Home > 2017年 夏の丹沢 Archive

2017年 夏の丹沢 Archive

いざ ボウヅクリノ沢へ




上段のスラブ滝を目ざすイガイガさん(AYさん撮影写真を拝借)



8月22日

AYさんのリクエストに便乗させていただき、
イガイガさんの案内でボウヅクリノ沢へ。

今回もヒイチ沢の時と同じ場所に駐車して、
河内川にかかる青い吊り橋を渡ってのスタートだが、
今日は左ではなく右へ進む。

そういえば、十年近く前にボウヅクリノ滝見物に
一人で来たことがあったなぁ
今日は、その奥へと進むのだ。いざ!!



≪ 本日のコース ≫

向河原バス停付近に駐車―ボウズクリノ沢遡行―日影山北東の稜線―
番ヶ平ベンチ(ランチ)― 番ヶ平南尾根―750m地点で東へ―
新秦野線15号鉄塔―峰線24号鉄塔―尾長島橋―駐車地


※ コースは下図参照。
  歩く場合 地形図が読め、コンパスが使えることが最低条件。沢装備。
 



ボウヅクリ沢軌跡




またまた、半月遅れのアップで、
まことに気の抜けた記事となってしまった。

詳細は下記のお二人のブログで ご覧いただき、
遡行時の様子の写真中心にし、
印象的だった所のみ書くことにした。

イガイガさんの記事

AYさんの記事





堰堤の巻きルートには、こんなものがあった。



ここは濡れそうなので、薄手のパーカーを出して着こんだ。

やっぱり正解!



同じ滝を方向を変えて撮影。




高巻き中。




左奥へ曲がっている“逆くの字”は、登れそうだったので、
再びパーカーを着てトライしたのだけど・・・




途中から、手がかりない上にヌメッテいて、ズズーッと1mほど滑って後退。
で、右に延びるバンドを行こうとしたら、下から そっちはダメダメの二重唱で断念。




イガイガさんの出動と あいなった。




ちょっと手こずったけれど、さすが!イガイガさんは 力で豪快にクリア。




でもさ~、やっぱり右のバンド、行かれそうだったんだよね。
その上も傾斜ゆるそうだったし・・・未練がましくジッと見てる私(笑)




結局、上からロープを下してもらって水流を登り、

AYさんも後に続いた。


ここが、今日の我われの核心だった。
他の遡行者は どうクリアしたのか気になって、帰宅後ググってみた。
写真と記載があったのは、こちらだけだった。

塾長の山行記録

【 5メートルの逆くの字滝は、
 条件が良ければ難しくなく登ることができたでしょうが、
 この日はぬめぬめで悪く、かっきーは途中から右に逃げ、
 私も最初から右壁沿いを登って越えました。】

あーあ、右をトライしてみれば良かったなぁ・・・・



でも、このあとは、登れる滝が続き、楽しんだ♪




そして、この枝沢を分けた先に、




二段(8m+3m)の滝が出てきた。




巻きは左のズブズブの急斜面から。イガイガさんが行ったルートは、
私には岩に取り付く直前の斜面が自信なく、もう少し上まで登って右にトラバースした。
AYさんは さらに上からのトラバースで。

お二人が、お互いに、相手が登っているルートを、怖い!!
と言っているのが、傍で見ていて面白かった。
同じ所に立たないと、人が やっていることは、より危険に見えるのかもしれない。
それぞれの得手不得手もあるしね。



倒木いっぱいのチョックストンの滝を巻き終わると、沢は穏やかになり、




あとは稜線めざして詰めるだけ。




日影山の北東部に乗ったら、北側の巻き道で番ヶ平へ向かう。

ランチは番ヶ平のベンチまでオアズケで、食べ始めは1時過ぎになった。



下山はAYさんのリクエストで、番ヶ平南尾根から尾長島橋へ。ポイントは、430m辺り
から意識しながら、350mの「新秦野線15号鉄塔」が立つ“盲腸”部分に乗ること。

イガイガさんの先導で、無事に正解の尾根に乗った。人里から近い所でも
登山で歩く人が少ないのかな?連続で野生動物に会った。イノシシを見たのは初めて!
一人だったら、怖かったなぁ



ここに「歩行禁煙」の看板? ちょっと違和感あり。右上は「峰線24号鉄塔」

ピッタリ尾長島橋へ出た♪



もしかして、先に、ヒイチ沢に行ってしまったのは失敗だった!?
個人的な感想だけれど、両方行くなら、ボウズクリノ沢を先がいいかも。
どちらか一つなら 絶対にヒイチ沢がお勧め。

イガイガさん  AYさん 今回もありがとうございました。
今年の夏はお天気が不安定だったにもかかわらず、
お二人のおかげで、沢遊びが楽しめました。感謝です。




花を探して てくてくと ー その3ー

 

 
 




8月19日

花探索シリーズの第三弾は、
丹沢で見られて一番うれしい花。

この、風情のある花は、
山深い場所に ひっそりと住んでいるので
おいそれとは行かれないのだ。
開花時に出あえればラッキーだけれど
空振りでも仕方ない。

今年はどうだろうか・・・・
朝は青空が見えているけれど、
午後は雷雨の予報が出ている日に
AYさんと出かけてきた。



≪ 本日の出あい ≫

シロヨメナの蕾のピンクが可愛い。




コオトギリソウ?




コバギボウシ。




コボタンヅルが あちこちで花盛り。




トチバニンジンの赤い実は よく目立つ。




ヤマホトトギスもポツポツと見られた。




コフウロは雄しべと雌しべの色あいがステキだ!




咲き始めは なかなかいい。マルバダケブキ。



アサギマダラや いろいろなチョウ&ガの食事処。




目だたないけれど、タマアジサイには この子が。




ガマズミの実が鮮やかだった。




チョコマカと素早いゴジュウカラは、かろうじて隅っこに入った。




花が付くと存在感があるイワガラミ。




最初、ツルアジサイかと思ったのだけど、これは立派な木だった。
ノリウツギとAYさんが同定された。初認識だった。




去年も探したけれど、見つけられなかったクサアジサイ。今年は見られてラッキー♪




オクモミジハグマのクルルンが可愛い。




ナガバノコウヤボウキもクルルンカール。




グリーンの絨毯に気の早い一枚。




ギンバイソウは葉が主役?




いつ見ても鮮やかなトリカブトの紫。








今日、あえて嬉しかった花の一つ、トンボソウ。




今日、一番 あいたかった優美な花。







まさか ここでナツエビネにあえるとは!tsubakiさん情報に感謝。







何とか雨具を使わないで下山できそうかな~とホッ。




ところが、17:05西丹沢発のバスで新松田に着いたら
小田急線のダイヤが大幅に乱れていて、20分以上も待ったあげく、
下車駅では ものすごいドシャブリだった!

山で雨具は使わなかったけれど、町でしっかり降られたのだった。




 
 

法行沢再訪 の下山路が新鮮♪




今日のコースを振り返る。丹沢では、ここからの展望も好きだ。
左に大栂、その奥に雲がかかった菰釣山(こもつるしやま)。



8月6日

もう、7,8年近く前になるだろうか、
女性4人で法行沢を歩いたことがあった。
ロープを出してもらった滝が2ヶ所あったように記憶しているが、
ほとんど覚えていないので、チャンスがあったら、
もう一度、歩いてみたいと思っていた。

今回、6月の土沢のメンバーで、
上流の上法行沢も併せて歩くことになり、
ご都合つかなかったAYさんをのぞいた4人での遡行。

丹沢の奥のロングコースということで集合が早く、4時起き。
朝が苦手な私にとっては、けっこうキツイ時間。
駅まで本気モードで走って、電車は何とかセーフ!
でも、もう この時点で汗ビッショリ状態。

で、このあとハプニング発生でウロウロ。
暑い上に、ダメージをおっての林道歩きとなったので、
中法行橋から入渓した時には、沢の涼しさにホッとしたのだった。



≪ 本日のコース ≫

浅瀬ゲートP―法行橋―法行の大棚見物―法行林道―中法行橋
―入渓―720m二俣の右俣の偵察―左俣の本流へ―上法行橋の下を通過
―ドシャブリの通り雨―920m二俣を左へ―大栂南尾根1050m付近(ランチ)
―織戸峠―椿丸―椿丸南尾根下降―悪沢下降―悪沢径路―芦沢橋―浅瀬ゲートP

※ コースは下図参照。
  歩く場合 地形図が読め、コンパスが使えることが最低条件。沢装備。
 


法行沢軌跡




まずは、法行橋から降りて、法行の大棚見物。と思ったのに、ナント!水が涸れていた。




今なら沢屋さんなら登れちゃうかも!?



本当は、こんな迫力のある滝なのだ。
2012年6月末の法行の大棚



左:shiroさんの“通り道”で林道をめざすが・・・上部が悪かった!初っぱなから核心じゃん。
右上:法行沢林道は工事中。         右下:やっと中法行橋に着いた~




沢中は涼しい~♪ みんな生き返ってテンションUP! 沢を楽しんだ。
















左上:720m二俣で、右俣を偵察に。 左下:すぐに右から堰堤のある枝沢が入っていた。
右:右俣には、この滝がかかっていて、ちょっとそそられる。




P803mの西側を通過中。

左:この土管は??                  右:上法行橋をくぐる。



ここは懐かしい場所だ。十数年前になるだろうか、左の富士見峠の方から
この流れを渡って右に上がり、織戸峠へ向かった。もっと水量が多かったと思う。
(振り返って撮影)




もう、滝はないかと思ったら

最後に、白っぽい岩肌のものが現れた。ここは無理せず、右から巻いた。



左:巻きながら“横顔”拝見。ツンとすまして素っ気ない美滝?
右側の縦3枚は、大栂南尾根への登り。ドシャブリの後、薄日がさしてきた。
上がった所で立ったままランチして、




美尾根を織戸峠に向かう。ここは丹沢側からだと 入りにくい奥地だ。




織戸峠で意見交換。それにしても、どんどんスッキリしてきて昔の面影がないのが淋しい。
「神秘性=感動・ありがたみ」ってあるのかも。

椿丸が近づいてくると、右手に この景色が広がった。右側の世附権現が大きい。
下って、二本杉峠からの登り返しがシンドイはずだ。



トップの写真は、この椿丸から左側の展望。
さて、下山はM氏提案により、右側の椿丸南尾根を下降して悪沢へ、という予定。




左:植林内の急斜面は歩きにくかった。  右:今日は、白いリョウブの花に気持が和んだ。

左:椿丸南尾根(センカイ畑沢左岸尾根)もスッキリした美尾根。右:悪沢へ下降開始。



盛りは過ぎたけれど、イワタバコが残っていた。




どんどん下って、山神沢(左)出合。ヤレヤレ(振り返って撮影)。



このあと、悪沢径路へ。M氏は この辺の径路にもメチャクチャ詳しく、
説明してくれるが とても覚えきれない。
1、2ヶ所、慎重通過箇所もあったけれど、無事に芦沢橋に上がった。

左:河原に出る直前の植林内にあった山神さまの祠。右:芦沢橋から、出てきた右方向を。



夕滝の優美な流れを、久しぶりに見て浅瀬へ戻った。




丹沢の奥地への山遊びは なかなか行かれないので、
今回、shiroさんの提案で実現できてラッキーだった。
みなさん、ありがとうございました。






充実感たっぷりの火打(ヒイチ)沢 遡行




今日の核心は、標高570mで出現した この滝の巻きだった。



滝 左手のガレた急斜面のルンゼを登って滝上にトラバースは危険
とのイガイガさん判断で、この案はストップした。




7月29日

イガイガさんと AYさんと ヒイチ沢に行くことになった。
ん? 「ヒイチ沢」?? それ、どこよ~???

ネットで検索して、ヒイチ沢が「火打沢」だと分かった。
数年前、丹沢湖V.Cのスタッフの方が、
不老山の登山道の見回りの際、
おそらく道を lost し、遭難、発見された沢だ。

この方とは、ミックスナッツさんと玄倉に入る時に、
バス停のそばで 言葉を交わしたことがあったので、
他人ごととは思えず、大きな衝撃を受けた。

ヒイチ沢は、予習での印象が
ゴルジュの続く 高巻きの多い沢。

ということで、今日は久しぶりのスワミベルトと、
ロープも長めを持参し、
常にも増して、気合を入れて臨んだ。



≪ 本日のコース ≫

山市場P―河内川吊橋―火打沢入渓(火打ダム堰堤上)―460m二俣は右俣へ
―590m二俣は右沢へ―710m二俣は右へ―790mで不老山登山道へ詰める
―河内川吊橋―山市場P

※ コースは下図参照。
  歩く場合 地形図が読め、コンパスが使えることが最低条件。沢装備。
   
 
  イガイガさん、AYさんから写真を拝借しました。


ヒイチ沢軌跡



遡行日から半月以上も過ぎての記事アップになってしまった。
とっくに、イガイガさんもAYさんも、詳しい記事をアップされているので、
私は、写真をメインに、当日の雰囲気を伝えようと思う。



河内川の吊橋から上流を見る。

橋を渡って左へ。途中までは不老山への登山道を行く。



堰堤を一つ越えて入渓。少し行くと、この大堰堤が登場、「笹山堰堤」というらしい。
巻きは左からでトラロープあり。




沢に戻ると前方に10mほどの滝。右から巻いた。




続いて、8mの滝を右から越えた。




そして、小滝の奥に現れたのが、優美に落ちる4段30mの大滝。




巻きは右岸から。古いロープあり。沢に戻るすぐ手前で炭焼窯跡をAYさんが見つけた。




落ち口に立つ。




こんな所、登ったかなぁ・・・あっ、たぶんAYさんだけだった。これ、上から写してるもの(笑)

久しぶり~のツッパリー♪



標高380mで沢は北西方向から南西方向へと向きを変える。
ここにかかっているのが15m?ほどの滝。
上に見えない部分がありそうかな。そばに寄ってみると、黒光りする岩肌に迫力あり。




巻きは、少し戻った岩壁に下がる古いロープを頼りに、まずイガイガさんが登って、
手持ちのロープを出してもらった。見た目よりも登りにくかった。この先には薄い踏み跡あり。


下の写真、左の倒木のある滝撮影のためロープで下降し、登り返した。



再び沢に戻ると、先には写真右のようなゴルジュ帯が続いていたので、




降りた所を登り返して大きく巻いた。長いトラバースののち

小尾根から沢へ戻り、



巻いたゴルジュを眺めた。この先は釜を持つ小滝やナメが続き、面白かった。







右上にチョックストンの乗っている この滝は、



まず、AYさんが右から登って、チョックストンの下で左へ抜けた。
滑る出だしの一歩をイガイガさんに助けてもらって、私も続いた。




イガイガさんは ある事情により、ここを2回登ることになったのだった(笑)




沢風景。左上は広河原状。左下は460m二俣。ここは小滝のかかる右俣へ。

イガイガさんが以前、歩いたのは左俣なので、ここからは全員 未知の沢だった。



入ってみると、これがナメと小滝の続く私好みの渓相で、
足取りも軽~くルンルンルン♪
楽しい沢遊びタイムの始まりだった。



AYさんはイワタバコ撮影中かな?(振り返って)



















今年、初めましての“王子”は快くモデルになってくれた♪




そして、いよいよ右手に、トップ写真の滝場が登場。二段に分かれた15mで、
上下の感じが違うゴッツイ滝だった。




左:左手から入る枝沢は、この棚(約30m?)をもって出あう。水流ありの時もあるようだ。
右:本流の滝を やや上から。下で見るより迫力があるなぁ




巻きは、本流の15m滝と対岸の涸棚の間のガレたルンゼを登って、
15m滝の落ち口に向かってトラバースするという作戦だったけれど、
トラバースベテランのイガイガさんがグズグズ、ズルズルで危険だと判断。
で、どうするか?

結局、さらにルンゼを登り続けて高巻こうというAYさんの意見で、
弱気な二人も覚悟を決めて?あとを追った。



でも、登ってみると、確かにグズグズで落石の危険はあったけれど、これが正解だった。
・・・・AYさんとは もっと怖い所を、何度も歩いていたわ(笑)





ルンゼから右の中間尾根を乗り越え、植林地内をジグザグ下降して沢に戻った。

落ち口に立ち、巻いたゴルジュを検証すると、15mの上にも3段の滝があったとのこと。



すぐに590mの二俣だった。ここでランチタイムのあと、右沢へ。
水量も少なくなってきて、お楽しみは終わりかな?




と思ったら、まだ あった♪




倒木が多くなり、ようやく詰めの様相。ここを頑張り、

790mで不老山登山道に乗った。正しく、火打沢右俣右沢右を詰められて満足!!




今日は最後の火山灰の登りで、いつにもましてドロドロ状態での帰還となったのだった。



火打沢
勝手に“玄人向けの沢”という印象を持っていたけれど、
歩いてみると、
巻きの滝、登れる小滝、ナメ、ゴルジュが、短い流程に詰まっていて
中身の濃い楽しい沢だった。
この充実感は、うれしい♪

イガイガさん、AYさん、ありがとうございました。


イガイガさんの記事
AYさんの記事





花を探して てくてくと ー その2ー

 
 






















7月25日

AYさんと、ガスの西丹沢に花を探した。
花期が終わっているのでは?
との不安もあったけれど、結果的には ちょうど良かった。

今年も、何とも言えない このベニ色の花にあうことができて、
うれしかった。

AYさんの花探し能力は素晴らしい!
ありがとうございました。



沢沿いを行く。




後半は、ずっと こんなガスの中だった。最後のここからのVルートが面白かった♪




本日出あった他の花は

ポツンと一つ、咲き残りのトキワハゼ。




こちらも咲き残り、さびしげなツルシロカネソウ。




ひよわそうなサワギク。この花は葉っぱが面白い。




シャクジョウソウの群生。花は少し終わりかけ?(2枚)







ふつうではない ようだけど、???の葉。






花を探して てくてくと ー その1ー




ユーシンブルーを見ながらのランチは久しぶりだった♪




7月12日

ここのところ ちょっとゴブサタしている大好きな花に、
今年は あいたいなぁ
でも、どうせなら、いつもと違う場所を開拓してみたい!

ということで
数年前に、野生ランに詳しいSaさんからいただいた情報をもとに、
新しい生育地探索にGo!!

今回もAYさんにお付き合いいただき、
4つの目でシッカリ探し、結果を出すことができたのだった。

新しい何かを見つけるって 嬉しいね♪♪
Saさん、AYさん、ありがとうございました。




≪ 本日のコース ≫

寄大橋―雨山峠―雨山橋―玄倉林道―玄倉

☆ 今回は軌跡は省略。



寄大橋の先の水場からモノレールが作られていた。




ここは、何年か前までは左手に見える細尾根を上がっていた。ハシゴで楽チン。




沢沿いを行くようになると、雨山峠は近い。この辺から好きな雰囲気♪




いつ来ても静かで、趣があっていい峠だ。




確かに、初めてだと道迷いもありそうだし、




この先、雨山橋への沢沿いの道で、以前 ミックスナッツさんはクマさんを見たそうだ。




玄倉林道に下りて、振り返る。




てくてくと林道を西へ向かって歩き、同角沢出合で玄倉川に下りた。右奥に同角沢F1。




F1を正面から。




ここで、の~んびり癒しのランチタイム。




ダムには水が全くなかった!ユーシンブルー見物に来た人はガッカリだろうね。
もっと奥へ行けば見られるけれど・・・・




丹沢湖もご覧のとおり。ダイジョブかな~




≪ 本日の出あい ≫



可愛いエンジェルたちにあえてテンション アップ♪ まだ、蕾が多かった(6枚)



















オオバギボウシ




ヤマアジサイ




ガクウツギ




これはホタルブクロ。ガクのつけ根がめくれ上がっている。




ヤハズハハコ




アカショウマ




ヤマユリ




ヨウシュヤマゴボウ→マルミノヤマゴボウとAYさんからご教示いただきました。 




バイカツツジは葉の付き方に特徴あり




コアジサイの咲いたあと




タマアジサイはこれから




イワタバコ




ギンリョウソウ




咲き終わったクモキリソウの群生を見つけた




ムヨウランかな?




ミツバオウレンの咲いたあと?




ボケたけれど、トラツグミかな?




・・・・はぁ~、遊んだ後始末 残り二つ(汗)




Index of all entries

Home > 2017年 夏の丹沢 Archive

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top