Home

新たに一歩

5年ぶりに東沢本棚沢へ 今年の沢納めかな?




本棚沢F1。飛沫が冷たかった。 



11月9日

お天気を見計らって、東沢本棚沢へ。
ここは三回めだ。

一回目はイガイガさんガイドで
≪ 2011年11月20日 初めての本棚沢 ≫
http://hapimero.blog133.fc2.com/blog-entry-196.html

その翌年、M氏のガイドで
≪ 2012年12月1日  トンチンカンで再訪 ≫
http://hapimero.blog133.fc2.com/blog-entry-286.html

今日は5年ぶりなので、細かなことは記憶に残っていない上に、
慣れたイガイガさんの先導なので安心感もあり、構えがなかった。

でもね~
サガミジョウロウホトトギス以来、二ヶ月ぶりの沢だし、
やっぱり この時期の沢はヌメっていて滑るのだ。
おまけに、ドーム岩の巻きでも一人 アルバイトをしてしまい(冷汗)、
つつじ新道の下りは、さすがに足が重かった。

今年の沢納め、というより
もしかして、本棚沢納めかもしれないなぁ



≪ 本日のコース ≫

奥中川園地(西丹沢ビジターセンター前)―つつじ新道―855mピーク―
東沢林道―棚沢橋―本棚沢F1―本棚―三段の滝―涸棚―涸棚上(ランチ)
―つつじ新道1300mベンチ―つつじ新道―奥中川園地
※ 沢装備。地形図が読めコンパスが使えることが最低条件



P855mを過ぎて、東沢林道に下りる手前の自然林が好き。木の同定をしながら歩いた。




東沢林道の紅葉をパチリ。青空だから映える。

棚沢橋から入渓し、橋を振り返る。



このあと、ナメやF1,本棚、三段の滝と続き、涸棚へ。
その間の滝場の写真はイガイガさんの美しい写真で どうぞ。

≪ イガイガさんの記事 ≫
http://igaiga-50arashi.at.webry.info/201711/article_4.html



私の写真では、水流のシュワッー感が出てない。

左:滑らかに水流を落とす本棚   右:その巻き途中から。この巻きは いつもヒヤヒヤ!



本棚の巻きから沢へ懸垂下降で戻った。

本棚の落ち口から下を見る。



左:1120mのゴルジュで滑ってドボン、冷たーい!(涙)   右:ドーム岩と ご対面。

右:檜洞丸西尾根に取り付いて、      左:途中からトラバースで涸棚上を目ざす。



富士山にかかる雲が残念だけど、涸棚上からの展望は素晴らしい。ここでランチにし、




左岸に取り付いて、1410mで檜洞丸からの登山道に合流した。

正面から出てきた。合流地点には整備用の資材が置かれていた。



帰りは、のんびり紅葉を愛でながら下った。好きなコシアブラやメグスリノキも見られた♪ 

(振り返って撮影)



1100m前後あたりが一番の見ごろだった。陽に映える紅葉に満足満足。
 



イガイガさん
今日は以前にはなかった樹木の勉強もあり、新鮮でした。
ありがとうございました。







Index of all entries

Home

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top