Home > 花はよいよい/2014年春 Archive

花はよいよい/2014年春 Archive

ある日 ある時 ある場所で・・・・感動の出あい♪

 
 
 

スックと伸びた先にホオノキの花。葉も花もダイナミックで きらいじゃないな。 



花の周りが茶になっているのもあったけれど、まだ美しい木もあった。
今年は本当に花付きがいい。





マルバウツギがひっそりと咲いていた。




ギンリョウソウの横顔って面白い。いや、どこから見ても面白いかな。




クワガタソウの葉っぱと蕾がかわいい。




花の色と大きさに地域性があるので飽きない。




ガクウツギの白にハッとする。




カケスが・・・・首の骨が折れていた。木のむくろの中に安置して冥福を祈った。




丹沢で あいたかった花に、花友の導きで あうことができた。とても嬉しい。
















規則正しいツートンカラーが意外で、楽しい♪




カントウマムシグサ。なかなか魅力的な感じだったよ。




グリーンと白の中のトウゴクミツバツツジがきいてるね。











  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

ああ、FINEPIXの純正バッテリー紛失に大ショック!!

 
 




なんということ
よりによって、5500円もする純正の方を落とすなんてさ! 

23日の春蘭探索から帰宅して荷物チェックをした際に、どこを探してもなかった。
たぶん、下山路での撮影中にバッテリーの残量がなくなり、
予備の互換バッテリーに換えた時に落としたのだろう。
それしか考えられない。

今、手元にあるのは800円くらいの互換バッテリーだけ。
これでは不安だから、最低もう一コは必要だ。

どうしようか・・・・

なか一日たっているし、
場所が休憩適地だったので おそらくもうないだろう。
また、探しに行くとなれば、時間も交通費もかかる。

このまま互換品を注文してチャンチャンにしちゃおうか。
そうも思ったのだけどね、
未練を残さずキッパリあきらめるためにも、一応“現場”まで行くことにした。

期待半分、あきらめ半分で行ってみた結果、やっぱり見つからなかったので、
帰宅後、さっそくアマゾンで互換バッテリーを購入した。


※ 互換バッテリーについてはいろいろな意見があるけれど、
  下記の性能の良さそうなものを選んで注文してみた。 純正があまりにも高すぎるわ!

http://www.amazon.co.jp/dp/B00I3RICPC/ref=pe_492632_159100282_TE_item#productDetails








さて、今日のささやかな喜びを二つ。 
 
車道を下ってくると、地図では途中から古道が沢沿いに付いているのだけど
繰り返し見ても入り口が分からなかった。
あきらめて車道をズンズン下りてくると、ガードレールが切れた所に、
あやしいオーラが漂っていた。

1時間に一本しかない電車の時間が迫っているので、ちょっとだけ覗いてみると、
やっぱり広い道が奥に続いていた。
ああ、残念!
時間があったらこれを辿って行けば、分からなかった入り口が分かるのになぁ


ここじゃないかな!?とピンときたのだった



奥に入ってみると、こんないい道が続いていたのだけど・・・・好奇心をねじふせた




1時間 待つのはイヤだ。
カメラをザックにしまって、ひたすら小走りで先を急いだ。
途中で車道とわかれ、山間の林道に入った。
右側を見ていた目を前方に戻した時、前を黄土色の小動物が勢いよく走っていた。

初めは大きめの猫かと思ったのだけど、尻尾がふさふさ太く
チョコンと見える耳が猫のものとは違う。
あっ、コギツネだ!!
十年前に三国山稜で見たコギツネの後ろ姿と重なった。

急いであとを追ったけれど、カーブを曲がったら消えていた。
・・・・写真、欲しかったなぁ
人家が出てくる、わずかに手前のできごとだった。


ゴールはこの駅。到着してみて、以前、利用したことがあったのを思い出した





≪ 本日の出あい ≫

お客様のいるミヤマハコベ



開花したフデリンドウの大株をあちこちで発見



蕾の数がみごとだったので思わずパチリ。でも、名前が分からない



キュウリグサの、色も形も可愛いな



おとといは見られなかったタニギキョウが一面に咲いていた。この葉っぱなんだね



おなじみのオカスミレ



オオシマザクラも見ごろだった



このジロボウエンゴサクはちょっとたくましい感じかな



こちらも何度目かの登場、マルバスミレ



ツルカノコソウはいつ見ても可憐



まだウグイスカグラが控えめに咲いていた。うれしい



今日、使用したカメラは Canon Power Shot SX500IS










花のしずく

 
 

スミレの色と形が好き 



花びらをいっぱいに広げて、大らかに咲いているヘビイチゴもいい



これ、何に見える?



ボタンに化けたツツジはゴージャス!



カラスノエンドウの色が素敵



ううん、やっぱり形もス・テ・キ だ




   雨の午後の花散歩で、ちょこっと気分転換 ♪♪









雨の西丹沢で “しずく” と花に魅了される














        “しずく”に憧れている。

      その中に 風景をとじこめてみたいのだけど

      う~ん

      どこまで迫れるだろうか  思い描く映像に・・・・

      

4月18日 Tsubaki さんと西丹沢を歩いた



大好きなマメザクラが満開でラッキー









うまく撮れなかったけれどヒカゲツツジも けっこうあったね



定番の新緑とミツバツツジは いつ見てもいいなぁ



ことし初見のヒナスミレ。透きとおるような花びらが艶やかに輝いていた(3枚)









こちらも初見でケマルバスミレ(3枚)






このたくましさにビックリ!きっと下に落ちても生きていけるよ



タチツボスミレも汚れなき姿で咲いていた(2枚)



美しい色だね あなた



キクザキイチゲは雨で開花せず残念。ロウのような白だ(2枚)





ミヤマキケマンの群生は迫力があった(2枚)






やっと出あえたヤマルリソウ。これで気持ちが落ち着いたわ・笑(2枚)






おなじみのヨゴレネコノメ



ミツバコンロンソウも初見。雨に打たれて元気がない



雨にも負けず輝いているヤマブキはあちこちで元気いっぱい(2枚)






ツクシショウジョウバカマ → コチョウショウジョウバカマも初見。
白い花弁と藤色の葯が清純なイメージで美しい(3枚)




葉がほとんど食べられていたのが悲しかった




※「かながわの山に咲く花」によれば、従来「シロバナショウジョウバカマ」
  とされていたが、関東南部に分布するのは「ツクシショウジョウバカマ」
  と判明したとのことだ


AYさんより
【ツクシショウジョウバカマ(最近はコチョウ(胡蝶)ショウジョウバカマと
呼ぶようになったとか)】との情報をいただき、調べてみました。

従来 シロバナショウジョウバカマとツクシショウジョウバカマは
ショウジョウバカマの変種として別のものだったようです。
それが分類学的に再検討され、二つがまとめられて
新たにコチョウショウジョウバカマと整理されたようです。










       雨ふりの山を歩いたのは 久しぶりだった

       花を写すには こんな日も ありだね~

       しずくと花 を追いかけた一日は  とても充実していた 


       Tsubaki さん ありがとうございました
 










サクラ第二弾;今回は Kさんと 撮影を楽しむ桜会♪

 





4月4日 

今日は風が強かったけれど、
仕事が一段落したというKさんを誘って、
青空のもと 花人になった。

おとといの夕暮れ時の桜より、ずっと健康的な写真(笑)
でも、やっぱり惹かれるのは、光に透きとおったような花びらたち。
その重なり合う姿が映し出す 陰影の美しさに見惚れた。






























上の写真より、こういう感じが好きだなぁ



これはオオシマザクラ。ソメイヨシノはオオシマザクラとエドヒガンの交配でできた。






≪ 本日の ほかの出あい ≫

おなじみのお顔ばかりだったけれど、この葉っぱは分からない。



タンポポをドッカーンとアップで。楽し~!



オランダミミナグサは よーく見ると可愛い。




同じくスギナもジッと見つめてみた。



カラスノエンドウが急にあちこちに。



ツクシの三兄弟。いいえ三姉妹かな?




≪ Kさんの写真もどうぞ ≫

私の写真は、踏み外したいのに踏み外せてない写真(笑)
それに比べて、Kさんの写真はカットが大胆だ。(と思う)
絵をやるからかな・・・・














































きれいだったね!楽しかったね!!また遊ぼうね♪









さくら さくら 卯月(うづき)の空に さくらばな

 
 




























      
                 ひっそりと 夕暮れ時の

                 さくらばなを 愛おしんだ


                
                 ・・・・少し哀しい 今年の春












  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Index of all entries

Home > 花はよいよい/2014年春 Archive

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top