Home

新たに一歩

道志側から 久しぶりの大室山

 


雨乞岩に登ると、思いがけなく富士山が見えた。ラッキー♪ 左下は愛鷹山かな(ズームで)



5月20日

いやぁ~暑い日だった。
雨乞岩(あまごいわ)は一度 行ってみたかったのだけど、
こんな沢日和の尾根歩きは、チョットもったいなかったかな。

でも、今年最後かもしれない新緑の中を歩けて嬉しかった♪

イガイガさん、ありがとうございました。



≪ 本日のコース ≫

野原吊橋駐車場―大室指―大室沢沿いルート―椿分岐道標―雨乞岩―
大室山(ランチ)―茅ノ尾根―久保分岐―野原吊橋
 
※ コースは下図参照。
  歩く場合 地形図が読め、コンパスが使えることが最低条件。


 
道志から大室山



野原吊橋の駐車場には、こんな看板があった。吊橋を渡ると向こう側に
久保吊橋まで続く遊歩道があるらしい。
あpage
7:25 駐車場をスタート。しばらくは車道歩きだ。



大室指からは、大室沢の沢沿いルートと、左岸尾根ルートがあり、
1000m付近の椿分岐で合流する。我われは沢沿いルートで。
pageい
モミの大木。この根がスゴイ! 「わざと目印に残したのかもしれないね」とイガイガさん。



植林の急登は、11日の山遊びを思い出させる(笑)
pageう
途中で大室沢右俣側からの道が横切り



以後は、ハッキリしている これを辿った。やっぱ楽チン~♪
pageえ
傾斜が緩くなり自然林が出てくると、ホッと ひと息。



尾根ルートと合流地点の椿分岐には、今にも倒れそうな道標があった。
pageお
ここで ひと休みしてから、1350mの雨乞岩を目ざしての登りへ。



「そろそろ雨乞岩の登場かな?」と思いながら歩いていたら、
イガイガさんが「あれじゃない?」。
顔を上げると、樹間の奥に黒い塊が見えた。


雨乞岩を三方向から。
pageか



上に登ると、指さす方向に富士山が見えた(トップ写真)。こんな暑い日なのにね♪
右下は大室指の集落。
pageき



雨乞岩について調べてみようと思い、
「大室山雨乞岩」で検索したら、下記のような記事があった。

「ダイアモンド富士と富士隠し信仰」
http://park19.wakwak.com/~hotaru1/fujikakusi.html



山頂に近付くと、ヤマトリカブトが多くなり、さらに進むとバイケイソウも目立ってきた。




今年の新緑は今日が見納めかな。
pageく
スタートから約1000mの登りで、大室山山頂へ。



大室山山頂でランチしていると、登山者がチラホラ西ノ肩から上がってくる。
そして、ほとんどの人がここでランチタイム。
やっぱり、以前のように、ここにテーブルとベンチが欲しいと思う。
西ノ肩でより、山頂で食べる方が はるかに多いのでは?



下山は、途中までは2015年12月に下った茅ノ尾根だけど、
今日はイガイガさんの提案で、久保分岐からダイレクトで野原吊橋へ。

「2015年12月 道志側から大室山周回の Vルート♪ 霧氷に歓声」
http://hapimero.blog133.fc2.com/blog-entry-548.html



下りルートも上部は初々しい緑。以前はクリの木が多いのに驚いた。
今日はカエデ(ハウチワカエデやコハウチワカエデ?)が多いのに驚いた。




順調に下って、久保分岐に 二方向の道標。ここは大渡方面に少し進んでから、
pageけ
野原吊橋を目ざして下った。イガイガさんのおかげで、けっこう時間短縮となった♪



吊橋を渡れば、そこは駐車地! 14:20着。
pageこ



≪ 本日の出あい ≫

ヤマオダマキは山ではなく、通りすがりのお宅の垣根に。はや~!!

右上:ギンバイソウの葉。  右下:もうオトシブミの季節なんだなぁ。たくさん落ちていた。



シコクスミレ                    やさしい色あいのフデリンドウ

ツルキンバイもあちこちに広がっていた    エンレイソウの葉



可憐なワチガイソウ               マメザクラも まだ咲いていた!

ヤマシャクヤクの葉               ギボウシだけど、オオバ? コバ? イワ?



ハウチワカエデの赤い花、青空に映えて 思わず足を止めた。

今、山で目にする白い花の一つ、オオカメノキ(ムシカリ)






Index of all entries

Home

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top