FC2ブログ

Home > 2018年 秋の丹沢 Archive

2018年 秋の丹沢 Archive

高取山から華厳山まで 帰路は「みやがせ道」



「透過光」によって、青空をバックにした紅葉が一段と鮮やかに見えるのだとか。


少し前のテレビ番組で、
『葉で見わける樹木』の著者である林 将之さんが、「台風の多かった年は、
塩風が飛んで来るので、それが付いたままだと葉がすぐ枯れて茶色くなってしまう」
と話されていた。いわゆる「塩害」というそうだ。
箱根や丹沢は海に近いから、
今年はそのせいで紅葉・黄葉がパッとしなかったのだろう。



11月24日

宮ケ瀬湖付近の紅葉はどんなものかということで、
高取山から華厳山までをイガイガさんと歩いた。
稜線から丹沢主脈が望めるハイキングコースは、
今日のような快晴の日には もってこいだったし、
ショートながら未踏区間も含まれていて楽しかった♫

イガイガさん ありがとうございました。


≪ 本日のコース ≫

大棚沢広場P―向山トンネル南側―イワミチ―高取山―仏果山―
革籠石山(かわごいしやま)―熊谷林道ズサ沢水場―南山林道―
半原越―経ヶ岳―華厳山―華厳山南西尾根―坂尻―宮ヶ瀬みち
―七曲橋―大棚沢広場P (距離:約15キロ 消費カロリー:2713kcal)

※ コースは下図参照。
  歩く場合、地形図が読めコンパスが使えることが最低条件。



高取山からみやがせ道



もう8年もたっているのに、向山トンネルを見ると、今でも身体が緊張する。
というか、道の下方に宮ケ瀬湖の水が見えるとかな~
いつまでたっても、あの時の「落ちたらどーしよう!」という恐怖感は生々しい。

その恐怖体験はコチラ ↓
http://hapimero.blog133.fc2.com/blog-entry-70.html


今日は下りた北側ではなく、何回か登っている南側からのスタートだけど、
いつも543mの先も尾根を歩いて高取山展望塔だった。
なので、イワミチは歩いたことがなく、本日の未踏区間その1に認定。



高取山展望塔から丹沢主脈がスッキリ見えた。右手前が登ってきた尾根。



イガイガさんから いただいた同定図。




北側も展望よろしく♪




仏果山の展望塔で、
半原の方から登ってきたという女性2人連れと おしゃべりをした。
経ヶ岳から半僧坊の方に下るとのことだった。



革籠石山(かわごいしやま)から登山道を離れ、ここを下りたいとイガイガさんが 言う。
私の本日の未踏区間その2。

仕事道があったけれど、


最後の方は分かりにくかった。破線を少しはずしたようだ。

ミラーの左から熊谷林道ズサ沢水場に下りた。



ランチした経ヶ岳からの展望も、高取山に劣らないね。




経ヶ岳と華厳山の鞍部の、少し経ヶ岳よりの辺りが無残な有様になっていた。




青々と元気なエビネの葉を見つけた~♪




本日の未踏区間その3は華厳山南西尾根。
2回ほど下ったことがあるのは一つ北側の西尾根で、
フジキの老大木がある尾根だった。



フィニッシュは みやがせ道で七曲橋まで。旧土山峠から先は未踏区間その4だ。

イガイガさんの言葉どおり、みやがせ道は旧土山峠から先が風情があって良かった。



今日一番きれいだった透過色の紅葉。

柵の奥、左から七曲橋に出てきた。



県道64号に下る手前も なだらかで素敵だったので、
つい和みモードになった私に、イガイガさんが
「最後の所がチョットごにょごにょごにょ。。。」と言った。
良く聞こえないまま後をついて行くと、七曲橋までのトラバースで、
下に宮ヶ瀬湖の湖面が見えたのだった。

またもや最後にー!!
で終わった今日のハイキングだった(笑)







弁天杉から 円山木ノ頭へ

 











11月20日

17日に計画していた3人コラボが都合により中止になった。
ならば、大山北尾根からヨモギ尾根でも歩こうかと思っていたところ、
ヒョンなことからイガイガさんに同行させていただくことになり、
久しぶりに弁天杉と対面することができたのだった。



≪ 本日のコース ≫

塩水橋P―塩水林道―弁天杉―弁天沢右岸尾根(通称:弁天尾根)
―本間ノ頭―太礼ノ頭―堂平―塩水林道―塩水橋

※ コースは下図参照(塩水林道一部省略)。
  歩く場合、地形図が読めコンパスが使えることが最低条件。



円山木ノ頭



旧瀬戸橋。老朽化すれば いずれ見られなくなってしまう?




林道から、正面やや右寄り斜面に弁天杉。上にガスがかかっている。




手前は鍋嵐。鉄塔は23号と24号だろうか?




弁天杉訪問後は、ひたすら植林の中を登る。ここはガマン!
自然林になって展望が開けると、この尾根はなかなかいい。



お天気は期待したほど良くはならないけれど、たま~に陽が差すと気持ちが明るくなる。




いい尾根だなぁ。ブナが元気だし、人も居ない。




右手に本間ノ頭が大きくなってきた。




実はないけれど、ツルリンドウを見つけた。




ここは いつも休まずに通過。




下りの途中、樹間から大山が見えた。静かな晩秋の風情。




おっ、ツチグリ めっけ♪


ツチグリはとても変わった形状をしたキノコで、乾いている時は丸まり、
湿気を帯びると開きやすいといわれています。そのため、「星の湿度計」
と呼ばれることも。 (「きのこナビ キノコの事典」より)



帰りの林道で少しは綺麗めな所をパチリ。




今年は台風が多かった。
裏磐梯では直撃はなかったけれど、
風害のせいで綺麗な紅葉にならないと言っていた。

やっぱり丹沢もそうなのかなぁ
今年、 ほんの少ししか歩いてないので断定する自信はないけれど、
「紅葉・黄葉」ではなく「茶葉」って感じで、例年とは違う。
枝についたまま枯れている葉も多いし、落ち葉も美しくない。

西丹沢は どうなのかな・・・・





花立山荘までの ちょこっとトレ


 

歩いている途中で、時おり青空も見えたりしたけれど。。。。


11月7日

2日に、カメラの入門講座に参加してきた。

取説では素っ気なくサラッと書いてあることも、
カラー写真入りの親切なテキストで分かりやすかったし、
加えて、インストラクターの方が参加者一人ひとりに
丁寧な対応をしてくれるので とても良かった。
2時間がアッという間に過ぎてしまったという感じ。

買ったカメラの機能と操作のことが少し分かったところで、
写真撮影とトレーニングを兼ねて大倉尾根を歩いてきた。



昨日より良いお天気だけど人が少なかった。大倉尾根は こういう時がいいね。




ガスの通る落ち葉道は風情がある。




ふと見上げたら、満開の花のようなマユミの実にビックリ!




振り返ると、すごいスピードでガスが沸き上がっていた。




花立山荘着。




鍋割方面に行こうかと迷ったけれど、ガスに覆われているので 今回も6月同様、
ここから回れ右して下ることにした。




雲の多い割には遠くまで展望がきく。




登りでは気づかなかった紅葉を愛でながら。。。。




丹沢の紅葉はこんな感じが多い。




柔らかい光の中でススキが輝いていた。




登りは いつの間にか高度が上がっている感じなのだけど、
下山はなかなか高度が下がらない気がする大倉尾根。
特に観音茶屋から先が、いつも長く感じられる。

大倉発のバスはほぼ毎時22分と52分。
このぶんで行くと、12:52に乗れそうだ。
今日は早帰りして早くコーヒーが飲みたい♪

バス停近くに来たら、最近、「大倉尾根さん」の記事によく載っているお店 発見。
ここだったのね~!
行く時は朝 早かったので、まだ開いていなかったのだ。



奥の建物がお店のようだ。




渋沢駅から眺めると、山はやっぱり雲に覆われていた。早帰り、正解!




≪ 本日の出あい ≫

鮮やかな色合いのビナンカズラ(別名:サネカズラ)がたくさんあった。




キッコウハグマは元気がなかった。




タイアザミ




大きなフジアザミは店じまい直前。




リュウノウギク、明るく咲いていた。




出あったリンドウのほとんどが蕾だった。










カメラと仲良くなるために (2)

 
 

 
 

今日は富士山だけでなく、箱根(左)と丹沢(右)の山々もクッキリ見える快晴。



雲はここだけだった。




大山も美しー♫



 
10月21日

久々に快晴となったので、
Kさんを誘って心当たりの場所へオケラ探索に出かけた。

と言っても、いつもの気楽なお散歩コースを、
途中から外れて東海大学前駅に向かうだけ。

お天気が良いので、桜の季節ほどではないけれど人出が多い。
権現山の山頂も にぎわっていた。







権現山のネコちゃん




夏型のアゲハかな。夏を越えてお疲れさま状態




成虫で越冬するアカタテハ




ガマズミの葉の濃淡がきれいだ




混群に何回か出あった。たまたまエナガが撮れた♫




カワラナデシコは保護されていた




海も綺麗!右は湘南平。図らずも、この時期多いジョロウグモが入ってた~




十両(ヤブコウジ)




今年はヤマハッカを見る機会が多い(2枚)







センボンヤリは秋に薄茶色の冠毛をつける




マルバハギ 




シロヨメナ




ツリガネニンジンの残り花




下りの この尾根では、以前より たくさんオケラを見かけた。




オケラは漢方で胃腸薬に利用し、若芽は山菜として人気があるそうだ。
食べられるとは初耳!
花の周りを囲んでいるアミアミは何のために あるんだろう?



何枚も撮った中で、これが一番オケラらしいかな。



花はクルクルはないけれど、コウヤボウキに似ている?







どうも、このカメラのことが理解できない。
使いこなせなきゃ、持ってる意味がない。
ということで、カメラについての情報をネットで探した結果、
P社で有料の講習会を実施していることを知った。

場所が「国際展示場」という行ったことのない所だけど、
この際、交通費が講習料よりかかる~!
とか言ってられない。
さっそく申し込んで、勉強することにした。

果たして、これで少しは進歩するだろうか!?


ニュー カメラの試し撮りで表尾根から大倉へ


  
9月28日

花と鳥用の大きい方のカメラを重く感じるようになってきた。
長らくカメラバッグをザックの両肩で吊るしていたけれど、
時間がたつと肩が痛くなってくるので、
白馬の時は軽量のウエストポーチに入れてみた。
でも、大きいので うっとうしいことこの上ない。

そこで、もっとコンパクトで、
接写もズームもOKのカメラを探すことにした。
いろいろ調べて、近くのカメラ店で現物を見た結果、
P社のTX2を購入した。

今までのはネオデジだったので、接写も光学ズームもTX2よりBetter。
でも、大きさと重さが半分になったのが何より嬉しい。
性能も進歩していて、ピントなんかササッと合うので、
ニブイ私でも使えそうだ(笑)

残念な点は、防塵・防滴ではないし、ショックにも強くないこと。
沢やV・ルートでは使えない。

ここのところ お天気がパッとしなかったけれど、
今日は珍しく青空の予報が出ていた。
花との出会いを期待して、試し撮りに行ってみることにした。




≪ 風景写真を撮ってみた≫











 














































≪ 本日の出会い ≫ 

マツカゼソウ




ホトトギス




ヤクシソウ 




センブリはあちこちで咲いていた




赤い実の塊が落ちていた




ノコンギク




ツリフネソウ




コウゾリナ




オヤマボクチ




フジアザミ




ピンクのゲンノショウコちゃん




イワシャジン




アキノキリンソウ




♬ 今日はウメバチソウに会いに来た







リンドウ




ウバユリの実は逞しいなぁ




ヤマトリカブト




虫は分からない → 還太郎さんより「コガネムシ」とのご教示あり
→ トミーさんより「オオセンチコガネ」とご教示いただきました




タイアザミ




アサギマダラ




ヤビツ峠行きのバスは増発された。
思ったより花が多かったけれど、次々に人が来るので、
撮りたかった花を諦めることが何回かあり、チョット残念だった。

撮った写真、
出来は置いといて、色合いが派手でないのが気に入った。
早くカメラに慣れて、自分なりに満足のいく写真が撮りたいなぁ



(歩行距離:15キロ  歩行時間:6時間半  消費カロリー:2200キロカロリー)





大山経由で ヒガンバナを観に



田んぼとのコラボが癒し系、日向薬師のヒガンバナ。



9月19日

ヒガンバナの存在に気付くのは、毎年 突然だ。
自宅近くの草むらで、赤が燃えていた。

日向薬師は、昨日の時点で見ごろを迎えたそうだ。
今日は爽やかな一日なので、
気が向いたら日向薬師から大山を回ってこようかな。

10時過ぎに家を出て、伊勢原駅の階段を下りると
バス停には、とても1台では収まりそうもない長蛇の列ができていた。

ふと、横を見ると「大山ケーブル」行きバスが目に入った。
こっちは空いている。
急きょ、逆コースに予定変更、大山から九十九曲で
日向薬師へ向かうことにした。
でも、遅出だったので、もしヒガンバナ撮影のタイミングを逃したら悲しい。
下社までケーブルを使うことにした。

時おり吹く風が涼しくて、登りも気分爽快。
花も少ないので1時間ちょっとで山頂に到着した。
軽くランチして すぐに下山開始、見晴台へと向かった。



山頂直下の西側から。丹沢は見えているけれど、富士山は残念だった。




こちらは東側から。厚木方面かな?




ササッと下って40分で見晴台へ。ベンチでは数人が休憩中だった。ズームで大山三峰。




そのまま九十九曲方面へ真っすぐ進む。この道はエボシ山から登って来た時以来かな。
もう10年以上前のことで懐かしい。




ススキ越しに いつもの散歩道が見えた。




最初のうちは なかなかイイ感じなんだけど・・・




振り返ると下社が見えたのでズームアップ!こう見ると、登りが急なのも納得だ。




右隣りには長い長い大山南山稜の一部。蓑毛越から浅間山の辺りかな?




大きなお地蔵様は、九十九曲とエボシ山との分岐に健在。懐かしかった。




九十九曲は植林内の暗いジグザグ道で、ちっとも楽しくない。
その上、ここから近い日向林道で、
2週間前に母子のクマが目撃されているらしいのでサッサと下った。
途中の日向林道を横切る前後はチョット緊張した。



無事に登山口に出て ホッ!(振り返って撮影)




ゲンノショウコ                  こっちは葉が分かれているのでコフウロ

ヤマホトトギス                  ヤマボウシの実



イタドリはアップで見ると可愛い花、つい撮りたくなる




ツリフネソウ                    キンミズヒキ

清楚なタテヤマギク



日向川沿いには濃ピンクのツリフネソウが満開




そして、ヒガンバナとのご対面♪ 午後3時だと見物客も少なくて、のんびりできた。

























Index of all entries

Home > 2018年 秋の丹沢 Archive

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top