Home > 2014年 夏の丹沢 Archive

2014年 夏の丹沢 Archive

地蔵平から古道探索へ(地蔵沢右岸径路&三ヶ瀬古道)

 
 

地蔵平は今日も ひっそりとしていた。ポツンと停まっているのは後からきた調査車?



8月22日

ヒョンなことからAYさんと古道探索へ行くことになった。
まずは久しぶりの地蔵平へ、これも久しぶりの浅瀬ゲートから向かった。

「事故多発の為 自転車通行禁止」などというプレートは
以前は なかった気がするのだけど・・・・

花が見られると嬉しいな~
と思いながら、長い林道をてくてく歩いた。
AYさんも私も寡黙なので、当然のことながら
しごく上品な道中となった。

おそらく、この時からAYさんの内に
“上品な山遊び”という言葉がインプットされたのだろう
と秘かに推測している(笑)



本当に久しぶりの浅瀬ゲート。左はじのトイレは以前のまま。



大又沢ダム湖はほぼ満水だった。



お地蔵様もゴブサタでした。まずは安全祈願をして。



地蔵平から大界木山(正面奥)を望む。草地には赤シソが群生していた。



地蔵沢に下りて休憩したあと、徒渉して地蔵尾根ルートの途中から径路を辿った。



今日はタマゴダケには手を出さない♪



全体的にハッキリした径路だけど、時にこんな所も・・・・ ここはさすがに巻いた。



AYさんは確信に満ちた足取りで踏み跡を辿って行く。



こういう箇所も登場、なかなか面白かった(振り返って撮影)



赤沢に分かれる少し手前、標高800m地点で地蔵沢の支沢に下りた。
対岸を見ると、行く手は危険そうな感じなので、相談の結果、
ここで左に入って沢沿いを行くことにした。
この径路がこの先 どうなっているのか、最後まで確かめたい気持ちも
チョッピリあったけど・・・・


支沢に下りて左へ入った。



ほどなく二俣になり、右に入ると岩壁がデデーン!



ということで左の急尾根に取り付いた。



枯れ笹のヤブの急登をジッと我慢で130m。ようやく1084m南東尾根に乗った。



大木を見上げるAYさん。広くて良い尾根だけど、笹枯れがひどかった。



城ヶ尾峠まで行く必要もないので、地蔵尾根と合流した所で下ることにした。



旧東海自然歩道分岐の信玄平には、今もその名残が残っている。
数年前にはあったベンチの残骸はなくなっていた。





タマゴダケには手を出さない!でも、集団でこられると心がゆらぐな~(笑)



地蔵平に戻り、帰路は三ヶ瀬古道(道志歩道)で二本杉峠へ。ここが一番の難所。



二本杉峠からはバスに間に合うよう、細川橋まで 走り下った((来た古道方向撮影)



おかげで、着替えの時間もとれサッパリとバスに乗れた、ラッキー♪
バスの中では、またもナベさんとバッタリ!で驚いた。

AYさん
花が極めて少なかったことが残念でしたが、
久しぶりの古道探索、面白かったです。
また、いつもの美味しい果物と、交通面での“恩恵”にもあずかり
ありがとうございました。

それと、マダニ殺虫剤は効きますね!
噴霧しなかった太もも部分に被害大きく出ていました(泣)

♪♪ AYさんの記事はこちら
http://ayayay.at.webry.info/201408/article_7.html


≪ 本日の出あい≫









岩水沢再訪♪ 滝と湧水と地図読みを楽しむ

 
 

中央左のピークは風巻ノ頭。標高1077mだけど かっこ良くて好きだ。 



今年は花探索に忙しくて、沢とはゴブサタ。
だから、この神ノ川流域も、昨年8月のトンチンカンで来た
仏谷と小谷の大滝めぐり以来だ。

今回は、先日、M-Kさんのコラボに参加されたカン平さんが
その“営業手腕”をいかんなく発揮して(?)
かの有名な「マイナールート探検隊(MRT)」とのコラボを Get し、
清涼なる湧水滝が看板の岩水沢に、ご一緒することとなった。

ここは、もう一度 訪れてみたいと思っていた所なので、
晴天を祈りながら、当日を楽しみに待っていたのだった。



2014年8月17日 曇り わずかに晴れ間
メ ン バー:桐山隊長、アンヌさん、MASAHIKOさん、レガーさん、はっぴー

コ ー ス :神ノ川ゲート―広河原―岩水沢―左俣―絵瀬尾根―伊勢沢出合
       広河原―神ノ川ゲート    (行動時間:約8時間)
     

      ※ コースは上図参照(一部取り忘れ)
        歩く場合、地形図が読めコンパスが使えることが最低条件。沢装備。

       (記事の中で、みなさん撮影の写真を拝借しました)



思えば、桐山隊長&アンヌさんと初めて出会ったのは
2010年8月、玄倉のゲート前のことだった。

いやぁ、もう4年前になるんだね~!
お二人とも、少しも変わらない!!
っていうのは遠目の時(笑)
お互い、ちゃんと、顔と身体には4年分の時間を刻んでいるし、
もちろん4年分の山の経験も積んできているはず。

ということで、今日は一緒に沢遊び&修業ができるのが楽しみなのだ♪

ちなみに、下記は2012年の記事。
http://hapimero.blog133.fc2.com/blog-entry-261.html


ワイワイガヤガヤと林道を歩いて、早くも岩水沢出合に到着。
みんなで「さぁ、イクゼー!!」の決意表明ポーズを決め、いざスタート。




レガーさんを先頭にトットコ登って行く。久しぶりの沢はワクドキで楽しい。



岩水沢には“登るぞ!”って滝は三つだけ。
これがその最初の10m滝。

まずは水流の左をレガーさんが。



次に私。濡れていて滑りそうだけど意外に大丈夫。フリーで慎重に登った。



隊長はアンヌさんをビレイするために重いロープを持参された。
やさしくて面白い、正に“男の鏡”だ。
・・・・あとで、鏡の裏側が発覚するのだけどね。

4人が登り終えてハイ ポーズ!下からMさんがパチリ。



次なる滝がこれ。男性方が「修行の場」と決めていた所。



そして三者三様のフォームで邪念払い?打たれた時間は左ロング→右一瞬(笑)



十分修行したあとは水流右のルンゼを登る。
前回15mとしたけど、そんなにない気がする。
トップに登ったレガーさんが、いやらしい所が一ヵ所あるというので
私も隊長にビレイしていただいて登った。

やはり安心感が違う。(上に見えるのはレガーさん)



続いてアンヌさん。上と下での笛の合図のやりとりに、ご夫婦の信頼関係が見えた。



隊長のビレイは愛妻のため。カッコイイ!!



お二人で仲良くロープ処理。アンヌさんは度々隊長の荷物の重さを気遣う 。



すぐ上に、この二条の5m滝。前回より左の水流が多かった。



またもMさんは倒木登りにチャレンジ。あっという間に登ってしまった。お見事!!



他のメンバーは左側のルンゼを登った。ここも隊長にビレイしていただき感謝!



940mで左俣に入り、無事に岩清水と再会。うれしい♪



ここでも、それぞれ修行を積んだ。
私も ほんのチョコッとチャレンジしたけど、
細い流れなのに、思った以上の水勢。
おまけに冷たさは氷水のごとし!
早々に尻尾を巻いて退散した。
ここで、長時間のミソギをされた隊長はホントにすごい!
・・・・そんなにたくさんの煩悩を抱えているのかな?

レガーさんのサプライズに感謝感激♪ 水で 美味しさがこんなに違うってこと再確認。



で、この“天国”のあとで、修羅場が待ってたー!
2年前は、岩が滑らず登りやすかった詰めは、
ナント倒木にうめ尽くされ最悪。

登りやすかった詰めが、こんなことになっていたのでビックリ!



そして、マリオネット状態の急登を余儀なくされ、ヒーヒーいっている時、
みんなを震撼させる(?)大事件が発覚!!
詳細は「やっぱり丹沢!」の8/24の記事でどうぞ。

ここで図らずも隊長の“鏡の裏側”と、アンヌさんの良妻ぶりが披露されたのだった。



あわや!のところで事なきを得、さらに詰めあげて下降路の絵瀬尾根を目ざす。



実は、この絵瀬尾根、トンチンカンで過去二回 下降しているが、
二回とも美しい軌跡が取れていない。

最初の時は私の大ミスで、あわや伊勢沢に下るところをMさんのご指摘で修正、
地獄の登り返しとなった。
二度めは、コンパスを信じなかったMさんのミスで迷歩し、またも修正となった。

そして、三度目の今回、レガーさんが完全制覇に燃えていた!(カッコイー)
いつなのかは謎だけど、某ビジターセンター主催の地図読み講習会に参加され、
以後、折にふれてはウデをみがかれていたらしい。
そして その方法は、おお!私と同じ平塚さん方式だった。

となれば、話が通じる。
ここは二人でタッグを組み、今度こそ“三度目の正直”をねらおうと、
私も燃えた!(キリッ)

どこがポイントかは二度の経験で よーく分かっているので、
その場所が近づくと、注意しながら こまめにコンパスを合わせた。

話が通じて相談しあえる、って地図読みでは大事なことなのだ。
久しぶりに、つっちーさんと地図読み山行していたころの楽しさを思い出した♪

今回は二人で完全制覇を目ざした。



軌跡は少し北にずれているけど、最後は二人でバッチリ伊勢沢出合に降りたった。
やったね!レガーさんと、上品に(笑) かたい握手を交わしたのだった。




最後 林道への急登に、全員ヨレヨレ。でも最後の決めポーズは元気っぽくね(笑)

景色を眺めながら、三々五々まったりのんびりゲートに戻って、楽しいコラボ終了!


≪ 本日の出あい ≫

広河原での思いがけないビランジとの出あいにルンルン。



アップで。今日は沢なのでWG-4使用。まだ使い慣れないけど なかなか良いかな。



ヒトツバショウマ



コマツナギ



コボタンヅル。



レガーさんが小さなサワガニを見つけた。アッという間に隠れちゃった。



その先には、哲学するヒキガエルがひっそりと。



レガーさん絵瀬尾根ではマムシ発見!私だったら踏んづけてたかも。
本日二匹め、にさらにビックリ!!




記事がなかなか作成できず、二週間が過ぎてしまった・・・・

今、写真を整理しながら記憶を辿ってみると、
楽しかった場面が いろいろと よみがえってくる。

MRTとトンチンカンのコラボで、
私の岩水沢のポイントが さらにUPしたのは間違いない。
みなさん、楽しい一日を ありがとうございました。








大滝沢と西沢を鬼石沢・マスキ嵐沢界尾根でつなぐ




鬼石沢・マスキ嵐沢界尾根から大杉山方面の展望。AYさんの山座同定ナイス! 


7月29日

これまで春・夏にshiroさんと3人で花コラボして
たいへん お世話になっているAYさんが見たいとおっしゃるので、
前回は咲き始めだった花に あいに行ってみることにした。

前回の探訪から、既に一週間が過ぎているので、
もしかしたら 花は終わっているかもしれないなぁ
という不安もあったのだけど・・・・






先日、地獄棚見物後に上がって来た登山道との合流地点で
スイカをごちそうになってから、鬼石沢・マスキ嵐沢界尾根に取り付く。
ここ好きな尾根だけど歩くの久しぶり~!
たぶん数年前にマスキ嵐沢の下山路に使って以来だろう。

取り付きはチョット急だけど、あとはゆったり快適。
AYさんから山座同定と、木の種類や経験によるR.Fなど
いろいろ教えていただきながら
のんびり歩いて畦ヶ丸・権現山の吊尾根へ出た。

権現山分岐までは尾根上を行き、西沢へ下ったが、
西丹沢自然教室14:40発のバスに乗るのにちょうど良い時間だった。
AYさん 本日はお付き合いいただき ありがとうございました。

あとでkaz さんのブログで、当日 畦ヶ丸に行かれたことを知り、
おあいしたかったなぁとチョッピリ残念!
どうやら30分の時間差だったようだ。



≪ 本日の出あい ≫

イガホオズキは いかにもナス科っぽい。



きれいなタチキランソウだったのでパチリ。



う~ん、鮮やかな蛍光色にビックリ!!何の幼虫だろう?
AYさんよりご教示いただき、「ヒメヤママユガの終齢幼虫」と判明した。



タマゴダケはAYさんが収穫された。




≪ 憧れたヒロインの開花まで ≫

出あいの時・・・・その場では気づかなかった。



出あいから数えて3回めの訪問。やっと少し開花しはじめた♪ワクワク
最初は上向きに咲いて、だんだん横向き90度になるのだそう。















今回はしっかり90度の横向きに咲いていた。
来て良かった~♪ルンルン

































美しい表情で残したい!!
と想いながら、シャッターを切った。
花は私の願いにこたえてくれた気がする。
・・・・とてもとてもハッピーな気分よ。





 

花を探しながら山頂へ・・・登山道だと遠いなぁ

 
 

滝の上部。これで滝名が分かる人はスゴイ!! 


はい、次はここまで。ここで分かる人もスゴイ!



では、全貌を。今日は涸棚にも細い水流があった。




7月22日

週末にコラボに参加させていただくので
少し足慣らしをしておこうと、久しぶりにピークハントすることにした。

今日も暑い。
やっぱり沢沿いの方が涼しそうと、
花探索を兼ねて選んだコースは西沢から畦ヶ丸。

そのあと○○○方面で、
去年 ぐうぜん出あったギンバイソウを確認したかったのだけど、
夕方5時までに帰宅しなければならないので
やむなく大滝橋へ下った。


沢沿いには、花数が多すぎて頭を垂れたイワタバコ。



おっ、これはミツバアケビの実?



ダイコンソウの花びらが、まぁるくて可愛いな♪



花は終わっていたけど、ベニバナイチヤクソウかな?
赤色のタイプは ややこしいみたいだ。




丹沢にはイケマはなく、すべてタンザワイケマらしい。花がなかなか凝っている。




花を探しながらゆっくりとはいえ、
最近は登りの少ない平坦地をウロウロすることが多かったので
けっこうキツイ。

善六ノタワって、こんなに遠かったっけ!?
と、界尾根を登らなかったことを少し後悔した。
でも、こっちのルートの方が花がありそうな気がしたのだ。
(決してクマさんが怖いからじゃないからね♪)


ちょっとだけモロクボ径路に降りてみた。懐かしい~!



現地ではギンリョウソウかと思ったけど、どうやらシャクジョウソウみたいだ。




ようやく辿りついた畦ヶ丸山頂には、誰もいなかった。
去年、7月にイガイガさんと本棚を歩いて以来だから1年ぶりだ。
あの時は途中からVルートに入ったけれど、
今日は清く正しい登山道で大滝橋へ。

とはいえ、避難小屋から先は陰気くさくって、
一人では歩きたくない道だったのをスッカリ忘れていた。
こんな所を一人で歩いていると、うつうつとしてくる。


水場も遠いし、ロケーションがイマイチの畦ヶ丸避難小屋。



沢沿いをセッセと下って行くと、クワガタくんがいたので写真を撮らせてもらう。



やっぱり沢は涼しくていいなぁ



やっとホッとする場所に出たけど、バスの時間が気になるので先を急ぐことにした。



オニシバリが いち早く赤い実をつけていた。艶やか~!




さて、本日の収穫。
M氏の速報を読んでいたので、グッド タイミングだった。

夕食の煮物に加えたら、色が赤からオレンジになった(意外!)
時間がたつとカサが開いてしまうので
収穫後は、なるべく早く調理した方が良い。
ショリショリした歯ごたえで美味しかった。ごちそうさま♪


今が食べごろ?のタマゴダケにバッタリ。ラッキー!










可憐なウチョウランとの出あいに ウチョウテン~♪






















花は小さくて繊細だ。数えてみたら思ったより多かった。



色といい、形といい、ウチョウランは本当に美しいランだ。 
まるで翼を広げたエンジェルのように見える。
私が知っている野生のランは多くないけれど、
その中で一番好きだ。

先日、花友に案内していただいて あいに行ったのだけど
残念ながら まだ蕾だった。
今年は 開花した可憐な姿との出あいはないかと諦めていたら、
本日、願いが叶った。

一年に数回しかない? ラッキー!ハッピー!!



7月16日の丹沢湖は水が少なかった。



暑い中、長い林道をてくてく行くと、岩壁には、
もうケイワタバコの姿は影も形もなく、いつの間にかイワタバコに変わっていた。
同じ場所を交替で使うんだ~それってエコだね!



タマアジサイは、まだ固い蕾。表面は硬式テニスのボールみたい。



気になる葉:その1 たぶんミヤマウズラだと思うのだけどね。



気になる葉:その2 これは分からないけど、見たことがあるなぁ。要観察。



タニタデの花は宙に浮いているみたい。



イヌトウバナの白くて小さな花が可愛い。






う~ん ヤマユリの香りは一輪でも強烈。



コバギボウシの爽やかな色が涼しげだった。



アオフタバランの花は、まだ時間がかかりそう。



オトギリソウも見慣れてきたね。



オオバジャノヒゲはユリ科、はい 納得。



ネジバナって可愛くて、きれいで、面白い。



そして場所によって表情が違うのも楽しい。



今日の見回りの目的は、このベニシュスラン。



蕾がふくらんで、柔らかなベニ色がハッキリしてきた。










暑い時は沢沿い歩き♪ オマケに ちょこっとスリルの西沢径路

 


東京から来たという若者を、地獄棚見物に案内することになり
渡渉を見守るミックスナッツさん(振り返って撮影)
 



7月12日

30度を超えるとの予報に、ミックスナッツさんと相談の結果、
沢沿いのルートを歩くことにした。

ミックスナッツさんは6月20日以来の山遊び、
私も花探索でウロウロしているだけ、
ここは頑張らず ゆるゆる行こうということで合意。

新松田から7時30分のバスで大滝橋下車。
7,8名の乗客のうち、ここで降りたのは
若い単独の男性と我われだけだった。

少し先の駐車地では、マスキ嵐沢に入るという男性3人が準備中だったが、
途中で軽やかに追い越して行った。
単独の男性と抜きつ抜かれつで進んで、地獄棚沢出合で一緒になり、
ヒョンなことから地獄棚へ案内することになった。


久々の地獄棚は水量が少なく迫力イマイチだった。今日は軽量化のためコンデジ撮影だ。



地獄棚を見たあとは、鬼石沢左岸尾根の急登を100m登る。
取り付きがズルズルの急斜面だけど、その後の岩まじりの細尾根は好きだ。
男性は、登山道以外の歩きは初めてとのことなので、
三点確保で登るようアドバイスした。

尾根が平らになると、ほどなく登山道に合流し
一軒家避難小屋は近い。


一軒家避難小屋も久しぶり。なぜか分からないが、戸が閉まっていて開かなかった。



避難小屋のベンチで休憩後、
今日は犬越路避難小屋に泊まることにしたという男性と別れ
我われは西沢径路と交差している所まで
鬼石沢右岸の作業道を進む。

鬼石沢は二度遡行した。
一度は避難小屋から、そして
M-Kさんとardbeg さんとは西沢径路交差地点から。

この作業道は初めてかと思っていたけど、
つっちーさんと歩いたことがあったかな。

作業道から垣間見えた滝は
たぶん雨棚をF1とすると、F3だろう。
下から対面した感じと、
上から見た印象とが違うので自信ないけど。


F3は確保がないと怖い。



F3の落ち口は、ちょっとヒョングっていて、飛沫の跳ね方が常に違う。これは飽きない。



左:ミゾホオズキ  右:ツルシロカネソウ  今日は花が少ないけどコンデジだからね。



あっという間に西沢径路との交差地点に到着、ここでランチにした。

まさか人に会うとは思わなかったので、
マスキ嵐沢を遡行したという単独の男性が現れたのでビックリ!
西沢径路でここに来られたとのことだった。


この交差地点は懐かしい場所だ。



昼食後、右手の西沢径路に入って進むが、
途中から見失ってしまったので小尾根に乗った。
どうやら径路はもう少し上についていたようだ。

尾根に乗って、確認もせずに歩きだしたら、ミックスナッツさんからブッブー!
「そのまま行くと、すぐまた鬼石沢に下りちゃいますよ。こっちでしょ。」と
指された方向も、しばらく行ってから間違いと気づいた(笑)

いえ、私がじゃなく、 ミックスナッツさんがね、
権現山の見える位置がおかしいってんで、結局 バック~!となった。

最近、地図読みから遠ざかっているせいか、
緊張感に欠けているし、だから注意力も散漫になっている(汗)
そこへいくと、間違いにいち早く気づかれたミックスナッツさんはさすが!

・・・・ということにしておこうっと(笑)


途中で径路跡を見失った。もう少し上だったらしい。 



バック後、方向を確認して少し行くと、尾根を横切っている径路に出た。ここを右へ進む。



上と同じ場所で左側。この正面奥からここへ来るはずだった。



さぁ、ここからは西沢径路を仕切り直し、
イガイガさんの先導で歩いたのは去年の7月だった。


以下、写真を6枚。



離れて見た方が おそろしげ~



近づいてみると何とか歩ける。



上と同じ箇所を振り返って撮影。



正面奥から来て振り返って撮影。右のモミの大木が印象的。



ここだったかな?岩盤が出ていてチョットいやらしい所があった。
マスキ嵐からの男性もそこが怖かったと・・・・(振り返って撮影)




畦ヶ丸―権現山 間の尾根に出た。



権現山分岐に、県がつけたものではない新顔の標識が二つ。
要は畦ヶ丸への尾根は行ってはダメということらしい。木に金属棒が2つ打ち込んであった。




分岐から西沢のベンチへ下り、バスの時間には1時間ほど余裕があるので下棚見物へ。



この滝は、いつもうまく撮れない。



いつもは静かな三沢合流地点も、この時期は水遊びの人たちでにぎわっている。




本日のコースも地図が読めて、コンパスが使えることが最低条件。
また、西沢径路はVルート歩きに慣れていないと、ちょっと怖いかもしれない。

鬼石沢作業道と西沢径路


≪ 追記 ≫

我われが乗ったのは、7時30分発の西丹沢自然教室行きのバスだった。
その10分前の始発に、○福さんが乗っていられたのだった。
と分かったのが、玄倉のバス停。

バスが着くと、単独の男性お二人が、それぞれ出発のしたくをされていた。
バスの中から、ふと見るとそのうちのお一人が○福さんだったので
思わず声をかけてしまったが、運転手さんの「発車しますよ」の声に、
詳しいことは聞けなかった。

たぶん、2011年11月の 奥野さんを偲ぶ会 の時以来だから、
ずいぶん久しぶりだった。
近況を伺いたかったけれど、お元気そうだったので、
まぁ 良しとしよう。
・・・・玄倉辺りを徘徊されているのかな。








Index of all entries

Home > 2014年 夏の丹沢 Archive

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top