鞍部で森林作業のため通行止め。
ピークを右側から巻いて、地形図に破線が入っている
一本西寄りの尾根を下るようになっていた。
下り立った所は、下の写真の中澤橋だった。

ちょっと林道を歩く距離が長くなったけど、
駐車した寄大橋に16時過ぎに戻った。






♪ 今日、出会ったものたち
  ・・・分からないのはキノコとツタかな


































228クサギ_R_R_R_R




開放感あふれる早戸川中流を行く


           <こんな景色が、開放的な気分にしてくれる>


早戸川の開放的な景色が好き!
空が広い。木々の緑が美しい。そして、川原がダイナミックだ。
ここに来ると、何だか気持ちが、のびのびしてくる。

今年5月中旬に、早戸大滝を訪れた時は、
新緑が眩いばかりだったが、今日は夏空が広がっている。
いつ来てもいいな~、早戸川。
さぁ、今日も、楽しい水遊びへ Go !!!


早戸川1_R


2010年9月2日 沢日和
メンバー:Sさん、ハッピー
コース :魚留橋~伝道~堰堤巻いて入渓~雷平~雷滝~雷平~造林小屋~伝道~魚留橋
    上図参照(行動時間 :のんびり遊んで6時間半)
    ※ 沢装備・着替え・ザックの防水対策





魚留橋に駐車して伝道へ。堰堤をやり過ごして、沢支度をし入渓する。
可憐に咲いているヤマホトトギスに気持ちが和む。

川原を少し歩いて、堰堤を2基右から巻くと、
左から円山木沢が入ってくる。



                      <けっこう深い釜の中を進んで取り付く>

大きな岩がゴロゴロ現れる。
さすが本流、スケールが大きく、流れもダイナミック。

「前回の一ノ沢とは迫力が違うねぇ!」と、テンション急上昇の我ら。
「やっぱり、本流がいいねぇ」などと、生意気なことを言いながらウキウキ歩く。



                      <オー、天然貸し切りプールだぁ!?>

驚いたことに、岩の陰に男性が一人。
Sさんと言葉を交わしているが、私には何を話しているのか聞こえない。

あとで聞いたら、ナント泳ぎに来ていたそうだ。
こんなところに、わざわざ泳ぎにくる人がいることにビックリした。
あっ、でも丸渕で泳いでる方も・・・(笑)



       <ここはチョット スリルと苦労だったね~>              

♪ のちの告白
こーんなのが続いたら、たいへんだぁ!!
と、お互いに思ってた・・・(笑)



                         <大きな岩がゴロゴロ>

岩と水と、まともに向き合いながら進むも、途中で少々ヘタリ気味。
ふと左を見ると、な~んだ、巻いてるトレースがあるよ。
それじゃあ、ちょこっと休憩しよー、と水流から逸れたり、



             <気持ち い~い!!>

時々、釜につかって、身体を冷やしたり、
気ままに歩く。



                   <曲線を描く水流と、苔の緑が美しいナメ>






雷平が近づくと視界も開け、気持ちが清々する。
夏空だと思っていたけど、何となく秋の気配も漂っている。



                    <こういうのが楽しいのだ~!!>




                   <遠くからでも目を引く華やかなイタドリ>




                    <野菊かな?やさしい色あいだった>

雷平でランチ。
透き通った陽射しの中で、イタドリと野菊のような花が咲いていた。

のんびり遊びながらだけど、伝道から3時間弱、
やっぱり沢の遡行は時間がかかるね。

でも、ここまで来たら、久しぶりに雷滝が見たい!
ということで、そこまで行って戻ることにする。



            <この滝、面白いね~>



      <ジッと見てると何かに見えてこない?>





市原新道の途中から見える雷滝だ。
白いたおやかな曲線が、緑の間から透けて見える。
何て優美なんだろう。チラ見、最高!(笑)





こちらは滝つぼに下りて見た雷滝。
武骨な男性っぽい感じ? 
大きくすると、もっと迫力あるんだけど・・・
同じ滝なのに、こんなに印象が違うのが不思議~

どうせ行って戻るのだからと、途中にザックを置いて行ったら、
3枚写した後、カメラのバッテリーがなくなってしまった(泣)。

ヘタな鉄砲は数撃たなきゃならないのに、換えはザックの中。
まぁ、3枚だけでも撮れてラッキーかな。

ここで、蛭ヶ岳から市原新道を下りてきた男性二人と、すれ違った。





帰りは、雷平から数えて二つめの木橋まで沢を下り、
そこから登山道に上がって伝道まで戻った。
久しぶりに「身体と頭使って歩いたー!」という感じの充実した沢歩きだった。


■本日のオマケ


                  <登山道に上がる手前で、“本物”のひと泳ぎ>



DSC00138_R
                   <こちらは泳いでるふりの“偽物” /Sさん撮影>




土沢一ノ沢に涼を求めて

9DSC00110_R
<夏の滝登りは水流の中が楽しいね/ Sさん撮影>



年々暑くなっている気がする夏、数年後には、どうなるんだろう・・・
耐えられるのか!?私の身体。いや、精神の方かな~。

考えると不安になってくるが、今日も、とりあえず水遊びで暑さをしのごう!
と出かけたのは、土沢一ノ沢だった。


土沢一ノ沢_R


2010年8月26日 沢日和
メンバー:Sさん、ハッピー
コース :明神峠駐車地~壱之沢橋~一ノ沢遡行~山中湖小山線車道~登山道~明神峠駐車地
     上図参照(行動時間 :のんびり遊んで5時間半)
    ※ 沢装備・着替え・ザックの防水対策




ニカニカのコラボに参加させていただき、
M-Kさんたちと土沢本流を、吊り橋から入道滝まで歩いたのは
6月6日のことだった。

あの続きも歩いてみたいが、その前に一ノ沢をチョット偵察。
こちらは本流と違って豪快さはなく、穏やかでおとなしい感じだ。




それでも、小釜のある滝もあって、
今日もSさんは、ご覧のように“泳ぐぞ~!!”モード全開だ。




釜だってジャブジャブ入って滝に取り付いて




しっかり水流を登るのだ。
このくらいの沢遊びが楽しいワレラだ。



<Sさん撮影>

ちゃんと、私の好きなナメもある。
難しいところが全くないので、ズンズン歩いて行くと、
前方に木橋が見えた。




左岸と右岸に、良く整備された道が見える。
それをつないでいるのが この橋で、まだ、割と新しそうに見える。
右岸の方には赤テープも付いていた。




こっちは振り返って見たところ。
仕事道には見えないなぁ。

帰宅後、
「神奈川森林計画区/第3次国有林野施業実施計画図」を広げてみると、
面白いことに、ちょうど橋があったあたりを、
エアリアには描いていない歩道が横切っている。

三国山 ― 明神峠間 の1201.4mPから北東に伸びた尾根が、
山中湖小山線と交差するあたりから、歩道の破線が始まっている。

そして、一ノ沢を横切り、一ノ沢と二ノ沢の間についている
一ノ沢歩道につながっている。

もしかしたら、この歩道が整備されたのかもしれないと
推測しているのだけれど、いずれチャンと確かめてみたい。
さらに、この周辺にあるいくつかの歩道も、探検できたら面白そうだ。




崩れかかっている堰堤が出てきた。
「へぇー、中はこうなっているのか~!」と驚いた。
なかなか見られないよね、こういうのって。




この堰堤を左から巻く。




最後の方に出てきた滝は、登れそうなので一段めを登ったが、
上の方はボロボロで、頭くらいの大きな塊がガバッとはがれるので怖かった!
無理せず下りて巻いたけど、堰堤の多い沢って、こういうことなんだろうね。




昼食を取った場所の先方に、また大きな堰堤が見えたので、
ここから左の尾根を登ることにした。結構、急登。




およそ100m登って、三国峠寄りの山中湖小山線に出た。

一ノ沢は、ややおとなしすぎて、物足りなくもあったけれど、
途中で見つけた歩道には、チョットそそられた。





途中まで車道を行き、三国山からの稜線と交わったところで山道に入って、
駐車地まで戻った。
歩きながら、車道から下を覗くと、ゴミがたくさん投げ捨てられていた。
こういうのって腹が立つなぁ。


♪ 今日の出会いは・・・

歩いていると、ススキや秋の花が目についた。
いつの間にか、山は夏から秋へと変化している。


<鮮やかなフシグロセンノウ>


<ミゾホオヅキには実ができている>


<ツリフネソウの形は楽しいね~>


<ジッと見てると、“哲学者”に見えない?>


<ホトトギスはソバカス美人>


<ゲンノショウコにはアクセントの虫>


<楽しい形のクサボタン>





Index of all entries

Home > 2010年09月

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top