FC2ブログ

Home > 2010年08月11日

2010年08月11日 Archive

白い岩と碧の釜が美しい玄倉川へ




記録を見ると、2005年の8月のことだった。
リハビリに、モチコシの大滝見物に行った。

地下足袋、ワラジ、一人でゆるゆると歩いた。
まだ、沢初心者、初めてお腹の上まで水につかって、
ビクビクドキドキの大冒険だった。

真っ白で滑らかな巨岩は、初めて目にする美しさだった。


玄倉川_R


2010年8月7日 沢日和
メンバー:Sさん、ハッピー
コース :玄倉ゲート~青崩トンネル~仏岩の川原~玄倉ダム を往復
    上図参照(行動時間 :のんびり遊んで8時間)
※ 沢靴・濡れても良い恰好・自分がカナヅチの場合、泳げるメンバーとロープ



004コナスビ_R
                ≪林道に咲いていたコナスビ≫


「玄倉でのんびりしよう」という1ヵ月前からのSさんとの約束が、
やっと実現の運びとなった。

ゲートで、駐車地をどこにしようかと悩んでいると、
ほどなく1台の車が、カッコ良く現れた。
乗っている男女も、山とか沢などを徘徊されるような方々には見えない。
ひとことで言えば、“場違い?”な感じ。

しかし、またまたピーン!ときたのだ。
「あのう、もしかしてマイナールート探検隊の方ですか!?」
大当たりだったのでビックリ!!

何とも心強い味方の登場で、相談しながら駐車作業をしていると、
ダンプカーがやってきて、運転手の方が親切に
「こっちがホコリ被らなくていいよ~」と教えてくださった。

準備を終えて、紹介したり写真撮影し合ったりしてから、
キリヤマ隊長とアンヌ隊員は川原歩き、
われわれは林道と、分かれてのスタートとなる。
たぶん、また後でお会いできることだろう。



015マルミノヤマゴボウ果期_R
              ≪マルミニヤマゴボウ果期≫


道草をくいながら、のんびり歩きで約1時間、青崩隧道に到着。
左側に踏み跡があり、ガレた沢を下ると、
右上に仏岩と青崩隧道が、左手には堰堤が見える。

沢支度をしていると、黄色の半袖シャツに、少し大き目のウエストポーチ、
スポーツシューズ?の出で立ちの男性が、突然現れ走って行くが、
チョット立ち止まり、近くのSさんにわれわれのコースを問いかけた。

妙にお若く見えたので、マシラさんかどうか半信半疑だったが、
あの出で立ちは、一度小川谷で見かけたもの。
本日、同角沢と言いおいて、風のように走り去った。




                  ≪ゆったり白い川原を行く≫


さて、5年ぶりで訪れた玄倉川だったが、
何だか以前と比べると、あの輝くような白さではない。ちょっとガッカリ。

でも、Sさんは「十分綺麗だよ~」と喜んでいるので良かった。
これは初めてと二度目の差?それとも私の記憶が美化されたのか・・・
そのうち昔の現像写真を探してみよう。

水は少ない。
前に来た時は、モチコシ沢出合までに、お腹の上までつかった。
今日は楽しく歩いていて、ふと左から入る流れに気がつくと、
それがモチコシ沢だった。何ともアッケない。



              ≪モチコシ沢出合≫


ゴルジュを奥に入っている時、キリヤマ隊長とアンヌ隊員がやってきた。
「もう、先に行かれたかなぁ」と思っていたので、再会が嬉しい。



                      ≪モチコシ沢大滝≫


大滝の下まで行って写真を撮る。
以前は水量が多かったのと、歩き慣れず滑りそうで怖かったので、
真下まで行かれなかった。

今回は思いのほか簡単に来れ、全体を見られたので満足!
50mとか60mと書かれているので、確かに迫力があるけど
今日は水量が少ない。

この時、思いがけない光景を目にして、思わず叫び声をあげるが、
その理由は8月15日にアップされる「丹沢マイナールート探検隊」
の記録をご覧いただきたい。




                  ≪向山沢大滝≫


さて、再び玄倉川に戻り、先に進むと向山大滝70mが左側に落ちている。
見落としてしまいそうなほど、水量が少ない。
滝というより、岩壁を水が伝い落ちているような感じで、ちょっと味気ない。




               ≪釜で遊ぶキリヤマ隊長と見守るアンヌ隊員≫


でも、川原は素晴らしい。
綺麗な釜で、キリヤマ隊長とSさんが嬉しそうに泳ぐ。
周りの勧めで、私もしずしずと(実はあまり気乗りしていない)、
足が届くところに入ってしゃがんでみる。つめた~い!!

足の方は沢用ファイントラックのスパッツをはいているが、
上はそうじゃないので、やっぱり冷たさが違う。



            ≪水を得た魚のSさんの泳ぎ≫


ここで、キリヤマ隊とはお互いの健闘を祈りつつ、お別れする。
われわれは、もうしばらく水遊びを楽しむことにする。
軽く食べたりして、気が付くと1時間も遊んでいた。





                ≪美しい白と黒と碧の世界≫




                 ≪水中から上がるSさん≫


しかし、のほほんと楽しんでいられたのも、ここまでだったのだ。
左から入る10m滝を過ぎると最初の淵が始まる。

右側は腰上まで水につかる、左側は足がかりがない大岩、
どっちも厳しいので迷っていると、
チリンチリンというカラビナがぶつかり合う音が、
だんだん近づいてくる。

そして現れたのは若いイケメンの二人連れ。
見れば、沢装備もカッコ良く決まっている。
われわれが右往左往しているうちに、
サッサとそれぞれ左右から登って、アドバイスしてくれる。
この時だ、Sさんも私も、ついカメラのことを忘れて水中にドボンした。




                  ≪お助けマンの後ろ姿≫


ああ、カメラは防水ではなかった!
よって、このあと急成長した(?)われわれの記録写真はお見せできない。
誠に残念である。

さて、次なる難関は長い淵だ。
左の斜めになった細長い岩を登り、その先で2m下りる。
この下りる岩に足がかりがなく、すぐ横が淵。
降りはじめのところに残置ハーケンがあり、ロープが2本下がっている。
これにつかまって下りるのだが、踏ん切りと度胸を要するところだった。

この間、若者たちは淵の手前で何やら作業中。
やっとここを抜けて見ていると、彼らは淵を泳いで渡る作戦だった。

一人がザックにロープを結び、そのロープの先を腰に結んで空身で泳ぐ。
残った人は自分のザックを背負い、先に渡った人のザックを
ビート板のように持って、引っ張ってもらう。
よく写真で見るけれど、われわれには縁のない世界の話・・・

今まではね!
泳げるSさん、これをやろうと言い出した。
泳げない私、顔が引きつった!!

でも、この先の淵は手ごわいようだ。やるっきゃないね!!!
Sさんは健康のために水泳を始めたそうで、
プールに行くと1キロは泳ぐとのこと。カナヅチの私には凄すぎる。

ということで、結局、行きは2回、帰りは4回、この手を使った。
腰ベルトを外し、ザックは横にしてバタ足、これがコツだ。

いやぁ、慣れとはすごい!最初は足がつかないので怖かったけれど、
「最後は顔の引きつりがなくなった」とSさんがのたまう。
ただし、流れが速い沢では、こう簡単にはいかないだろうけど。



アッチ沢と林道
               ≪林道とアッチ沢の滝 /Sさん撮影≫


一番大きな淵をクリアーすると、ホッと一息。
間もなく林道と、アッチ沢の階段のような滝が見えた。
Sさんのカメラが最後の頑張りで、滝とダムを記録した。

ここで昼食をとりながら、帰りの相談。
沢を戻る第一案と、林道に上がり、アッチ沢左岸尾根に取り付き、
途中で山神峠―境隧道の道に合流する第二案を考えていたが、
今回は尾根は暑いし、淵を行く技を磨くべく、このまま戻ることにする。


まったり歩く_a
≪初めまして!たまには登場したらとSさんに言われて /Sさん撮影≫


帰りは景色が違う。登る時より下る方が、全体の様子が見える。
へつる時は、出す手と足が左からになるが、行きより余裕がある。

青崩隧道に戻り、もう誰も来ないだろうと、のんびり沢装備を解いていると、
かすかな鐘の音が近づいてくる。
現れた男性は単独で、敷地山から大タギリを越えて、
女郎小屋沢左岸尾根を下りて来たと言った。

駐車地に戻ると、車が増えていて川原が賑やかだ。
マイナールート探検隊はロングコースゆえ、まだ戻っていないが、
あの難関(?)をどういう秘策でクリアーしたのだろう・・・記録が楽しみだ。
二人で一筆啓上申し上げて、お先に失礼した。

とても有意義な経験ができたので、
いつもより充実感いっぱいの沢遊びだった。

見事な平泳ぎで、われわれにとっての難関を乗り切ってくれた
頼もしいパートナーに感謝。
そして、グッド・タイミングで登場してくれた“お助けマン”たちにも大感謝!


Index of all entries

Home > 2010年08月11日

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top